スタートダッシュ

いつの間にか、年が明けている、という感じだった年末年始。
まぁ、とにかく忙しかったのである。
3が日が済んですぐに義弟の役所への届出があったり、いわゆる「正月ボケ」を味わうこともなく、あっさり過ぎた年末年始であった。
私の夢は・・・
いつか、いつか、年末年始を温泉宿でのんびり過ごす、というヤツなんだが・・・一生、かないそうもない。

レッスンは暦の関係もあり、7日から始まっている。
で、翌日には義弟の通院ダブルヘッダー、その翌日は夫の用事の役所めぐり、その後の2日間はみっちりレッスンがあり、トドメは金曜夕方の父の通院・・・。
いやはや、今年も年が明けて2週目からいきなりスタートダッシュである。

父の通院であるが・・・
12月の通院時、私が父に首を絞められたのは、以前このブログに書いた。
あれから1ヶ月。
昨日の夕方の通院は、リフト付きタクシーではなく、夫が休みを取って車を運転してくれて、母と私の3人体制であった。
3人も必要? と思われるかもしれないが、絶対に必要なのだ。
ここ2ヶ月、父は暴力を振るう。私が首を絞められたのも、その一環だ。
もちろん、筋萎縮症があるので非力なのだが、当たり所が悪かったりすると非常にイタイ・・・。
昨日の犠牲者は母だった。
夫が父をお姫様抱っこ(!)して車に載せた時、父のズボンの裾が少しめくれた。それを直そうと母が父の足下にかがもうとした時、強烈な肘鉄を母に喰らわしたのだ。肘は母の目の上を直撃。相当痛かったと思うのだが、それよりも母にとっては「心」の方がショックだったに違いない。父に首を絞められた時の私と同じように。

リフト付きタクシーで行った先月と違い、父はおおいに車内で叫んだり拳骨を振り回したりして暴れた。
・・・おかげで、医院に着いた時にはぐったり疲れてくれて(!)、診察も注射もまぁまぁスムーズだった。
あくまで、まぁまぁである。
注射のために診察台に寝かせる時は、やはり大暴れする。ただ、先月の教訓を踏まえ、先んじて私が父の両拳をつかんで離さなかったので、父は医療機器を破壊したり投げたり私の首を絞めることもなかったのだ。
・・・来月もこの方法でいかねば。

父は現在、自力で歩くことも立つことも、何にもつかまらずに座っていることもできない。
要するに、立位保持も座位保持も不可能なのだ。
普通なら、この状況だと身体障害者の認定が受けられる。
そうすると、リフト付きタクシーの料金補助が受けられるのだが・・・
身体障害者の認定に必要な検査を父がもう理解できないので、検査が不可能なのだ。
通っている主治医は身体障害者認定医師なので、相談してみたが、検査内容を考えると、とても無理だという結論に至った。
以前は、人の言うことは全く理解できなかったが、物で示されると理解できた。
例えば、3ヶ月前までは、握力計を差し出すと、自然に受け取って、ぎゅうと握る。こうして握力は測れていた。
ところが昨日は、目の前に握力計を差し出されても、指で針をいじるばかりで、握力計を「握る物」と理解しなかった。
先月は、医師がペンライトと銀色の薄べったい棒(舌を押さえるヤツ)を口のそばに持って行くと、父は自然に口を開けてア~ンできた。
しかし昨日は、全く無反応どころか、顎を開こうとした私の手に抵抗して、ぎゅう~っと歯を噛みしめてしまう。
言われたことは理解できなくても、「物」を見れば理解できていた父は、とうとう「物」にも反応をしなくなった。

なんだか・・・また一層、認知症が進んだような感じだ。
約1年前に、「重度認知症」の認定を受けたが、その頃より、ずっとずっと進んでいる。
これ以上進むと・・・「重度認知症」の呼び方はどうなるんだろうか???
「最重度」とかになるのか???
それとも、「重度レベル1」とか「レベル2」とかいう呼び方があるんだろうか?
父が「重度」を超えるレベルに達していることが、私を何とも言えない気分にさせる。
悲しい、というのとはちょっと違う。
むなしい、と言うか、信じられない、と言うか。いったい、どこまで進むんだろうか、という恐怖もある。

今年はのっけから、気のやむことが多い。
・・・が、巨大なタラバガニは美味しかったし、A5ランクの松阪牛も美味しかった。元旦から外国人の道案内をし、新春初祈祷も受けた。
まぁ、良いこともあったのである。(ほとんどが食べることばかり)
人というのは、「良いこと」はすぐに忘れてしまい、「イカンこと」ばっかり覚えている。
しかし、それではいけない。
「良いこと」をちゃ~んと心に刻んで、「イカンこと」を忘れるようにせねば。
そして、「良いこと」に感謝せねば。
さぁ、今年も頑張るぞ~!



posted by プアアカハイ at 16:53愛知 ☁Comment(0)日記

今年の集大成の・・・

私は毎年、クリスマスには気合いの入った料理を作ることにしている。
元々、料理はかなり好きなのだが、何週間も前からクリスマス料理の内容を考えている。
何を作るかを考えるのが、まことに楽しいのだ。私の創作能力を全開にして考案する。

今日は朝から、台所は私の独壇場となった。
今回のクリスマス料理は、
・前菜
・スープ
・メイン
の3種類。
そのうち、前菜は朝から仕込まねばならないので、朝10時から(!)台所に陣取った。
ちなみに昨日の冬至料理もかぼちゃのコロッケで、朝から仕込みをしていた。ついでに毎年恒例の松前漬けも漬けたので、昨日も一日中、台所にいた。
う~ん・・・二日間かぁ。

では、今年のクリスマス料理を写真付きでご紹介します。

・前菜 「野菜とスモークサーモンのテリーヌ」
2018クリスマス3.jpg

「こんなもん、家でできるの?」と思われるかもしれないが、これは面倒なだけで、難しい料理ではないのだ。
長方形の型にラップを敷き、底にスモークサーモンを敷き詰める。
その上に、湯通しした白菜の緑の葉の部分を型からはみ出すように敷き、細かく切った茹でブロッコリー、赤と黄色のパプリカ、茹でセロリ、茹でかぼちゃ、茹で人参をぎゅうぎゅうに詰める。で、コンソメスープにゼラチンを溶かし込んだゼリー溶液を流し込む。はみ出た白菜で蓋をするようにくるみ、ラップでぐるぐるに巻いて冷蔵庫で冷やす。食べる直前に切る。・・・だけなのだ。
今回は塩気が遠目だったので、オリーブオイルにパセリのみじん切りと塩を和えたソースをお皿の周りにぐるりと置いた。
見た目の美しい、クリスマスらしい前菜になった。

・スープ 「かぼちゃと人参のポタージュ ~人参のお星様付き~」
2018クリスマス2.jpg

見た目はドラゴンボールみたいだが・・・
栗かぼちゃを使ったので、かなり甘い。味付けはハワイのアラエ塩とコンソメを少しだけ。無水鍋で水を鍋底から1センチだけ入れて柔らかく煮て、ミキサーで材料を粉砕。水と牛乳を加えながら濃さを調節した。

・メイン 「長崎県産和牛のローストビーフ 柚みぞれソース添え ~マッシュポテト付き~」
2018クリスマス1.jpg

良いお肉のローストビーフはクリスマスの度に作るのだが、今回の牛もも肉の塊はまんまるっちかった
私はローストビーフを無水フライパンで作るので、肉の高さがありすぎると、蓋がうまく閉まらない。今回はぎりぎり、蓋がちょこっと浮いた。だから、蓋をして熱を通すのがどうしても不十分になる。いつもは火を切って蓋をして熱を通すのだが、今回は加熱したまま蓋をして、温度を保つのに苦労した。火が通り過ぎるとパサパサになるし、火が通らなくて赤身が多すぎると「けもの臭く」なる。様子を見ながら肉を突っついて、「経験」だけで仕上げた、という感じだ。
ソースは母も夫もあっさり好みのため、和風。柚胡椒やわさび、鰹だし、昆布醤油、柚の絞り汁を使っている。

デザートは・・・ない。
私が力尽きたからではない。
これだけ食べると、デザートを食べる余力がないのである。
クリスマスケーキは明日。夫が買ってきてくれる。
どんなケーキかなぁ。
楽しみだなぁ~
posted by プアアカハイ at 21:21愛知 ☔Comment(0)日記

まさに、「災」

我が家の大掃除はすっかり終わり、夫の実家も残すところ座敷2部屋のみになった。
とにかくこの1ヶ月半というもの、プライベートに時間をすべて大掃除に費やした。いやはや・・・本当に忙しかった。

今日、今年の一字が発表された。
「災」
なるほど。
今年は地震や台風、猛暑など、次々と「災害」に見舞われたなぁ。
そんな私も今年は「災」続きだった。
考えもしないことが次々と襲いかかった1年。
そんな私に、今年最後と思われる(であってほしい)「災」があった。

日曜日のことである。
例によって、夫の実家の大掃除をしていた。
今回は私だけでなく、夫も満を持して参戦し、おおいに手伝ってもらった。(ちなみにこれまでは私だけがやっていた)
私がリビングルームのワックスをかけ、壁と家具を磨いている間、夫は知的障害のある義弟とともに草刈りをしていた。前にもこのブログでご紹介したが、夫の実家の庭は広大なのである。それが余すところなく雑草に覆われていた。
電動草刈り機で雑草を刈る夫。刈った草を袋詰めする義弟。
ヨシヨシ・・・二人ともさぼらずに一生懸命やっているな、と思いながら、私は壁を磨いていた。
すると・・・
「さゆりちゃ~ん! 掃除なんかしとる場合じゃないわ~!」
という夫の叫び声が。
怪我でもしたのかと、慌てて庭へ出てみると・・・
我が家の車のガラスが粉々に割れていた・・・。

車は庭の一角に駐めていた。
その車の、運転席側の後部座席の窓ガラスが粉々に割れている。
たぶん、ではあるが、理由はわかる。
電動草刈り機に飛ばされた小石が窓ガラスに当たったのだ。きっと。
どうやら、夫も窓ガラスが割れていることにずっと気づいていなくて、草を集めていた義弟が、
「にいちゃん、窓ガラス、割れとるよ」
と知らせてくれたらしい。
電動草刈り機の作動音は非常に大きい。窓ガラスが割れてもしばらく気づかなかったのもうなずける。まぁ、すぐ気がついたところで、事態が変わるわけではないが。

私は慌ててリビングルームの掃除を済ませ、夫は猛スピードで草刈りを済ませ、いつも行くディーラーへ車を持ち込んだ。
車は修理のため、2~3日お預かりとなった。
待てよ。
父の通院が火曜日にあるじゃないか!
代車は火曜日に借りられることになったが、普通の車に父は乗せられない。
我が家の車には、父のために介護バーが取り付けられている。スライドドアなのも、父のためなのだ。それが、普通の乗用車では、父を乗せることは不可能だ。
慌てて父が入所している特別養護老人ホームに連絡し、介護タクシーを紹介してもらった。施設のスタッフが予約も全部取ってくれて、料金の交渉もしてくれた。
なんて、ありがたい・・・
地獄に仏とは、まさにこのことだ。

そして、昨日(火曜日)、介護タクシーで父の通院をした。
介護タクシーは車椅子ごと乗り込む。いつも車椅子から車の座席に乗せるのにものすごく苦労しているのだが、車椅子ごとというのはラクだ。
運転手さんは介護福祉士の資格も持っていらっしゃるので、父が暴れていてもうまく対応してくださった。
なんてラクチンなんだ・・・

そして医院に到着。
診察の後に注射を打つ。
そこまでは順調だった。
腕を振り回したりうなり声をあげたりはするが、大した問題はなかった。
注射を打つためにベッドに寝かせる時、私の「今年最後」と思われる「災」が起こった。
なんと!
父に首を絞められたのである!
私が。
ベッドに寝かせる時、今までにないくらい、大暴れした。
脇から抱えてベッドに座らせたのだが、その時、父は鬼の形相で私の首を両手で絞めた。
靴を脱がせ、横たえる時にも、鬼の形相で私の首を絞める。
が、父には残念かもしれんが、私の腕はかなり長い。そして反対に、父の腕は身長と比較しても非常に短い。現役時代、ワイシャツを探すのに母がかなり苦労していた。・・・ぐらい、短い腕なのだ。
リーチが違うから、父がどんなに鬼の形相をしようとも、どんなに首を絞めようとも、私には簡単に父の手を外せるのだ。
・・・というわけで、実害はなかったのである。

しかし・・・
私は父のあの鬼の形相を忘れることができない。
たぶん、一生忘れないだろう。
本当に父の顔が、鬼に見えた。人間ではなく。

たまにテレビのニュースで、首を絞められて殺された、などという殺人事件が報道されている。
殺された人は、きっとみんな、死の瞬間、ああいう「鬼の形相」を見ているんだろうなぁ。
どんなに怖かったろう。
私は、「父親だし~」「重度の認知症だし~」で、消化できるし納得もできるが、理不尽に首を絞められるというのは、決して気持ちの良いものではない。
まぁ、あれだけ認知症が進めば、仕方ないのだが。

これを最後の「災」としたいなぁ。
来年は、少しは良いことがあるといいなぁ~



posted by プアアカハイ at 18:47愛知 ☀Comment(0)日記