脱ぎ捨てられたパンツ

カヒキラウラニご一行様がお帰りになられて早1週間。
レッスンでは、
「楽しかったです」
「しっかり騒ぎました!」
「クムに会えて感激しました」
などなどの言葉をいただき、生徒さん達も楽しんでくださったことを実感している。

ディナーショーは大いに盛り上がった。
生徒さんの中には、「先生はいいですねぇ~ 舞台の袖で間近に見られて!」とおっしゃる方もあるのだが、実は私も直美先生も、ステージは一切見られていない。
これはいつものことだ。

イベントに出演された経験のある生徒さんはよくご存知だと思うが、舞台裏はいつも戦争なのである。
髪飾り・レイ・ピン・化粧道具を長机に並べる。水のペットボトル30本・タオル20枚・鏡・サーキュレーターもその長机に載っかっている。ぎっしりだ。
衣装はハンガーラックに、使う順番に並べる。女性のドレスは全部ファスナーを下ろしておく。
・・・という準備をしてから本番に入るのだが、いざ本番になると、水のペットボトルはあちこちに飛び、タオルは誰のものかがわからなくなり、衣装の順番も狂ってくる。
それを常に整然と保ちつつ、舞台裏を運営するのが私の役割だ。今回は直美ちゃんがいてくれたので、かなりスムーズだった。

こんな感じである。
踊り終わったオラパが舞台からハケる → 汗で貼り付いた衣装を脱がす・ボタンをはずす・ファスナーを下ろす・レイやクペエをはずす → 汗をバスタオルで拭く → 水を飲ませる → 水を飲んでいる間に次の衣装を着させる準備をする → 団扇で身体をあおる → 次の衣装を着させる・ファスナーを上げる・ボタンを留める → 額の汗を拭く → 化粧と髪飾りを直す → レイを後ろで結ぶ → オラパがまた舞台へ出ていく
・・・結構、大変なのだ。

とにかく、汗の量が半端ではない。
ベタベタ、というより、びしょびしょなのだ。
で、その脱ぎ捨てた衣装はまたハンガーに掛けて、撤収しやすくする。
レイや髪飾りも使い終わったら収納しやすく並べておく。
なんてことをやっていたら、1時間のショウはあっという間で、舞台を袖から見る・・・という暇は全然ないのだ。
もちろん、クムとの打ち合わせや、クムが突然マイクを所望することにも対応する。直美ちゃんはクムの足のコンディションも整える。
実はかなり忙しいのである。
こういう裏方ができて、ようやく一人前とハワイでは言われている。これも修行の一つなのだ。

まだ、カヒキラウラニは良い。
男の子も女の子も一緒に着替える。男女それぞれがそれぞれの楽屋を使う、というハラウだと、裏方は走り回ることになる。
カヒキラウラニでは、若い男女でも、みんな下着姿で平気で一緒に着替える。時には男の子が女の子のファスナーを上げることもあるし、女の子が男の子のカマーベルトを締めることもある。私もカヒコの衣装の最後の「一締め」は男の子にやってもらっていたし、スカートのギャザーのより方を均一にするため、男の子が女の子のスカートの中に手を入れる、ということも当たり前になっている。
ハラウは「家族」なので、全然恥ずかしくないのだ。私もそうだった。

そして・・・
脱ぎ捨てた男の子達のカヒコの衣装をハンガーに掛けていた時のことだ。
山に脱ぎ捨てた衣装の下の方から、パンツが出てきた。
ズボン、という意味のパンツではない。
下着のパンツだ。

男の子は、衣装の関係でパンツをはかないことは、しばしばある。
カヒコでマロ(ふんどしのような物)を着るときなどは、お尻が露出するので、パンツははかない。私も小学生の男の子にマロをはかせたことは何度かあるので、着せ方は知っている。そういう衣装の時は、若い男性はさすがに恥ずかしいのか、自分たちで着替えている。
しかし、今回のショウでは、男の子はマロではない。
普通のズボンと長袖のビクトリア・ブラウスだ。
つまり、パンツを脱ぐ理由がないのだ。

しかし、そこに鎮座しているのは、まぎれもなく、男性の下着のパンツだ。
ちなみに、白の、メッシュの、ボクサータイプのパンツだ。
パンツとしての役割しか果たせないようなパンツだ。女性のような、ガードルの代替えとか、下着写り防止の下着ではない。
もしかして、あのフツーのズボンの衣装の下に、パンツをはいていない、ということか???

踊り終わって、男の子達が舞台からハケてきた。
「ねぇ、このパンツどうするの? 次の衣装の時に、はく?」
と尋ねた。
もしパンツをはくなら、こんなオバサンでも、一応、よそを向いていてあげないと可愛そうだ。
後で、「アンティー・サユリ(さゆりおばちゃん)に見られた」などと言われたくない。言わないだろうが。
すると、
「はかな~い! 最後まで、はかな~い!」
あ、そう・・・はかないんですか。
なんとなく、心配になることはないんだろうか。開放感がありすぎる、というか、落ち着かないと思うのだが。

そして、熱狂の渦の中、ショウは終わった。
はたして・・・この中の何人が、彼らがパンツをはいていなかったと気づいていただろうか。

ショウが終わって、夕食の時にこっそり聞いてみた。
「ねぇ、マロならわかるけどさぁ、普通のズボンでもパンツはかないの?」
・・・オバサンになると、恥ずかしくもなく聞ける。
「はいてる人もいるけど、僕たちははかないよ。だって、動きが制限されるから。」
なるほど。
いや、待て。
ブラジャーならば、無尽蔵には伸びないので(無尽蔵に伸びたら、ブラジャーの意味がない)、動きが制限されることはある。だから、私も社会人剣道をやっていた時はブラジャーはつけなかった。そして、そういう人がほとんどだった。
しかし、コトは、パンツである。
パンツは伸びる。しかも、ハワイで売られている、よく伸びるメッシュタイプのボクサーパンツだ。これの、どこが、「動きが制限される」のか???

ついでに、クムにも聞いてみた。
クム曰く、「元々、パンツはハワイにはなかったから、はかずに踊るのが自然だ」とのこと。
こう言われると、実によくわかる。
実は、日本の武道でも、子供のうちはともかく、大人はほとんどパンツをはかないのだ。
柔道も、剣道も、空手も、合気道も、弓道も。
剣道の場合、女性はみんなパンツをはいていたが、柔道女子はパンツをはかない人がちらほらいた記憶がある。私の弟も剣道五段だが、彼は中学生くらいから、袴の下はパンツをはいていなかった。
元々、日本にもパンツなるものは、なかったからだ。女性は腰巻き、男性はふんどしだ。ちなみに私の祖母は死ぬまでパンツをはかず、腰巻きで生活していた。
その話をクムにかいつまんで話すと、「伝統文化では、元々の形でやるのが自然なんだろうね」と言われた。

だが、しかし。
私はやはりパンツを脱ぎ捨てる気にはなれない。
剣道の時も、パンツはいつもはいていた。はいていないと、落ち着かない。確かに弟は、「はかないと、動きやすいよ~」と言っていたが、私はイヤだった。
フラでは、特にイヤだ。
パンツもはかずにドレスを着るとか、パウをはくなど、考えられない。現代の日本人はみんなそうだと思う。
ちなみに、ハワイの女の子のオラパはパンツをはいている。
Tバックとボクサータイプが多かったように思う。

「パンツの謎」は解明された。
賛同・実践するかどうかは別として、「なるほどなぁ・・・」と思った。
次回、舞台裏のお手伝いの時は、脱ぎ捨てられたパンツを見てびっくりすることはないだろう。
気づかないフリもできそうだ。
これも伝統文化の原型なのだと、理解しよう!






我が家のそうめん

カイオロヒアの皆様、コメントをありがとうございます!
こちらこそ、不手際も多かったと思いますが、みなさんのご協力で無事、全日程を終えることができました。
一緒にワークを受けて、フラシスターがたくさん来てくれているというのは、本当に心強いです。
そして、大師巻・・・。最高です!! 以前お取り寄せした時は2ヶ月待ちでした。幸せを噛みしめながら、いただいております。
ありがとうございました!

全日程が終わり、ものすごく疲れていたので、もっと長期間、身体が動かないと思っていたのですが・・・
案外、平気。
さすがにカヒキラウラニご一行様がお帰りになった翌日(水曜日)は、半日ほどグダグダしていたのだが、その後はなんてことなく、フツーに生きている。
フツーにレッスンし、フツーに料理し、フツーにお弁当を作っている。

昨日と今日の名古屋はものすごく暑かった。
昨日の午後4時過ぎにレッスンが終わってから車に乗り込むと、車外温度計はなんと40度だった!
これだけ暑いと、食欲がなくなる。一般的には。
実は私、そもそも夏バテした記憶がない。少なくとも、20年以上は夏バテしていない。だから、どんなに暑くても忙しくても、「食欲がなくなる」ということがないのだ。そういう経験は今までの人生の中で、ほとんどない。数えるほどだ。食べるということそのものが、私の健康の源なのだ。

とはいえ、それは私だけのこと。
母も夫も、結構小食だ。
母は年中、小食だが、夫は夏は本当に食べない。その一方で、私は年がら年中、大食漢だ。
そう、我が家の食事では、私を基準にしてはイカンのだ。
そこで、今夜は私の「会心の素麺」を作った。
こんな感じの素麺である。
そうめん.jpg


私は素麺を茹でて、つけ汁につけて食べるのがあまり好きではない。
こんな感じに、いろいろな具を載せて、薄味のだし汁をかけて食べるのが好きなのだ。
今夜の具は・・・
錦糸玉子、甘めに煮た椎茸、片栗粉で洗ってからお酒と水でさっと茹でた大きめのエビ、ごま油で揚げてからだし汁に一晩漬け込んだナスとシシトウとカボチャ。
こうして書いてみると、結構良いバランスだ。
具はぞれぞれに味が付けてあるので、ぶっかけただし汁は薄味。

母は当然ながら完食した。
夫はまだ帰宅していないので、どうかな・・・
夫はかなり好き嫌いが激しいので、毎日、食べるかどうかが心配なのだ。

暑いときはとかく、つるつるっとしたものが食べたくなる。
でも、それだとなかなか栄養が取りにくい。
いつもの素麺に飽きた方はぜひお試しください!
posted by プアアカハイ at 20:24愛知 ☁Comment(0)日記

無事、お帰りになりました

昨日の夜、すべての日程を無事終えられ、カヒキラウラニご一行様はお帰りになられました。
名残惜しく、最後の後ろ姿が見えなくなるまでお見送りしました。

今回はかなりの強行日程で、私もヨレヨレ。
ドゥ・ハワイのスタッフ、直美先生ともども、「何がどう疲れたのかわからんが、とにかくヨレヨレだね~」と。
私は全身が痛い。
どこが、ということではなく、とにかく全身が痛い。
今朝は夫にお弁当を持たせて送り出した後、10時近くまで寝てしまいました。

新潟から持ち帰った大量の荷物や衣装はまだ全然片付いていない。
片付ける気力がない。
とはいえ、日常が戻ってくる。
やっぱり夕飯は作りたいし、お弁当の準備もしたい。大量の洗濯物もなんとかしたい。
でも、今日は最低の仕事だけにしよう。
明日からは通常のレッスンが待っている。
・・・そう、カルチャースクールの講師というのは、おろしたてのパンツのゴムのようにキツイのだ。

ともあれ、ご来場・ご受講くださった皆さん、遠く東京と横浜から応援に来てくださったフラ・シスターの皆さん、アコ先生、真理子先生、ウイ、皆々様に心から感謝申し上げます。
皆さん、ご協力いただき、本当にありがとうございました!

新潟でのショウ、名古屋でのショウなどなどの諸々のお話はまた後日。
お楽しみに!

通院2連発

ここ最近、多忙を極めている。・・・が、普通にレッスンはしている。
何が忙しいのか、と言うと、義弟の用事がずっと続いているのとクムのワークの下準備が重なっているからだ。
この業界はただでさえ、夏は忙しい。
今年は特に、クムとカヒキラウラニご一行様をお迎えする準備があるので、バタバタしている。

という中、今日は通院2連発だった。
午前中に義弟の通院、夕方からは父の通院だ。
いつもは2連発にならないようにしているのだが、お盆休みの関係でたまたま重なってしまった。義弟の住む夫の実家までは1時間30分。そこから病院まで30分、お昼ご飯を食べて買い物を済ませ、また30分かけて実家へ義弟を送り届ける。また1時間30分かけて慌てて帰宅し、すぐに父の通院へ出かけた。父の施設まで20分、そこから医院まで1時間、夕食を食べて施設へ戻るのにやはり1時間。父を無事、施設へ送り届けて、帰宅するのにまた20分。
・・・いったい、今日はどんだけ車を運転していたんだろう。

義弟の場合は、肢体不自由ではないので、自分で車に乗り込むし、介助の必要はまったくない。純粋に知的障害だけ(しかも軽め)なので、どうということはない。遠いということだけが問題で、通院自体はラクなもんである。彼はおしゃべりもできるし、自分の意思を伝えることができるので、一緒に過ごしていても結構楽しい。
しかし父の場合は・・・
ますます、言動が意味不明である。
今日の通院は母が初めて付き合ってくれたが、私一人では到底無理な状態になっている。
3ヶ月前までは、「高速ん・ん・ん」と「なるほどねぇ」をずっと言い続けていたが、今日は「あああああ~」とずっと唸っていた。呼吸も浅い。私が言っていることも、医師が言っていることも、ほとんど理解しない。
が、たま~に正気に戻る。
そしてよく食べる。(全部、自分の歯で揃っている)
そして機嫌も良い。

であるならば、これで良しと思うべきなんだろうなぁ。
帰り道、母と、「かわいそうだね」と話した。
本人はわかっていないのだろうが、それを見ている私からすると、本当にかわいそうだと思う。

少しでも、今の状態が維持できるといいなぁ。
これ以上、認知症が進まないといいなぁ。
とは思うが、それはなかなか難しいことだ。少しずつ、確実に進む。
せめて、機嫌良く過ごしてもらいたい、と心から思っている。
posted by プアアカハイ at 21:06愛知 ☀Comment(0)日記

ご協力をお願いします

8月に行われる、ANAグランコート名古屋でのハーラウ・フラ・オ・カヒキラウラニディナーショーワークショップの代金を集金しています。
申し込まれた生徒の皆さんは、ご用意ができましたら、私までお願いします。
迅速な事務処理に、どうかご協力をお願いいたします。

夏休みに入りましたが、お天気の悪い日が続いています。
レッスンにいらっしゃる方は、飲み物をお忘れのないように、お気を付けておいでください!