無事、見送りました

皆さん、たくさんのコメントをありがとうございました。
昨日、父を無事、見送ることができました。
最後に、お棺を閉じる時、父の弾いていたウクレレを私が弾き、「Hawai`i Aloha」を歌って送りました。
あんなに泣きながらウクレレ弾いたのも、歌ったのも初めてでした。

父は兄弟の一番下で、既に兄弟は鬼籍に入っていて、元気な時から、
「こじんま~りとやってくれ。オマエ達だけでいいぞ。」
と言っていたので、私と夫、母、弟だけで静かに見送りました。
生徒さん達からは「お花を」とお気遣いいただきましたが、固辞させていただきました。
どうかお気を悪くなされませんように・・・

今朝は早くから、ためまくった洗濯物を洗い(洗濯機3回分)、山盛りのゴミを出し(今日が収集日)、母は歯医者へ行き、夫は仕事へ行き・・・である。お休みを頂いたのは私だけである。夫よ、弟よ、申し訳ない!
休みを頂いたはものの・・・父が亡くなったのが金曜日の午後で、名古屋へ連れ帰ったのが夕方、役所への届出が翌土曜日になったので、実は役所での諸手続がまだできない。
「いろいろな手続きは木曜日以降にしてください」
と、夫が死亡届を出しに行った時に役所から言われた。どうやら入力が間に合わないらしい。
う~ん・・・
せっかちな私が、今日一日を無駄にはできん。
役所以外の仕事を済ませることにしよう。・・・って、結構たくさんある。
亡くなった人の諸手続は、夫の両親で経験済みなので、「どうしよう!」「何をしたらいいの?」というのは、ない。
淡々と、粛々と進めるだけである。

夫の親のお葬式の後もそうだったが、あまり疲れてはいない。
疲れてはいるんだろうが、もっと疲れる行事やら何やらを散々やってきた身としては、これくらいは大したことはない。
早朝から洗濯物を干す私に夫が、
「アンタ・・・元気だなぁ。これがトシの差かぁ。ワシは疲れた。」
と言った。そりゃそうだろう、夫は葬儀には本当に役立つ男なのだ。かなり私にコキ使われた。

嵐のような週末だった。
それでも、過ぎてしまえば、「ああ、そうだったなぁ」となる。
しばらくは忙しいが、ボチボチやっていこうと思う。
皆さんにはご心配いただき、また心温まるお言葉もいただき、本当にありがとうございました!



この記事へのコメント