父は上機嫌

昨日、父は5年に及ぶ特別養護老人ホームを退所し、医療系有料老人ホームに入居した。
怒濤のお引っ越しであった。
当日は早朝から、弟と待ち合わせ、荷物を新しい老人ホームに搬入した。荷物は整理してあったし、キャスター付きの物しかないので、大したことはない。が、ハンガーラックとかベッド用テーブルとか、カサのある物ばかりで、1台の車では運べない。弟に助けてもらえて良かった。

そして、午後に父と車椅子を車に載せ、特別養護老人ホームを出発した。
介護スタッフの中には泣いてくださる方もいらっしゃった。
父は、いつもはしないことなのに、手をバイバ~イと振っていた。もうここへは帰ってこないことを、わかっているのかもしれない。
介護スタッフ、看護士さん、栄養士さんに見送られ、車に乗ること30分で新しい施設に到着。
父は相変わらず、車から降りるときは、イヤイヤ~をするので苦労したが、施設のスタッフの助けで車椅子に乗せ、入り口から入った。

その医療系有料老人ホームは、まだ先月オープンしたばかりの新しい施設だ。父のように特定疾患のある人や緩和ケアの人、胃ろうや経管栄養の人が入居している。
周りの環境も静かだが(田んぼと畑ばかり)、言葉を発する人がいないので、ものすごく静かな施設だ。特養のようにリビングルームにいる人も1人もいない。皆さん、自室のベッドに寝ているらしかった。

父は最初、自分の部屋へ入り、バイタルのチェックを受けた。
またまたイヤイヤ~をするのだが、血圧は測れた。
すると、自分で車椅子を操作して、どこかへ行こうとする。
そして行き着いたのはリビングルームだった。
特養では起きてから寝るまでの間、ずっとリビングルームにいた。何かをしているわけではないのだが、ずっとリビングルームのテーブルについて、首を直角に下へ曲げて寝ていた。たま~に顔を上げては、テーブルを手でバンバンと叩いたりしていた。
その記憶があるのか、リビングルームに入ると、迷わず、奥のテーブルに向かって車椅子を操縦する。で、テーブルに着くと、自分で車椅子のブレーキをかけ、首を直角に下に曲げ、寝始めた。
父の眠りというのは、いつも、10秒間だ。
下を向いたな~と思うと、すぐに顔を上げる。で、またしばらくすると下を向く。・・・を繰り返す。

父は落ち着いていた。
バイタルチェックの時以外は、ずっと起きたり寝たりを繰り返し、声を発することもない。
私が目の前の席について、契約書類に署名などをしている間も、ずっと起きたり寝たりを繰り返していた。まるで、私が目の前にいるのを認識していないかのようだった。
有料老人ホームとの契約、福祉用具レンタル業者との契約、訪問介護の契約、と、特養と違って全部契約を個々に結ぶ。結構な時間がかかった。

すると、ここ数年、特別養護老人ホームに入居する前から見かけなかったことを、父がやり始めた。
父は途中、目を覚まし(?)、テーブルの上に広げられている書類を一山ごとにつかみ、テーブルにトントンして整理を始めたのだ。そして、テーブルの縁と正確に平行になるよう、きち~んと並べた。
そうそう、父はこういう、妙に几帳面なところがあったなぁ・・・と私は思い出した。
そして父は、指をなめなめ(!)、書類を1ページずつめくっていく。もちろん、読めないし、理解もできない。でも、めくる。
会社で仕事をしていた頃に戻っているのかもしれない。

これには多分・・・という理由がある。
契約の書類を確認している時、たまたま施設長さんが、
「私は知多から通っているんです」
とおっしゃられた。
「あ、父は知多の会社にいたんですよ~」
と私が言った。
その時、父の中で何かが覚醒したようだ。
「チタ」という単語に反応したのだ。顔を起こし、口元をほころばせた。で、急に書類をトントンし始めたのだ。
昔の記憶というのは、こういう何でもないことから呼び覚まされるのかもしれない。

父はそれから上機嫌で、指を動かし、1、2、3、と何かを数えているジェスチャーをしたり、私が差し出した手のひらにハイタッチした。
母にも、夫にも、ハイタッチした。
父は歩けないが、握力はまだかなりある。何しろ、ペットボトルが自分で開けられる。ハイタッチする手の力も相当なものだ。
特養にいた時は、ハイタッチを介護スタッフとやっていた。これをやる時は、ものすご~く上機嫌なのだ。
父はここ数年見かけなかった「笑顔的なもの」をしていた。口元を何度も何度も、ほころばせた。
どうやら、父は本能で、この施設が気に入ったらしい。
父の様子を見て、私はホッとした。と同時に、この施設にして良かったなぁ~と心から思った。

で、今日。
上機嫌だった父は昨夜はどうだったんだろう・・・と心配で、夫と様子を見に行った。
父はリビングルームのテーブルについていた。
向かい側の席で介護スタッフが仕事をしていた。
スタッフさんの話では、よく眠れていたことを聞いた。おむつ替えや食事はなかなか素直に応じないが、そこらへんはうま~く対応してくれているらしい。
父はそこそこ機嫌が良かった。
昨日の日付の新聞を、1ページずつ、めくっていた。
昔やっていたのと同じ癖でめくっていた。めくり終えて膨らんだ紙面を手のひらでパンパンと叩く様子など、昔と同じだ。2本の指をなめてページをめくるのも同じだった。
めくり終えると、それを折り線に沿ってきち~んと畳み、テーブルの縁と平行になるように置く。で、またカクンと首を曲げる。5秒でまた顔を上げ、またもや新聞を手元に寄せて広げ、ページをめくる。・・・を繰り返す。
私や夫と、何度もハイタッチをした。
そして、驚くことに、父は夫の手を取り、手の甲を何度も撫で、両手で夫の手をぎゅっと握った。
「ありがとう」の意味なのか。「よろしく頼む」の意味なのか。それとも、な~んの意味もないのか。
もちろん父は、今まで一度もそんなことをしたことはなかった。夫もひどく驚いていた。

父との面会は30分くらいだったが、その間に、痰の吸引を2回した。
やはり、特別養護老人ホームでは無理な状況だ。早めに医療系有料老人ホームに移って良かったなぁ・・・と夫と話した。
痰を喉にためて、ゼロゼロゼロ・・・という音を立てている父を見るのは、つらい。苦しいだろうなぁ、と思う。
そういうものに24時間対応してくれるのは、医療系有料老人ホームしかない。
まだまだ、現時点ではそういう施設は少ない。
これからはそういう施設の増加が望まれるようになるんだろうなぁ・・・と想像する。

とりあえず、父は機嫌も良く、環境への違和感も少ないようだった。
良かった、良かった。
まだ父に関する手配や届け出などが山積しているが、それも一つ一つ解決していくだろう。
引っ越し騒動は怒濤のようだったが、終わってみれば「こんなもん」なのだ。過ぎれば、なんてことないように思う。
さて!
来週は名古屋ハワイアンフェスティバルだ。
気分を変えて、頑張らねば~!


posted by プアアカハイ at 17:55愛知 ☀Comment(0)日記

箱がぶっ壊れて・・・

昨日は父の新しいケアマネージャーさんとの契約だった。
父の今の特別養護老人ホームの前で待ち合わせた。一緒に、福祉用具の担当員も来てくれて、父のベッドや介護用品の確認をしてもらった。
特養と違って、有料老人ホームはベッドをレンタルすることになる。いろいろ勝手が違うんだなぁ。
有料老人ホームが紹介してくれたケアマネージャーさんは希望どおり、看護士資格のある人で、おだやか~な感じの方だった。「家族に寄り添います」オーラ満載の方で、安心した。
引っ越しがすぐなので、あらゆる作業がバタバタッと入ってくるのだが、有料老人ホームの動きが私の想像よりも速く、テキパキしているので、私にはストレスがない。
いやはや・・・騒動も落着しそうである。

生徒さんから、
「先生、その後、メリーモナークのプログラムって、届いたんですか?」
と何度か尋ねられている。
答えは・・・
「まだ、届かん」
なのだ。
送ってくれた人には、「まだ届いていないよ。もしそっちへ戻っていったら、連絡してね。」とメールしてある。その連絡をしたのが、メリーモナークが終わって10日くらい経った頃だった。
・・・が、しばらく返信はなかった。
メリーモナークの後はしばらくハラウを閉じるので(お疲れ休み)、しばらく連絡がつかないだろうなぁ、と思っていた。
すると、今日、送ってくれた人から連絡があった。
どうやら・・・箱が完全にぶっ壊れた状態で戻ってきたらしい。

アメリカの郵便事情は、日本よりもかなり悪い。
届かないまま、行方不明になることも、実は珍しくない。まだ、返送されただけでもラッキーなのだ。大抵は返送もされず、どっかへ行っちゃったことさえもわからず、送り主と受取人が、「まだ届かん」「確かに送ったよ」の応酬になるのだ。
本土ならまだしも、離島(ハワイ島)となると、この確率はぐ~んとアップする。
送ってくれた人は、ひどく謝っていた。すぐにまた送る、と連絡をくれた。いやいや、郵便事情が事情だから、気にしないでね、とメールした。

メリーモナークが終わってからプログラムが届きそう(まだ届いていないので、「届きそう」としか言えない)、という事態だが、私はそれでもプログラムを楽しみにしている。
誰が会場のフローラルを担当したのか、ハウスバンドはどこが担当したのか、新しい顔ぶれのスポンサーはいるのか、などなど。
プログラムをじっくり見ると、メリーモナークの舞台裏も見えてくる。それもまた、楽しみだ。
次は、箱がぶっ壊れていないことを心から祈る・・・。
posted by プアアカハイ at 08:03愛知 ☁Comment(0)日記

電光石火!

午前中のレッスンを終えた後、夫と母の用事を済ませ、父の入所している特別養護老人ホームへ行った。
ちょうどおやつの時間で、ムースのような物を食べさせてもらっていた。
介護士さんが、
「はい、あ~ん」
と言っても、父は無表情。
私がその横へ行き、
「お父さん、あ~んだよ、あ~ん」
と言って大きく口を開けて見せたら、真似をしてくれた。
・・・そのムースを食べるのに、30分以上かかった。

介護士さん達には、本当に頭が下がる。
以前、私と同じように親が施設に入所している生徒さんが言っていたが、
「家族の手に負えない人を面倒見てくれて、本当にありがたい」
なのだ。私もそう思う。
それなのに国は、「なるべく在宅で」などとぬかしている。国会答弁のニュースで、「地域で見てもらう、という方向で・・・」などと言っているのを見ると、「アンタら、正気か?」と思ってしまう。家族でさえ手に負えないのに、どこの他人様が見てくれるというのだろう。しかもボランティアで。それは現実的ではない、と私個人は思っている。

父のおやつの世話を手伝っているところに看護師さんがやって来た。
「もうすぐ、新しい施設の施設長さんと看護師さんが、お父さんの様子を見にいらっしゃいますので、一緒にいかがですか?」
と声をかけてくださった。
よくよく考えてみれば・・・
金曜の夜に倒れて救急車で運ばれ、良くなって施設へ戻り、
土曜の午前中に施設見学の予約を取りつけ、
土曜の午後に魔窟の片付けをし、
日曜の午前中に見学と説明を受けて入所の仮予約をし、
日曜の午後に魔窟の大々的な片付けをし、
で、今日に至る。
まさに、電光石火の如く、である。
しかし電光石火なのは私だけではない。新しい施設の施設長さんも電光石火の如く、である。
彼からすれば、
土曜の午前中に施設見学の予約を受け、
土曜の午後に看護師をまじえて、父の受け入れ会議をし、
日曜の午前中に私と夫に説明をして仮予約を受け、
月曜の午後には父の状態を見に来た、
という感じだ。
すごいなぁ、この施設は、と痛感した。
そもそも、私はせっかちだ。半端ないせっかちだ。生徒さんは皆さんよくご存知だが。
その私をして、「電光石火」と言わしめる施設長さん・・・おそるべし。

さて、施設長さんと看護師さんが到着し、父の様子を見てもらった。
父は、今日はまあまあ機嫌が良かった。5分に1回は首を直角に下に向け、まるで死んだかのような姿勢にはなるが(どうやら10秒ぐらいずつ、小刻みに寝るらしい)、とりあえず怒りもせず、指でいろいろな所を指しては「あ~」「う~」と声を発していた。
「まだまだ、お元気じゃないですか!」
と驚かれた。
いや、元気っていうか・・・元気じゃないっていうか・・・
機嫌だけは良かったが、とにかく父は、何を言われているのか、何を言いたいのか、何もわからない。ぼ~っとはしていないが、目は開いていても何も見ていないし、何も認識していない。
その状態を今の施設の看護師さんと共に、新しい施設の施設長さんと看護師さんに説明した。
健康状態、入浴のこと、食事のこと、排便のこと、主治医のこと・・・引き継ぎは実にたくさんある。
施設を変わるって、こんなに大変なことなんだなぁ。

父の魔窟はすっかりきれいになった。
夕方、帰宅してすぐに、新しい施設で紹介されたケアマネージャーさんの事務所に電話した。すっかり、施設長さんから話が完璧に伝わっていたようで、もう担当者も決まっていた。施設長さん・・・やるなぁ。
ケアマネージャーさんとの契約は明後日に結ぶ。一緒に父の様子を見て、状況の確認をする予定だ。
そして、父の入居日が決まった。
次の土曜日だ。
荷物をどのように運ぶかの算段を夫と決めた。
・・・あとは、実行に移すのみ。
金曜日に倒れ、日曜に新しい施設を決め、月曜にケアマネージャーを決め、土曜日に入居。
これもまさに、電光石火の如く、だ。

いつも思うのだが、介護は椅子取りゲームだ。
決まった席しか、ない。
そこからはみ出ると、立っていなければならない。どこへも行き場がなくなる。
いつかいつか、そんな熾烈な椅子取りゲームをしなくてもいいようになるといいな~と心から思う。
父はたまたま、運良く施設が見つかった。受け入れてもらえた。でも、自宅と病院を行ったり来たり10年、なんて話も聞く。もっと、病のある人の行き場所があるといいなぁ。
・・・それには。
もっと国にお金がなければイカンのだろうなぁ。・・・ってことは税金がもっと高くなる、とか? いや、それは困る。
う~ん、本当に難しい問題だなぁ。


posted by プアアカハイ at 21:17愛知 ☁Comment(0)日記