松坂屋ハワイアンフェスタ

今日は松坂屋ハワイアンフェスタに出演しました。
夕方5時30分からのステージだったのですが、たくさんの方々が応援に来てくださいました。直接会ってお礼の言えた方もありますが、お話できなかった方もいらっしゃいます。
皆さん、応援いただきまして、ありがとうございました!

では、ステージの模様をお知らせします。
今日も写真は夫が撮ってくれました。夫は当直明けの、ほぼ徹夜明けでしたが、良い写真がたくさんありました。いつも、ありがとう。

1 Hanohano Kekaha
上級クラスから登場です。
前回の丸栄のステージでの乱れを昨日のレッスンでしっかりと修正したので、今日のこのナンバーは非常に良かったです。
斜め後ろに下がりながらの回転(スピン)の直後のステップでも、角度や顔の向きも全く乱れがありません。
DSC_0002.jpg

ここは私の一番好きなところ。
顔は映っていないのですが、身体・腕・顔の向きが見事に揃っています。
DSC_0011.jpg

斜め前に移動しても乱れがなく、高いヤシの木の葉が揺れる様子が美しく正確に表現できています。
DSC_0012.jpg

ここは結構難しいところ。
回転を加えながらの変形カラカウアステップです。丸栄ではうまく行きませんでしたが、今日はきれいです。
DSC_0021.jpg


2 Hanalei Moon
直美先生のソロ。
この曲は2回目なので、落ち着いていました。
ドレスをつかむ腕の角度もきれいです。
DSC_0031.jpg

このように、「見ていない方の手」が美しく処理できると、繊細なフラに見えます。
DSC_0035.jpg

これも同様。
見ていない方の手(脇にある手)の肘の使い方が良いです。とても丁寧に踊っています。

3 Ka Uluwehi O Ke Kai
再び、上級クラス登場。
一度しかおさらいしていないし、久しぶりに踊るナンバーなので心配しましたが、大変良かったです。
曲の楽しさ、踊る喜び、リズミカルな曲調がよく表現できていました。
これはオニウというステップで、写真だと一瞬を切り取るので揃わないことが多いのですが、これはきれいでした。ビデオで何度もチェックしましたが、とてもきれいでした。
DSC_0050.jpg

顔の角度もきれいですね。
DSC_0054.jpg

これはとても難しいところ。
横向きになってのウエヘです。回転を加えながらウエヘを踏んでいますが、これもきれいでした。
DSC_0061.jpg


4 Ka Lehua I Milia
私のソロ。
これは、ものすごく久しぶりに踊りました。ハワイで先代のクムから習った、懐かしのナンバーです。
DSC_0133.jpg

このように、指先まで神経の行き届いた、エナジーを感じるような手の使い方をすると良いです。ぜひ参考にしてください。
そして、「レフアをなでる」の時は、そのレフアがいかに愛おしい花なのかを、顔の角度も使って表現します。
DSC_0157.jpg

これはダウンのカオを踏んでいる時です。この時の、脇のから下の身体の流れ(この場合は向かって左に流れている)と両肩との関係を見てみましょう。
DSC_0130.jpg

どのようなステップ、どのような身体の高さ、どのような身体の流れであろうとも、両肩は同じ高さでなければいけません。ダウンしたり、難しいステップだったり、回転が加わったステップだったりすると、どちらかの肩が下がってしまう人が日本では圧倒的に多いです。どんなステップであろうとも、どんな身体の流れであろうとも、両肩はきっちりと同じ高さで踊ると、見ていて「安定感」を感じることができます。この「安定感」の違いが、ハワイのフラと日本のフラの最大と言ってもよい「違い」だと思います。

・・・と思いながら写真を見ていたら、面白い教材を見つけました。
夫が連写した写真なのですが、これを見ると、両肩の高さを常に一緒に保つとどうなるのかがわかります。
連写写真をご覧ください。
DSC_0151.jpg

DSC_0152.jpg

DSC_0153.jpg

DSC_0154.jpg

ここは・・・・・ダウンの右カオ~アップの左カオ を踏んでいるところです。
カオでダウンからアップにもっていくと、たいていの人は、
 右肩下がり~左肩下がり
になってしまいます。
これを常に両肩を同じ高さに保つと、身体の流れが美しくなります。
これをやるには、膝をじゅうぶんに曲げ、柔らかく膝を使わねばなりません。そして太ももとお尻にじゅうぶん頑張っていただく必要があります。私のように膝の靱帯が切れてる状態だとかなり難しいですが、そうではない人には、それほど難しくありません。ただ、「両肩を同じ高さにして踊る」という観念乏しいだけです。意識して練習すれば、たいていの人ができます。
ぜひ、チャレンジしてみましょう!

5 Papalina Lahilahi
中級クラスの皆さんです。
何しろステージが狭く、間口にスピーカーやコードがあるので、1列目の人は大変だったと思います。
しかし均等に並び、列や隊形が乱れることなく、最後までいきました。
大変に良かったです。
DSC_0171.jpg

フラは、広がって踊ると、乱れて見えます。ちょっと狭いな・・・くらいが、お客様からは美しく見えます。
DSC_0177.jpg

ここはきれいでしたね。頬に手を当てる時は、顔の角度が難しいです。少しでも下を向くと、「恥ずかしい」「逃げる」の意味になってしまいます。ここでは顔を上げたまま頬に手を当てるのが正解。
そしてこのポーズの時に、顔の角度を間違える人をよく見かけます。
DSC_0183.jpg

「おいで、おいで」のポーズの時は、このように、出している腕の反対方向に頭が流れます。要するに、右で「おいで、おいで」する時は、頭は左に倒れます。右側の顎を上げる感じです。ところが、日本では、「おいで、おいで」する時、顎を引いてしまう人が多いです。これは、言葉とジェスチャーの関係が、日本とハワイでは違うためです。気をつけたいところですね。
DSC_0189.jpg

ここはきれいでしたね。流れもありましたし、つなぎもきれいでした。

そしてステージの最後には「Hawaii Aloha」の大合唱。私のウクレレの伴奏付きです。
DSC_0197.jpg

                  ↑
          こうやって見ると、私って大きいなぁ
一緒に歌ってくださるお客様もたくさんいらっしゃって、楽しい雰囲気になりました。
どうせ最後にご挨拶するなら・・・と急に思い立って入れた合唱でしたが、お客様と一緒に歌えて楽しかったです。来年もやろうかなぁ。

お客様の入りにくい時間帯だったのに、たくさんの方々の応援で、楽しいステージをすることができました。
応援に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!

そして、番外編
実は昨日は母の誕生日でした。
忙しくて、そして夫も当直だったので、何もお祝いできていなかったのだけれど・・・
母の誕生日祝いにお花をいただきました。
DSC_0203.jpg

Mさん、ありがとうございました! 
母は大喜びで、帰宅してすぐに花瓶に生けていました。
お花は最後まで楽しませていただきます。ありがとうございました!

松坂屋ハワイアンフェスタ出演予定

松坂屋ハワイアンフェスタに出演します。
4月14日(金)午後5時30分から午後6時 7階大催事場


昨日、義弟の用事を済ませた後、ステージの様子を見てきました。
お店もたくさん出ていて、結構レジは賑わっていました。良かった!
私もフカフカのビーチサンダルとラクパン(ものすごく伸びるパンツ)を衝動買いしてしまいました。
ただ、ステージ前の客席はかなりすいていました。
やっぱり、角っこのステージはお客様が気づかないのかなぁ~
柱がかなり多いので、音響の「かえし」があり、あまり音響のボリュームを上げられない、というのも、お客様が気づかない原因の一つかもしれません。
去年までのような、司会者による商品紹介の時間もほとんどなく、ステージはちょこっと寂しい感じです。
私たちが出演する時間はかなり難しい時間帯です。お客様がものすご~く少ないかもしれませんが、せっかくの機会なので、ベストを尽くしましょう!

ステージのしつらえは・・・
床は地面にそのままカーペットが敷かれています。高さはありません。
出入り口は下手のみ。上手にも出入り口はありますが、は厨房を通らねばならないので、使用不能です。
去年と同様、両端に柱があり、置きタイプのスピーカーがステージ上に載っていて、1列目で踊る人はかなり狭くなります。2列目以降は5人が並ぶこともできますが、1列目は3人だと余裕があり、4人だとかなり狭めになります。
奥行きは寸法通りにあり(実は丸栄と同じ奥行き)、一見、広そうに見えますが、ステージの1列目で踊る人のラインの左右端に置きスピーカーとコードがあるので、その部分が使えないという状況下では、相当狭くなります。
3列で踊る場合はかなり列間を狭くしないと動けません。
2列目以降はステージ幅に余裕はありますが、ステージの間口に柱がどど~んとあるので、あまり左右に広がると、柱の裏側に入ってしまい、お客様からは見えなくなります。左右に余裕があっても広がらないようにせねばなりません。
そして、ステージよりも前に出て踊ることができるほど、客席との間があいていないので、カーペット上で踊るしかありません。
・・・という、かなり過酷な状態ですが、頑張っていきましょう!
鍵になるのは、2列目のラインの位置取りと1列目の横間隔の位置取りです。
今日レッスンにいらっしゃる方は、そのあたりも練習して調整しましょう!

デパート催事に思うこと

昨日レッスンの帰りに丸栄ハワイアンフェスタへ行った。
出演は土曜日に終わっているが、買い物とステージを見に出かけたのだ。
会場は平日ということもあり、すいていた。
・・・というか、出演した土曜日でも結構すいていた。あの日は雨だったこともあるだろうが、例年になく、すいていたように思う。ドゥ・ハワイ・カルチャースクールのステージの時は、皆さんが応援に来てくださったのでステージ前の客席は埋まり、立ち見もしてくださったが、その後の教室のステージでは案外、空席があった。
ドゥ・ハワイ・カルチャースクールのフラを見てくださった方々には本当に感謝である。

すいていたのはステージ前の客席だけではない。
売り場も残念なことにかなりすいていた。
例年、デパート催事と言えば、売り場の通路を通るのも大変で、押し合いへし合いの中で欲しいものを探したものである。
それが・・・
ここ2年ほどは、どこのデパート催事でも売り場がすいているのだ。日にちや時間帯、天気によってはガラガラの時もある。

名古屋では7~8年前までは、各デパートでハワイアンフェアをやっていた。
おなじみの3M(松坂屋・三越・丸栄)の他、名古屋駅の高島屋や豊橋の丸栄、星ヶ丘の三越、清水屋でも行われていた。それが今では、松坂屋と丸栄だけである。
名古屋はまだその2店があるが、東京や大阪ではデパート催事はないに等しい。
要するに、地方都市ではまだデパート催事があるが、大都市ではない、ということだ。
これは、ハワイアンイベントが変化していったためである。

大都市では(残念ながら名古屋は含まれていない・・・)、ハワイアンイベントでは入場料を払うものや出演料を払うものが多く、タダで見られる・タダで出演できる、というイベントは少なくなる。タダで見られるというイベントはまだあるが、タダで出演できるイベントなどほとんどないに等しい。
一方、地方都市ではハワイアンの裾野広げということもあり、タダで見られる・タダで出演できる、というイベントが多くなる。大都市ではもう十分に裾野も広がっているし、お客様や生徒さん達の目も肥えているので、もっとより良いフラが見たいという人が多く、プロのダンサーやハワイのハラウが出演するコンサートの前に地元の教室が踊る、というスタイルや、大きな会場で多くの教室が出演し多くの出店がされている、というスタイルが多い。有料のイベントが成り立つので、自然、タダで出演できるデパート催事が減っていく・・・という感じだ。反して、有料のイベントが成り立たない地方都市ではまだまだ無料のイベントが多い、ということだ。

デパート催事が成り立たない地区もある。
地方都市でも、デパート催事のない地区もたくさんある。数年はやっていたが、その後はやらなくなった、という地区がある。
なぜ、やらなくなったのか?
なぜ、無料のデパート催事が成り立たないのか?
答えは一つだ。
物が売れないからだ。

もちろんこれには、フラ人口が大きく関係している。
愛好者が多い大都市圏では、無料のデパート催事をやらなくても、有料でたくさんの人が出演し、お買い物をする。
愛好者が少なければ、無料のデパート催事を開いても集客が少なく、出演者も少なく、お買い物も少なくなる。
名古屋はちょうど、「この間」になるような気がする。
それでもこれまでは、それなりに多くの人がデパート催事を訪れ、出演し、お買い物をされていた。
それがここ2年ほど、訪れる人や出演する人は多いのに、お買い物をされる人が減少している。
激減と言ってもよいレベルだ。

無料のイベントのしくみを考えてみよう。
これはよく考えなくてもわかることだが・・・
フラのステージをやるには、音響機器・音響エンジニア・ステージ資材・ステージ設営・運搬搬送・司会者・受付や案内をしてくれる係員などなど・・・たくさんの人が携わっていて、お金もかかっている。もちろん人件費も相当かかっている。
その経費はどこから出ているのか?
これをデパート催事などの無料イベントでは、出演者は払っていない。
じゃあ、誰が払っているのか?
デパート催事ならデパートが払っている。
デパートだけではない。
間接的に出店者が払っているのだ。

これはデパートによっても大きく違うが、出店料を払って出店するというスタイルのデパートもあれば、出店料は払わなくてもいいが売り上げの「数割」をデパートに払って出店するというスタイルもある。もちろんこれの両方、というデパートもある。デパートによっては、その「数割」が、1割の所もあれば4割の所もある。(キツイなぁ~)
これが、ステージ関連の経費に使われ、デパート側の利益になる。
要するに、無料イベントでは、出店者やデパート側がその経費を持ち、利益も出さなければならないのだ。誰も慈善事業でやっているわけではない。あくまで、商業なのだ。そして、これは資本主義社会では当たり前の商業活動なのだ。

無料イベントで物が売れない、というのは、かなりマズイ。
デパートというのはシビアーだ。
物が売れない → 出店しても利益が少なければ出店者が減る → デパート側は経費が賄えない・利益が出ない → じゃあ、ハワイアンイベントはやめようか
・・・という論法は自然と生まれる。
こういう論法を考えれば、商業活動としてやっているデパートを、イベントがなくなったからといって、誰が責められるだろうか。

今年の丸栄のイベントの売り場を見て、
「来年はないかもしれんなぁ・・・」
と思った。
買い物をして、お勘定に行ってくれた出店している店員さんが、すぐに戻ってきたからだ。
今まではそんなことはなかった。
今までは、レジが混んでいたので、お勘定に行ってくれた店員さんが戻ってくるのに時間がかかった。ところが今年はレジがすいているのか、お勘定を済ませてすぐに店員さんが戻ってきた。
どの店も、商品を補充しているだろうが、土曜日とほとんど様変わりしていない。一点物と覚しき品が、売れずに飾られたままだった。
出店数も去年よりもかなり少ない。催事面積もものすごく狭くなった。
寂しい限りである。

これは私の個人的意見・希望である。
絶対にこうしてほしい、こうしなければならない、ということではない。
出演した人は、どうか何かお買い物をしてほしい。
フードコートでジュースの1杯でも、マラサダの1つでも、お店でメモ帳の1つでも、マグネットの1つでも、何かお買い物をしてほしい、と思うのだ。
自分たちが出演したステージの運営へのお礼だ。
高い物でなくていい。ほんの少しでも、ステージに出演させてもらったお礼をしてもらえたら、と思う。
それが来年のイベント開催につながるのだ。

物が売れなければ、無料イベントはなくなる。
無料イベントがなくなれば、出演する私たちも出演の場を減らすことになる。多くの知人・友人に見てもらえる機会を減らすことになる。無料で気楽に「見に来て!」と言えるイベントを減らすことになる。
タダで出演するだけ出演して、終わったら何も買わずにすぐ帰る、という人ばかりになってしまったら、無料イベントなど、絶対に成り立たない。
自分たちで自分のたちの首を絞めるようなもの、と言ったら、言い過ぎだろうか。
でも、イベントのたびに顔を合わせる出店者さんたちとお話をしていると、本当にそう感じる。
主催者も、出店者も、危機感を感じている。
私も。

もう無料イベントに頼る時代ではないのかもしれない。
大都市圏のように、有料が基本になっているイベントを主流と見るべきなのかもしれない。
ただ、有料でもたくさんの人が集まるようなフラ人口の多い地区ではない地方都市では、無料イベントはありがたい。地区によっては、「無料だから出演する」「有料だったら出演しない」と公言する生徒さんの多い場所もある。
そういう地区にとっては、無料イベントは本当にありがたいものなのだ。
しかし、無料イベントには無料イベントの暗黙のルールがある。それが黙殺されれば、きっとそのうち、それほど遠くない将来、無料イベントはなくなってしまうだろう。

今週水曜日からは松坂屋のイベントが始まる。
松坂屋では多くの人が来てくれるだろうか。
売り場は賑わうだろうか。
ステージの出来も気になるが、私はそんなことも気にしているのである。





posted by プアアカハイ at 08:33愛知 ☔Comment(0)日記

丸栄ハワイアンフェスタ

今日はあいにくのお天気でしたが、丸栄百貨店ハワイアンフェスタに出演しました。
たくさんの方々が見てくださいました。
直接お礼の言えた方もありましたが、お話できなかった方々もいらっしゃいます。この場を借りてお礼申し上げます。
足下の悪い中、応援いただき、ありがとうございました!


丸栄のステージは大きく、楽屋も広めで使いやすい。
百貨店催事では一番、出演しやすいイベント。
大人数でもステージに上がれるし、言うことなしです。

では、今日のステージの模様をお伝えします。

1 Hanohano Kekaha
上級クラスの皆さんです。
DSC_0001.jpg

この曲は、斜め前に出たり下がったりの移動が多く、なかなか難しいです。角度もタイミングもとても難しい。ついでに目線の付け方もイレギュラーなところがあり、習得に時間のかかるナンバーでした。
DSC_0003.jpg

それでも目立つ所はきちんと揃えられています。
途中、列が激しく乱れたのですが、ヴァンプのたびに元の位置にきちんと戻り、うまくまとめました。
この写真はなかなか迫力がありますね。
DSC_0006.jpg

伸びやかに使う腕が美しいです。

2 Kaimana Hila
初級クラスのお二人を、直美先生と私ではさんでいます。
まだ、隣との間隔を均等に保つのが難しいのですが、本番ではうまく位置取りができていました。
DSC_0015.jpg

伸び伸びと踊れていますね。
DSC_0021.jpg

これは角度が難しいです。目線も下にある手につけるので、初級クラスには難しい振り付けですね。
DSC_0024.jpg

こうして少しずつ、経験を積んでいくと、舞台に慣れていきます。
前回の、ドゥ・ハワイ・カルチャースクール発表会よりも、ずっとずっとよくできていました!

3 Hanalei Moon
直美先生のソロ。長い曲ですが、よく頑張ってくださいました。(2曲続けて踊ってる)
DSC_0042.jpg

「自分の楽しみで踊ってる」のと、「ステージでお客様を前に踊る」のとは、ずいぶん違います。お客様を前に踊る時は、特に目線の付け方に気をつけねばなりません。
この写真のように、手よりも目線が先行すると良いですね。
DSC_0034.jpg

手よりも明らかに目線が先行すると、空間を大きく・広く見せることができます。特に上に目線をつける時は、天井を高く見せることができるので、空・山・星・月などの「上の方にある物」を表現するには必要な小技になります。
優しい表情で踊っています。
DSC_0044-1.jpg


4 Papalina Lahilahi
中級クラスの皆さん。かなりの大人数で、迫力があります。
DSC_0056.jpg

角度がばっちり揃っています。
DSC_0057.jpg

パパリナ・ラヒラヒは、普通は初級者向けの曲になっていますが、私が教えているパパリナ・ラヒラヒはかなり難しいです。ステップもいろいろ入っているし、アミの逆回転(!)もあります。
「誰でも踊れるパパリナ・ラヒラヒ」ではないのです。
DSC_0058.jpg

よく揃っていて、とても美しいフラでした!

5 Nani Wale `Oahu
最後に私のソロ。
この曲は私も大好き。でもなかなか踊る機会がなく、これが2回目。
DSC_0065-1.jpg

これもたまたま、目線が先行していることがわかりやすい写真です。
DSC_0067.jpg

このように目線が横方向に先行すると、その場所がワイドな感じになります。広い場所を表現する時に使う小技です。
そして回転した後は伸びやかに。こんな感じです。頭の角度をうまく使うと、より伸び伸びした感じになります。
DSC_0092.jpg

回転(スピンではなく、ターン)は、その回転を終えた時の姿勢が勝負です。スカートがふわりと後からついてくる・・・のようなターンだと、とても美しいですね。
今、上級クラスではこのターンを練習中ですが、「間に合うか間に合わんか、ギリギリのタイミング」というのがとても難しいです。また上級クラスでは引き続き、これを練習していきましょう!

雨が降っていましたが、多くの方々がご来場くださり、応援してくださいました。
皆さん、ありがとうございました!
そして、ご出演くださった生徒の皆さん、お疲れ様でした!



posted by プアアカハイ at 16:19愛知 🌁Comment(0)日記

丸栄ハワイアンフェスタ

丸栄百貨店ハワイアンフェスタが始まります。
ドゥ・ハワイ・カルチャースクールの出演は・・・
4月8日(土) 11時15分から20分間
丸栄百貨店 8階大催事場ステージ

です。

どうやらお天気が良くないようですが・・・
お時間のある方はぜひご来場ください。

出演される方は、1時間前に集合場所にご集合ください。
忘れ物のないように、前開きか下に脱げる服装で、髪の長い方はお団子にして、おいでください。
よろしくお願いします!