メリーモナーク2019 グループ・カヒコの解説

お待たせしました! ・・・って、誰も待っていないかも。
メリーモナーク2019 グループ・カヒコの解説を載せます。

なお、これはあくまで私の個人的見解であり、私見なので、クムが意図したことと違っているかもしれません。私の「ご勝手解説」なので、どうかご了承ください。また、間違っていましたら、どうかお許しください。

また、このブログでは「-」(カハコー)が表示できないことがあります。(なぜか、たまにできる。そこがわからん。)
それも合わせてご了承ください。

では、解説にいってみよう!

1 Hālau Keolakapuokalani (Kane)
Kumu Hula Drake Keolakapu Dudoit Delaforcé
「Holo Mai Pele I Ka Hikina」

ボラボラ島を出発したペレがハワイの各島を渡り、最後にハワイ島キラウエア火山に至る旅を描いた曲群の最初の1節。おなじみのナンバーですね。
オレンジのマロ。キラウエアの溶岩を表現した色ですね。
カイ・ステップがよく揃っていますが、途中2列目のオラパが少し遅れ始めてしまいました。途中、真ん中のオラパがハクを落としてしまいました。ハクやレイ、クペエなどの装飾品を落とすと、出ない方がマシなくらい、減点されてしまいます。もったいなかったですね。ハクを落としたオラパはその後、焦ったフラになってしまいました。


2 Hālau Kala`akeakauikawēkiu
Kumu Hula Kenneth "Aloha" Victor
「Kahoupokane」

ハワイ島コナにあるフアラライ山の頂上の雪を讃えたクムのオリジナルのメレだそうです。コナのハラウらしい曲ですね。
白の巻きブラウスに白のパウ。レイはマイレとアアリイ、ハクとクペエはパラパライ。
1回目は普通に踊り、2回目は歌うという構成。カヒコにしては動きがかなり柔らかいが、よく揃っています。ステップが正確で、よく訓練されているのがわかります。オラパが全員かなり若いので、数年後が楽しみです。


3 Hālau `O Lilinoe
Nā Kumu Hula Sissy & Lilinoe Kaio
「Kaua I Ka Nani A`o Hilo」

カラーカウア王に捧げた、ハワイ島ヒロの美しさを讃えたメレですね。スタンダードなナンバーです。
赤のかぼちゃブラウスにティとハウのパウ、赤の羽根のハク、マイレとハラの実のレイ。赤はハワイ島のテーマ色、羽根は王族の象徴です。
下履きの赤いパウとハウのパウが、コアカ・ステップを踏む度に大きく開いてとても美しいです。途中から踊り遅れるオラパが出てきたのがもったいなかったです。


4 Kawai`ulaokalā (Kane)
Kumu Hula Keli`iho`omalu Puchalski
「Kaweloleimakua」

題名はカウアイ島の酋長の名前です。カウアイ島からオアフ島へ戦いに向かう船の様子を描いていますね。
紫のマロに鮫の歯のパターン。紫はカウアイ島のテーマ色です。タイガーシェル?のチョーカー。貝の種類は間違っているかも。オピヒにしては大きくて膨らんでいますね。タイガーシェルのように見えます。
オラパの体格差がほとんどなく、一体感のあるカヒコが踊れています。難しい角度や見ていない方の腕の角度までよく揃っています。船ものは迫力がありますね。良いフラです。


5 Beamer-Solomon Hālau O Po`ohala
Kumu Hula Hulali Solomon Covington
「Lei O Ha`ena」

ハワイ島ハーエナが舞台のメレ。メレに出てくるケアアウ海岸を表すため、イリイリを使っています。イリイリを使うのは、海か川の歌です。また、このケアアウ海岸はヒイアカとホーポエがフラを踊り、ペレがそれを見たという場所です。
白の半袖ブラウスに深緑のパウ。海岸に打ち寄せる波の白さを表現しています。そしてパウにはハラの木がプリントされています。カヒコでこういう近代的なプリントは珍しいですね。よく見るのは、タパのパターンやむら染め、グラデーション染めです。
マイレとハラのレイ。ケアアウの海近くにはハラの林が続いています。ハラの実は、赤・オレンジ・黄・クリームと、何色かあって、人によって違うようにしていました。ハラの実は採取してから日にちが経つと段々色が濃くなります。その実をナイフで切って花のつぼみの形にし、それを糸でつなぎます。実はこれ、作るのがものすごく大変です。(私が二度と作りたくない物の一つです)
大人数だからか、イリイリの音が乱れますね。イリイリの音がリズムよりも少し早く、走っている感じです。また、音がシャープに鳴っていません。後半、スピンターンの速度とタイミングとターン後の角度のバラツキがありました。


6 Keolalaulani Hālau `Ōlapa O Laka
Kumu Hula Keolalaulani Dalire
「Nani O`ahu Ku`u One Hanau」

題名のとおり、オアフの美しさを描いたメレ。オアフのハラウらしい選曲ですね。
黄色のパフスリーブブラウスにティのパウ。下履きは黄色のスカート。レイはマイレとパラパライとイリマ。ボリュームがあります。先代のクムの好むスタイルですね。黄色はオアフ島のテーマ色、イリマはオアフの花です。
体格差、身長差がかなりあるせいか、顔の角度のバラツキがあります。場所を讃える歌らしく、笑顔で踊っていて爽やかなカヒコです。


7 Ke Kai O Kahiki (Kane)
Kumu Hula La`akea Perry
「Kahi Keia O Ni`ihau」

亡き先代クムのオブライアン・エセル、そのまたクムのダリル・ルペヌイに捧げるそうです。ニイハウ島がテーマの曲は、案外多いです。
ベージュのマロ。ウリウリの羽根は茶系。
このハラウがこんなに早い段階で出てくるとは、驚きです。
このハラウはウリウリが得意なだけに、細部に至るまでよく揃っています。相変わらず、筋肉質のオラパが多いですね。メレはフラ・ウマウマでノホ・スタイル。ウマウマとは、「胸」のこと。胸を手のひらで叩いて音を出しながら踊るスタイルです。メレの間はウリウリは床に置いています。楽器をあまり長い時間、床に置いたままだと減点されますが、メレが短いので問題ないと思われます。非常にスピーディでありながら、胸を叩く音、上半身の角度のバラツキがありません。良いですね。このハラウらしいハードなナンバーでした。

8 Keali`ika`apunihonua Ke`ena A`o Hula
Kumu Hula Leimomi Ho
「Kai A`o Mamala」

この曲は、カヒキラウラニではレッスンの度に練習しています。が、昔、クム・レイがこれをメリーモナークでやったことがありました。その時はほとんどアミだったような・・・
このメレは、マーマラ湾(現在のホノルル港のあたり)で逢い引きしたカウアイ島の王とオアフ島の女王の愛の話なのですが、諸説あり、ハラウによってとらえかたの違うメレです。
茶のブラウスに黄色のパウ、レイ・ハク・クペエは全部マイレ。パウには茶色のプリントがあります。
ウリウリ。アウアナではウリウリを2つ使うことが多いですが、カヒコでは片手ウリウリです。ウリウリの色は茶系ですね。ウリウリのフェイスがかなり小さめ。
カイ・ステップで、足を後ろに蹴り出してしまうオラパが数人いるのがちょっともったいないですが、このハラウらしい品のある女性らしいカヒコでした。


9 Hālau Hula `O Kahikilaulani
Kumu Hula Nāhōkūokalani Gaspang
「He Mele No Kihawahine」

我がハラウ。今年はメンバーがかなり若返ってる。世代交代もハラウにとってとても大切なことです。・・・と言いながら、私と一緒に2003年のメリーモナークに出場したティフィニーが出てる。なんだか、嬉しい。
先代クムが亡くなって10年になるので、クム・レイ・フォンセカに捧げる、とアヴァプヒがインタビューで言っていました。クム・レイが得意なパフフラです。
キハワヒネとは、マウイ島の女王の名前です。彼女の父親は偉大なピイラニ王、母はラーイエロヘロヘ(ラーイエイカヴァイの双子の姉)です。祖先にトカゲの神様がいることから、衣装の巻きブラウスはトカゲのテーマ色である黄色。パウとハク、クペエはハウ。ハウのパウやハクは作るのがものすごく大変です。私の、二度と作りたくない物の一つです。
レイは赤と黄色のレイフル。
パウが床に付くまで確実にダウンしています。基礎技術の高さが見えますね。
見ていない方の手もよく揃っています。トカゲのモーションが独特ですね。
トカゲのモーションでかなり頭を下げるのでヒヤヒヤしましたが、誰もハクを落としませんでした。古代ものなので、髪をサイド・アップにしていません。こういう髪だと、ハクをピンで止められないので、本当に緊張します。うまくいって、ホッとしました。地元ヒロのハラウなだけに、声援もひとしお大きかったですね。


10 Hālau Hi`iakaināmakalehua (Kane)
Nā Kumu Hula Robert Ke`ano Ka`upu IV & Lono Padilla
「Kahu Ka `Eha I Ka Imu Kai Ko`o」

カメハメハ4世作のメレ。ラブソングですね。
レッド・ダートのようなエンジ色のマロ、レイはマイレ、ハクとクペエはパラパライ。ウリウリです。羽根はエンジ色。
ノホ・フラです。よく揃っています。歌声も割れていません。少人数なので割れにくいとはいえ、案外難しいものです。


11 Hālau Hula Ka Lehua Tuahine
Kumu Hula Ka`ilihiwa Vaughan-Darval
「Kaulilua」

スタンダードなパフ・フラのナンバーです。私も先代クムから習いました。
カウアイ島ヴァイアレアレ山の頂上の、凍えるような寒さを描いています。レフアの木(オヒア)は寒さでねじくれて、枯れ木にはコケがついている様子が描かれています。
水色のかぼちゃブラウスに同色のパウ。パウの裾にはこのハラウの紋がグレーでプリントされています。黄色の羽根のハク、レイとクペエは白い貝のようです。木の実かもしれません。ちょっとよく見えません。
とても丁寧に、正確に踊っていて、好感が持てます。
このメレでこういう衣装は初めて見ました。大抵は紫か白のコスチュームに
マイレラウリイのレイだったりします。


12 Hālau Kekuaokalā`au`ala`iliahi
Nā Kumu Hula Haunani & `Iliahi Paredes
「He Inoa Keia No Kapi`olani」

カラーカウア王の妻、カピオラニ女王に捧げたメレ。ハワイ島ヒロの南にあるパナエヴァに住むラーイエイカヴァイの高貴さをカピオラニ女王に喩えています。
ラーイエイカヴァイはパナエヴァ地区のパリウリという所に住んでいて、なんと!大群で跳んでいる黄色の鳥の上に座って過ごしているという女神です。
黄色のヨーク付きスタンドカラーブラウスに赤のパウ、レイとハクはパラパライ。ククイのレイもしています。ブラウスの黄色はラーイエイカヴァイを、スカートの赤は王族を表していますね。クペエは白のハウ、スカートの下履きも白ハウです。ウリウリの羽根は赤と黄色。
またもやウリウリのナンバーです。
ノホも取り入れて面白い構成になっています。人数は多いですが、クイの音もよく揃っています。一体感のある爽やかなフラですね。良かったです。


13 Hālau Hula `O Kahikilaulani (Kane)
Kumu Hula Nāhōkūokalani Gaspang
「`O Puna Lau Momona」

カメハメハ1世を讃えたメレ。ヒロを含むハワイ島東側の雨や風、花のすべてはカメハメハの力のおかげ、と表現しています。
かなり長いカラーアウを持っています。
赤のマロ、レイ・ハク・クペエはパラパライ。
今回、カラーアウはカヒキラウラニだけでした。これだけ長いと、角度を合わせるのが難しいので得点が上がります。今回は若い世代がずいぶん入ってきて世代交代を進めているようですが、私の見間違いでなければ、ノエアウが出ていたような。ラムジーは前列の真ん中。ドリューは前列の角、エルアは2列目の角。上手(かみて)から出てくるのは珍しいです。
カラーアウの音がよく合っています。足の角度とカラーアウの角度をよく合わせています。アミ・ククもよく揃っています。カイで一人が出遅れましたが、その後は何の問題もなく踊れていました。
古代物らしく、ロングヘアーをまとめず、髭をたくわえたままでした。そう、カメハメハ1世時代はまだ、髪をココにする習慣がなかったのです。カヒキラウラニはロン毛率が高く、見方によってはキリスト様が一杯・・・みたいですが。インタビューに答えていたマヒも髭を伸ばしていましたね。
最後のホイは圧巻でした。カヒキラウラニらしいカヒコでした。


14 Kawaili`ulā
Kumu Hula Chinky Māhoe
「He Mele No Kanaloa」

カナロア神を讃えています。カナロアは、ポリネシア固有の海の神様。似たような名前でニュージーランドまで渡っています。確か、タコの姿をしていたはずです。
白の巻きブラウスとパウ。パウには「鮫の歯」「波」「ウニ」のパターン。レイ・ハク・クペエはパラパライ。
パフ・フラです。
このハラウらしい印象に残るモーションが多用されています。全体によく揃っていますが、2列目のオラパが顎を出したまま踊っているので、顔の角度が合いません。


15 Hālau I Ka Wēkiu
Nā Kumu Hula Karl Veto Baker & Michael Casupang
「`Alekoki」

アウアナの方で有名なナンバーですが、実はカヒコにもなっています。確か以前、テレビ放送の案内役マヌ・ボイドのハラウもメリーモナークでこれをやっていたと思います。
ハワイ王国6代目の王ルナリロの作。カメハメハ4世と5世の妹ビクトリア・カママルとの結婚を反対されたルナリロは激しい失望の中、このメレを書きました。当時、ハワイ王国始まって以来の大スキャンダルだったのです。
青のパフスリーブブラウスとパウ。レイはイリマ?コウ? ちょっとよく見えません。ハクとクペエはパラパライ。
かなりの大人数ですがよく揃っていて一体感があります。偶数列と奇数列のダウンとアップの入れ替えは見事ですね。アイカヴェル・ステップが多用されていますが、前後の歩幅と移動距離がよく揃っていてバランスが良いです。こういうところは基礎技術の高さを感じます。身長差がかなりあるメンバーですが、大人数の一体感があってとても良かったです。


16 Kawaili`ulā (Kane)
Kumu Hula Chinky Māhoe
「Maui Nui A Kama」

マウイ島の偉大な王カマララヴァルを讃えたメレ。ちなみにカマララヴァルは、マウイ島の有名な王ピイラニのひ孫に当たります。
鳥のマントを着た男性とカヒリを持った女性に先導されてオラパが登場。なかなかドラマチックです。
白のマロ。人によってパターンが違う。鮫の歯かプアアの歯のチョーカー。貝じゃないと思うのですが・・・。ハクとクペエは枯らしたティかもしくはレッド・ティだと思います。
カイは全部クイ・ステップ。メレも全体にクイとウリリ・ステップが多用されていて迫力があります。クイの足の高さが揃っていて見事。構成がかなり独特なので、審査員の好みの分かれるところでしょう。このハラウはここ数年、オラパの入れ替わりがあまり見られません。だからこその構成かもしれません。


17 Hālau Nā Mamo O Pu`uanahulu
Nā Kumu Hula William Kahakuleilehua Haunu`u "Sonny" Ching & Lōpaka Igarta-De Vera
「No Ka La`i Awakea」

独創的はフラを見せてくれるハラウですが、今年はトラディショナルです。ハワイ王国6代目の王ルナリロを讃えたメレ。クムもインタビューで答えていましたが、カラーカウアやカメハメハ、リリウオカラニを讃えた歌はよくメリーモナークで踊られるが、ルナリロは少ない、と。確かにそうですね。これを機会に、歴史に興味を持つ人が増えるといいですね。
白の長袖ビクトリアブラウスと白のパウ。パウにはクリーム色のプリント。レイは黄色のロケ。
身体や手、顔の角度の細部にわたるまでよく揃っています。品の良い感じに仕上げたカヒコです。このハラウにしては少人数のように思いましたが、それがかえって品の良さにつながっていたように思います。


18 Hālau Hula Olana
Nā Kumu Hula Olana, Howard Ai, Shelsea Ai Apana
「No Luna I Ka Hale Kai No Ka Ma`alewa」

スタンダードなナンバーです。どのハラウでも練習しているであろうメレですが、メリーモナークともなると、かなり難しくなっています。
ペレものの代表作。今年はなぜか、ペレものが少ないように思います。
諸説ありますが、ペレが溶岩を流す様子を描いています。
赤の巻きブラウスにチャコールグレーのパウ。赤はハワイ島と火の色、グレーは固まった溶岩台地の色です。くすんだ赤のマロも付いています。下履きは赤のスカート。レイ・ハク・クペエはパラパライ。
カイではアミの回転が合わないオラパが2人いましたが、メレではよく揃っています。アップとダウンの対比も美しい。スピンが多く、終盤はスピンの角度が合わないオラパが出てきてしまいました。


19 Hālau I Ka Wēkiu (Kane)
Nā Kumu Hula Karl Veto Baker & Michael Casupang
「Maika`i Ka `Oiwi O Ka`ala」

カラーカウア王に捧げられたラブソングです。このメレもよくメリーモナークでは見ますね。
ティのパウ、下履きは黄色のマロ。ハクはパラパライ、レイはマイレとパラパライ。
今年は少人数ですね。ソルが前列真ん中で踊っています。少し世代交代したのでしょうか。
分量の多いティのパウです。これはたぶん、ティ・リーフを200枚以上使っていると思います。私が大体100~120枚、ハワイの女性だと150枚くらい。200枚だと、重さは4キロを超えます。スピンやターンをすると振り回されるので、実はティのパウは踊るのがハードなのです。基礎技術が高くないと、なかなか難しいです。・・・というパウを履いていると、アミの揃い具合がよくわかります。このハラウのアミはよく揃っているので、良いアピールになりますね。ホオイポイポのメレなので、途中テンポが急に遅くなったりしますが、それにもよく対応しています。よく鍛えてあるな、という印象です。


20 Ka Lā `Ōnohi Mai O Ha`eha`e
Nā Kumu Hula Tracie & Keawe Lopes
「Ka Nani I Kumukahi」

ハワイ王国8代目の女王リリウオカラニに捧げた曲。ここまでリリウオカラニものはなかったような・・・珍しいですね。
クムカヒは、ハワイ島の東にある岬の名前です。ハワイ諸島の中で一番東にあるハワイ島の、東の端にあるクムカヒ岬なので、太陽がハワイの中で一番最初に照らす場所ということになります。その太陽の昇る聖なる場所はハエハエという所で、このハラウの名前にもなっています。ちなみに昔、私が住んでいた住宅街の近くだったので、ちょいちょい行きましたが、今は灯台が建っていて、付近は牧場になっています。
白の長袖スタンドカラーブラウスとパウ。パウは裾に向かって黄色のグラデーションになっています。たぶん、「サンライズ」を表しているのではないかと思います。レイ・ハク・クペエはパラパライ。
3人ほど、ハクに使ったパラパライが縮れて変色していました。あまりフレッシュな葉を使わなかったのかもしれません。
スピーディなカイですがエナジーたっぷりに踊っていて良いです。メレで下手(しもて)のオラパが1人踊り遅れてしまいました。揃ったフォーメーションは美しかったですが、なぜか小柄なオラパの移動距離が長くなっていて、移動に苦労している様子が見ていて感じました。体格差や身長差のあるハラウはこういうところが大変ですね。


21 Hālau Ka Liko Pua O Kalaniākea
Kumu Hula Kapua Dalire-Moe
「E Pi`i I Ka Nahelehele」

ヒューエット氏の作。マイレ、レフア、アアリイ、クプクプの繁るマウナロアの自然の美しさを描いています。
白の巻きブラウスに白のパウ。パウの裾には「山」のパターン。ベルトはティ。レイはアアリイとマイレ。ハクはクプクプ。
クプクプというのはシダの一種ですが、軸が柔らかいわりに、ポキンと折れてしまうので、編むのは大変です。
装飾品をすべて、メレの内容に合わせてきましたね。
パフ・フラです。
ヴァンプのタイミングがよく揃っていてエナジーを感じます。ただ、顔と身体の角度が合わないオラパが2列目にいます。また、笑顔で踊るオラパと真顔のオラパがいます。後半に進むごとに迫力を増していく構成になっていました。


22 Hālau Nā Mamo O Pu`uanahulu (Kane)
Nā Kumu Hula William Kahakuleilehua Haunu`u "Sonny" Ching & Lōpaka Igarta-De Vera
「Kupa`a `Oia`i`o Me Ka Lahui」

リリウオカラニの作。ハワイの人々の文化や美しい土地を大切にしていこう、という考えから作られたメレです。
白いハウのパウ、ハク、クペエ。レイはマイレ。
ウーリリという楽器を持っています。これは3つのラアミアの実をつなげていて、真ん中の実の穴から紐が出ています。それを引っ張るとウリウリのような音がします。何年かに一度、メリーモナークでは見ます。
正確なステップです。少しアミの完成度に差がありますが、気になるほどではありません。ウーリリの紐をつかみそこねたり、紐を引き遅れている人がいる、と思って、よく見ていたら・・・最終ラインのオラパの1人のウーリリが壊れていました! これは・・・ショックでしょう。やってる最中に壊れたものと思いますが。
ウーリリは、前述のとおり、真ん中の実には穴が空いていて、そこからは紐が出ています。その紐を引っ張ると音が鳴ります。で、紐を持った手の力を緩めると勝手にその紐は穴の中に戻っていくのですが・・・このオラパの紐が戻らなくなってしまいました。だから、引っ張ったふりをしたり、長くだら~んと垂れ下がってしまった紐をつかみそこねる、ということを繰り返していたのだろうと思います。ずっと、紐が出っぱなしになってブラブラさせたまま踊っていました。これは・・・かわいそうです。
フラそのものがよく揃っていただけに、もったいなかったです。


23 Hālau Mōhala `Ilima
Kumu Hula Māpuana de Silva
「Ka Lae `O Alala」

アラーラはオアフ島カイルアにある岬の名前です。
赤のかぼちゃブラウスに同色のパウ。パウには黒で「波」のパターン。
レイはマイレ、クペエはパラパライ、ハクはパラパライとアアリイのように見えます。1人だけイリマのレイをしています。また、出てきた時から2人のマイレが結んでいません。他のオラパはマイレを結んでいます。何か理由があるのだろうか。ちょっとわかりません。
フォーメーションは波形。隣のオラパと遠くなるので、合わせるのが案外難しいです。全体によく揃っていて、このハラウらしい品のあるカヒコ。ホイが一体感があって美しい。いつの間にか塊になっていて、いつの間にか移動している。このさりげなさは真似してみたいところです。


24 Hālau O Ka Hanu Lehua
Kumu Hula Kamaka Kukona
「Hanohano `O Maui Nui A Kama」

このハラウのクムのオリジナルのメレだそうです。マウイの美しさ、とりわけ、小川の水のきれいさとその景色の美しさを描いています。
小川のイメージでイリイリを使います。
水色のビスチェブラウスにティのパウ。水色と茶色の「島」パターンのベルト。ハクとレイはマイレ。レイは茶色のククイ。クペエはパラパライ。下履きは水色のスカート。
イリイリの音量も十分、音もよく揃っていて見事です。かなりの大人数にもかかわらず、ステップ、イリイリの音に乱れがない。アミやオニウという、ティのパウを履いていると揃えにくいステップもよく揃えてきています。後半、ノホの難しい上半身の角度も合わせています。ホイでは後ろ向きに進むカホロを踏むオラパがいたが、ぴったりの場所まで移動できた。これはなかなかできない。これはかなり減点が少ないでしょう。良いフラでした。


25 Hālau Kekuaokalā`au`ala`iliahi (Kane)
Nā Kumu Hula Haunani & `Iliahi Paredes
「Ku `Oe Ko`u Wahi `Ohelo Nei」

イーディス・カナカオレの一族で昔から伝わってきたメレ。漁師歌と言われることもありますが、男性の性愛のメレです。確か、最後は鮫に襲われる、という内容だったと思う。これはもちろん、本当の鮫ではありません。
オーヘロ・フラは、手や足を、木を切るような往復の動きをするのが特徴です。
紺色のパターンのパウ。クペエはハウ、ハクはパラパライ。レイはオレンジの花ですが、イリマなのかコウなのか、違う花なのか、見えません。
オリは1人だけ。審査員の好みの分かれるところです。
パフ・フラ。去年に引き続き、パフが多いですね。
前半はノホ。オーヘロ独特のノコギリ引きポーズが多用されている。全体によく揃っているが、上手(かみて)のオラパ2人の上半身の角度が合わない。
かなりハードなノホで迫力がある。ホイの最後までキレがよく、迫力がありました。


26 Hālau Hi`iakaināmakalehua
Nā Kumu Hula Robert Ke`ano Ka`upu IV & Lono Padilla
「He Kau No Hi`iakaikapoliopele」

ペレもの。カウアイ島の王子ロヒアウを溶岩で襲うという内容。
赤のかぼちゃブラウスとパウ。パウには黒で「山」のパターン。
下履きは黄色のパウ。クペエはパラパライ。ハクとレイはパラパライに何か黄色の花のようなものが入っています。ママネの花かな? 小さくてよく見えません。
このハラウにしては少人数です。スピーディで迫力たっぷりのカヒコ。この速さの中、タイミングと角度がよく揃っています。移動距離も長い。この移動距離は案外、得点に結びつきます。ホイの最後まで難しい構成でしたが、よく合っていました。良かったです。


27 Hula Hālau `O Kamuela
Nā Kumu Hula Kau`ionālani Kamana`o & Kunewa Mook
「`O Lono `Oe」

ロノとは、ポリネシアの神で、豊穣を司っています。ロノを祭るため、マカヒキ(豊穣の祭り)が毎年行われていました。
イリイリで雷の音を表現するようです。今年はイリイリが多いような・・・。
白のかぼちゃブラウスとパウ。パウには茶色で「山」「葉」のパターン。
ハク・レイ・クペエはパラパライ。
かなりの大人数。これだけの人数だとイリイリの音を合わせるのが大変だが、見事に合っている。また、二手に分かれて歌うオリもまったくズレることなく揃っている。これは素晴らしい。
イリイリの音、ステップ、ノホの上半身、バックベント等、全部が美しく揃っている。これは減点がものすごく少ない。・・・というか、ものすごく加点もされそう。マカヒキの喜びを表した表情(笑顔)も良い。中盤の輪唱コーラス、時間差のバックベントも大変美しい。
ここ数年のこのハラウのカヒコの中でピカイチじゃなかろうか、と思う。


28 Ka Leo O Laka I Ka Hikina O Ka Lā (Kane)
Kumu Hula Kaleo Trinidad
「Ka Ua I Hamakua」

これは懐かしい。私も先代クム・レイ・フォンセカから習いました。ジョージ・ナオペ系列のハラウの十八番です。このハラウは系列は違いますが、メリーモナーク・フェスティバルはジョージ・ナオペとアンティ・ドッティが始めた祭典なので、敬意を表したのでしょう。
ハーマクアは海岸の名前で、カメハメハ1世が戦い、最初に統治した地区の下に広がる海岸です。カメハメハ1世に捧げるフラ・マイ。フラ・マイとは、子孫繁栄を願ったメレの総称です。
黄色と水色の大きなマロ。レイ・ハク・クペエはパラパライ。
ウーケーケーという楽器を持っています。マロの内側にはウーケーケーのケースを挟んでいますね。
ウーケーケーは見たことがない人がほとんどだと思います。これは厚みの薄い平たい棒状の板に、何本かの糸が取り付けてある楽器です。その板の端を口に挟み、爪楊枝のような細いスティックで糸をひっかいて音を出す、というものです。19世紀のオリジナルがビショップ・ミュージアムにありました。普通はこのような板状なのですが、古代では弓状になったウーケーケーもありました。最終ラインの数人が弓状の物を振り回していましたが、これが古代のウーケーケーです。
大人数ですね。オリはフラ・マイらしく、色気があります。
フラ・マイはアミやアミ・ククが多用されますが、大きなマロだと、その揃い具合がよくわかります。このハラウはよく揃っていて、良いアピールになっていますね。ウリリ・ステップも多用されています。ウリリの音もよく揃っていて素晴らしい。減点が少なそう。とても良かったです。
私が習った振り付けも、これと大変よく似ています。途中でイヤになるほどハードでした。


29 Hālau Ka Lei Mokihana o Leinā`ala
Kumu Hula Leinā`ala Pavao Jardin
「He Ma`i No Kawelo」

なぜかここに来て、フラ・マイが続きました。
17世紀のカウアイ島の酋長カヴェロの子孫繁栄を願っています。
茶のビスチェブラウスにニウ(ヤシ)のパウ。下履きは白と赤のパウ。レイは赤いレイ・フル。ハクとクペエはパラパライ。
例年よりオラパの数が少ないように思います。
フラ・マイが続きましたが、こちらはアミだけでなくオニウも多用しています。ニウのパウは、ティのパウよりも葉が堅いので、ひらひらせずにスパッと流れを示します。よく揃っていることが一目でわかるパウです。途中テンポが速くなりましたが、アミの乱れもなく、本当によく合っていてお見事です。体格差があまりないのか、アミの直径もよく揃っていて迫力があります。細部までよく訓練されているのがわかります。とても良かったです。


はぁ・・・
疲れた。
実は、いまだにプログラムが手元に届きません。
このブログを読んでくれている皆さんにはずいぶんご心配いただきましたが、なんとかプログラムなしでも解説できました。今年は知っているメレやテーマが多かったので、助かりました。
明日のアウアナはどうなることやら。知っている曲が多ければ早く書けるのですが・・・。
こんなこともあるのだから、日頃から知識を蓄えておかねば! と改めて感じてます。 ←ちょびっと反省

ではまた明日、お時間のある方はこのブログを覗いてください!
おやすみなさい~

この記事へのコメント

  • メリモファン

    全員マイレを斜めがけしてレイを結んでいないオーラパ2人はもしかしたらベビーがお腹にいるのかも?と思いながら見ていました。
    2019年04月30日 01:35
  • ももまま

    お陰様でより深く楽しめました。

    カヒキラウラニ、おめでとうございます㊗️
    2019年04月30日 12:14