おかげさまで

結論から書こう。
父の新しい施設が決まった。
今朝、見学に行った医療系有料老人ホームが父を受け入れてくれることになった。
私と夫が安心のあまり、がく~んと脱力したのは言うまでもない。

その施設は名古屋ではない。お隣の市になるのだが、我が家からは車で30分くらいで行ける。夫の実家へ行く途中にもなるので、知的障がいのある義弟の住む夫の実家へ行く時にも寄ることができる。なんと好都合か。
周りには小学校と保育園があり、住宅と畑や田んぼが広がっている。背の高い建物も見当たらず、の~んびりした風景で、日当たりもすこぶる良好である。国道からかなり入っているので、ものすごく静かな環境だ。
・・・こんなとこに住んでいたら、ずっと昼寝をしてしまいそうである。

施設に着くと、施設長さんと介護士さんが迎えてくれた。
約束の時間よりもかなり早めだったのに、
「お待ちしておりましたよ!」
と言ってくださった。
・・・なんて感じが良いんだ。ここは良い施設に違いない、という期待も膨らんだ。
一通り施設内を案内してくださった後、面談になった。
あらかじめ昨日、電話で詳しく父の状態や問題点、困っていることなどを伝えておいたのだが、施設側は昨日の午後に早速、父の特定疾患である球脊髄性筋萎縮症について看護師やスタッフと話し合いを持ってくれていた。こういうところは、医療系ホームはやっぱり違うなぁ、と感じた。
そして、
「ご家族様のご意向にもよりますが、私どもはお受けしますよ」
と言ってくださった。
速攻で、
「お願いします!」
「ぜひ!!!」
と、私と夫が同時に叫んだ・・・。

今の父は、施設のケアマネージャーさんにお願いしているのだが、退所すると契約も切れる。
「ケアマネージャーさんを探さないといけないのですが・・・」
と言うと、
「看護師免許のあるケアマネージャーさんを探してありますよ。もし良ければ、すぐにでも手配しますよ。」
と言ってくださった。
まったく、何もかも、実に至れり尽くせりである。

そして最大の問題点は父の特定疾患(難病)認定の継続である。
今の父は医師の診察や検査が不可能な状態だ。意思が疎通できないので、検査ができない。だから、もう認定の更新はできないものと諦めていた。
施設側はその点も看護師と訪問医と話し合いをしてくれていて、
「専門医を手配するよう、手はずを整えています」
と言ってくださった。
ああ・・・なんてありがたい・・・。
特定疾患の継続ができなければ、この施設には入れないので、そこが一番心配だったのである。
しかし、それもなんとかなりそうだ。

施設長さんは、
「どの病院や施設でも受け入れ不可能な方に、なるべくご利用いただけるようにしたい」
とおっしゃっていた。
逆に言うと、あまり手のかからない方は入居できない、ということらしい。
「ええ! それなら、ウチの父にはぴったりですっ」
と叫びそうになった。言わなかったが。
確かに、人工肛門やストーマ、経管栄養、胃ろう、ALSなどの難病の方は、なかなか受け入れてくれる施設が少ない。見つからない。本当は、そういう方々こそ、自宅介護が不可能なのに。施設が必要なのに。

ありがた~い施設長さんの言葉で、がく~んと脱力し、ほっと胸をなでおろし、その施設を辞した。
そのまま父が入所している特別養護老人ホームへ行き、事情を話し、父の部屋の簡単な片付け作業をした。
入所する時は、
「コレがないと、困るんだ!」
口角泡を飛ばして要求したテレビと立派なテレビ台、加湿器を撤去した。
その他、入所して1年くらいは使っていた杖や傘立て(???)、王様のクッション(本当にこういう名前なのだ)、キッチンペーパーホルダー(オシャレだから買え、と言われた)、本、便せんやノート(どれも1ページ目だけが使われていた)、マッサージ棒(!)などなど、今の父には不要の品々を車に積み込んだ。
・・・ガラスの腰の夫も頑張ってくれた。

自宅に帰ってから、母と2人で、その不要の品々を整理したが、ほとんどが処分の対象になった。
中には、「何、コレ?」という物も少なくなく、5年もその施設でお世話になる間に、こんなに不要な品が増えるんだ~と実感した。
ここで言う不要の品々とは、
父にとっては不要だが、どこかの誰かは使ってくれそう
という物ではない。
世界中の誰もが使わないであろう品々
のことである。
例えば・・・
洋服ハンガーのフックのないやつ(どうやってそのハンガーをぶら下げるんだ???)
新聞紙を丸めてガムテープで巻いたやつ(何に使ったのか???)
電池を感知するバネのない置き時計(電池を替えてもダメ)
ガラスのない写真立て(なぜか裏側に写真を貼っている)
破れて、中身のビーズが飛び出したクッション(それをビニール袋に入れて使っている!当然、周囲はビーズだらけ)
汚物のついた座布団カバー2枚(!!!)
レンズのない眼鏡(レンズは行方不明)
・・・のような具合である。
もちろん、どれもこれも、元はちゃんとした物だった。認知症が進むにつれて、父はいろいろな物を破壊し始めた。そしてその破壊した物を処分しようとすると激高した。ちなみに眼鏡は3個破壊したし、置き時計は2個破壊している。

まだ新しい施設に入居する日程は決まっていない。
それまでに、あの父の魔窟をなんとかせねばならん。
魔窟の掃除は慣れているとはいえ・・・我が父が、認知症を所以とする破壊行動をした後始末をするというのは・・・心が痛む。
ああ、こんなこと、しちゃったんだな~
と思うと、情けなくもあり、悲しくもある。
重度認知症のご家族をお持ちの方はご理解されるだろう、と思う。

ホヌスキーさんをはじめ、皆さんにご心配いただきましたが、おかげさまで父の施設が決まりました。
元気づけてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
心配してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
しょっちゅう、いろいろな神社やお寺を巡ってはアレコレ祈っているが、そこの神様・仏様、ありがとうございました。
皆さんへの感謝を胸に、明日からの魔窟清掃に尽力するぞ!

この記事へのコメント

  • ホヌスキー

    理想的なホームが見つかって本当に良かったですね。探した甲斐がありましたね。ホッとされたのではないでしょうか?これでお父様の体調も安定に向かわれると良いですね。お掃除お疲れ様です。どうぞご自愛ください。
    2019年05月13日 09:17