熱中症の余波

先週水曜日に熱中症になってから、回復したものの、その余波が続いている。
ブログも久しぶりの更新。
先週水曜日は義弟の通う知的障害者向け作業訓練所の保護者会だった。その帰り道、とにかく暑くて暑くて、汗が止まらなかった。頭痛と吐き気。
まさしく、熱中症の症状だった。
母が氷枕を用意してくれたりして、一晩寝たら回復したのだが、それ以来、ずっと身体がだるい。
一度熱中症になると、余波があるのかしらん・・・

名古屋は今日は曇っているけど、気温は33度くらいにはなるらしい。
とにかく名古屋の夏は暑い。湿気が半端ないのだ。
いつまで続くのかな・・・
って、夏は始まったばかりなのだが。

大相撲名古屋場所が終わって、近所にある相撲部屋宿舎のノボリが片付けられていた。
名古屋場所が終わると、本格的な夏が来る。
今年も暑くなるんだろうなぁ。
皆様も、熱中症にはご注意を!

力作の予感

ベランダで育てているバジルが豊作だ。
昨日の夕飯は枝豆入りハンバーグにする予定だったので、そのバジルを使ったソースに挑戦してみた。
ハンバーグは我が家ではかなりの頻度で登場するのだが、トマトソースにするのは初めて。これだけ暑いと、ハンバーグもさっぱり食べたいものである。

トマトソースに挑戦しなかったのには、理由がある。
夫が、料理法によってはトマトが食べられないのだ。もちろん、アレルギーではない。
・・・ただの、好き嫌いである。
塩を振っただけのトマトは、トマトそのものの美味しさがあって、私も母も大好きなのだが、夫はそれではダメなのだ。アボカドやキュウリ、スモークサーモンや、さらしタマネギなんかと和えて、自家製ドレッシングなんかで味付けすると、食べる。しかしそれ以外は、しぶ~い顔をして、いやいや食べるのだ。

トマトの苦手な夫でも食べられるトマトソースを試行錯誤して作ってみた。
トマト数個、トマトと人参のジュース、砂糖、トマトケチャップ、ウスターソース、バジル、すりおろしてオリーブオイルでじっくり炒めたタマネギ、コンソメ、塩などで作ってみた。
作っている最中から、力作の予感が。
こんな感じ。
トマトソースハンバーグ.jpg


ついでに、坊ちゃんカボチャで冷製スープも作った。黄色がきれい。これも、牛乳嫌いの夫に合わせて、牛乳臭がしなように工夫してある。・・・イチイチ、大変なのだ。
夜遅くに帰宅した夫は、黙々と食べた。
トマトソースも、ちゃんと最後まで食べた。冷製スープも一気に(!)飲んだ。
いやはや・・・嫌いな物をうまいこと食べられるようにして食卓に出した日は、「食べるかな~ どうかな~」と、これでも結構緊張する。

枝豆入りのハンバーグは案外、トマトソースによく合った。
「これなら、さっぱり食べられるな~」と夫も言っていた。
肉食女子の母はもちろん、大喜びである。
夏のメニューは難しい。
栄養を取らせたいところだが、なかなか喉を通らない日もある。熱い物は食べたくなくなる。
今日は、冬瓜とエビの冷たい煮物がメイン。この時間には既に煮てある。粗熱がとれたら、冷蔵庫に入れて、夕飯に登場する。
冷たい料理は美味しいけれど、準備を朝からしなければならないのが玉に瑕。
メニューを考えるのは面倒な時もあるけど、良いストレスの解消になっている。
世の主婦達の奮闘を、家族はわかってほしいところだ。
posted by プアアカハイ at 07:39愛知 ☀Comment(0)日記

第1回フラ祭りin三重 満員御礼!

昨日は第1回フラ祭りin三重が四日市で開催されました。
三重県内の10教室がご参加くださいました。
鑑賞券も前日に完売。客席は満席となりました。

このイベントはソロステージもお楽しみいただける、ドゥ・ハワイとしては初めての試みとなりました。
第一部ではグループのフラ、
第二部では生徒さんによるソロ、
第三部では先生によるソロ
で、全48演目という長丁場となりましたが、ソロも楽しめるということもあり、最後まで客席は一杯でした。
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!

私はMCだったので、舞台袖で、全部のフラを見ることができました。
どの教室も、本当によく練習してきているな~と思いました。
多くのイベントが目白押しで行われる大都市の「流れ作業的イベント」と違い、それぞれの教室がよくよく練習を重ね、ステージの出入りもとてもスムーズでした。
48曲もあったのですが、時間が押すこともなく、とてもスムーズな進行となりました。
ご協力くださいました先生方と出演者の皆様には心から感謝しています。

ドゥ・ハワイは名古屋の会社で、三重県内に大きなお付き合いがあるわけではないのですが、本当に多くの先生方がご協力くださり、多くの生徒さんがご参加くださり、盛大なイベントとなりました。
また来年もできるといいなぁ・・・。



第1回フラ祭りin三重

7月17日(月・祝)に三重県四日市で、第一回フラ祭りin三重が開催されます。
今日、そのプログラムを見せていただきました。
こんなに素敵なプログラムです。
フラ祭り.jpg

三重県で活躍されているフラ教室が多数出演します。
また、初めての試みで、ソロの演目だけを集めた時間もあります。
お時間のある方はぜひおいでください!
私も当日はMCで参加します。(踊りません)
鑑賞券は残りわずかのようです。
詳細はこちら→ Do Hawaii フラ祭り
多くの方々のご来場をお待ちしております!

気分転換

昨日は義弟の通院だった。
ここんとこ、なんだか「誰かの通院」ばっかである。
父の通院でぐったり疲れたのだが、昨日はよい気分転換になった。

義弟の住む夫の実家まで、車で1時間ちょい。
これが結構な気分転換なのだ。
昨日、義弟に運んだおかずはこんな感じ。
おかず2017.7.jpg

左上から、豚のカレーピカタ2枚、小松菜とジャコと椎茸の中華炒め、きんぴらごぼう、昆布とジャコとごまのふりかけ。
左下から、ナスのピリ辛味噌炒め、はんぺんの煮物、タマネギ入り豚の生姜焼き。
月曜のレッスンを終えて、慌てて作った。
ちなみに、きんぴらごぼうは母が作っておいてくれた。

この時期は、食べ物が傷みやすい。
そして、食欲もわかない。
全部のおかずの味が重ならないよう(だしベース味、カレー味、中華味、味噌味、ショウガ味、ごま味)、工夫するのが案外大変だ。1品作っては調理道具を全部洗い、また全部洗い・・・を繰り返す。
面倒くさいと言えば、面倒なのだが、無心になって料理をするのは、私にとってよい気分転換だ。

人によって、気分転換の方法は違う。
私の場合は、「何も考えず、ひたすら身体を使う」というのが一番合っている。
そして、嬉しそうな義弟の顔を(「これでしばらく、自分で作らなくていい!」という喜び)見ると、私も嬉しくなる。
口に合っているかどうかはわからんが、いつも全部の保存容器がきれいに洗われている。好き嫌いもない。
たまに、「アレが美味しかった」「コレはどうやって作るの?」と言ったりする。知的障害があるので、作り方を説明しても今一歩、わかってくれないのだが、やる気は出てきたようだ。

通院を済ませ、そのまま床屋とボウリングへ行き(義弟はボウリングが大好き)、買い物をして、義弟を実家へ送り届けた。
義弟の役所関係の書類手続きを済ませてから、慌てて帰宅し、次は夫の鍼治療。
鍼が終わると、父の施設へ書類を届けに行って、ようやく帰宅。
なんだか・・・ハードだったなぁ。
でも、まさに、「何も考えず、ひたすら身体を使う」だったので、身体は疲労しているが、ストレスはない。
おかげで今朝も、気持ちがすっきりしている。

今日はみよし市の市民講座最終日。
難しい曲で4番まである課題曲だったけれど、ちゃんと最後まで来た。皆さん、本当によく復習していらっしゃるし、熱心に練習されている。嬉しいなぁ。
最終日の今日は、最後のポーズのおさらいと、恒例の「舞台ごっこ」をする。
私も最後に1曲踊る。
10回の講座だったが、全員が最後までマスターできた。成果もさることながら、皆さんが楽しんでくださっているのが一番だ。
またいつか、みよし市のお呼びがかかれば、ぜひ行きたい所だ。
私自身も、楽しい講座だったなぁ。

posted by プアアカハイ at 07:35愛知 ☁Comment(0)日記