今年の集大成の・・・

私は毎年、クリスマスには気合いの入った料理を作ることにしている。
元々、料理はかなり好きなのだが、何週間も前からクリスマス料理の内容を考えている。
何を作るかを考えるのが、まことに楽しいのだ。私の創作能力を全開にして考案する。

今日は朝から、台所は私の独壇場となった。
今回のクリスマス料理は、
・前菜
・スープ
・メイン
の3種類。
そのうち、前菜は朝から仕込まねばならないので、朝10時から(!)台所に陣取った。
ちなみに昨日の冬至料理もかぼちゃのコロッケで、朝から仕込みをしていた。ついでに毎年恒例の松前漬けも漬けたので、昨日も一日中、台所にいた。
う~ん・・・二日間かぁ。

では、今年のクリスマス料理を写真付きでご紹介します。

・前菜 「野菜とスモークサーモンのテリーヌ」
2018クリスマス3.jpg

「こんなもん、家でできるの?」と思われるかもしれないが、これは面倒なだけで、難しい料理ではないのだ。
長方形の型にラップを敷き、底にスモークサーモンを敷き詰める。
その上に、湯通しした白菜の緑の葉の部分を型からはみ出すように敷き、細かく切った茹でブロッコリー、赤と黄色のパプリカ、茹でセロリ、茹でかぼちゃ、茹で人参をぎゅうぎゅうに詰める。で、コンソメスープにゼラチンを溶かし込んだゼリー溶液を流し込む。はみ出た白菜で蓋をするようにくるみ、ラップでぐるぐるに巻いて冷蔵庫で冷やす。食べる直前に切る。・・・だけなのだ。
今回は塩気が遠目だったので、オリーブオイルにパセリのみじん切りと塩を和えたソースをお皿の周りにぐるりと置いた。
見た目の美しい、クリスマスらしい前菜になった。

・スープ 「かぼちゃと人参のポタージュ ~人参のお星様付き~」
2018クリスマス2.jpg

見た目はドラゴンボールみたいだが・・・
栗かぼちゃを使ったので、かなり甘い。味付けはハワイのアラエ塩とコンソメを少しだけ。無水鍋で水を鍋底から1センチだけ入れて柔らかく煮て、ミキサーで材料を粉砕。水と牛乳を加えながら濃さを調節した。

・メイン 「長崎県産和牛のローストビーフ 柚みぞれソース添え ~マッシュポテト付き~」
2018クリスマス1.jpg

良いお肉のローストビーフはクリスマスの度に作るのだが、今回の牛もも肉の塊はまんまるっちかった
私はローストビーフを無水フライパンで作るので、肉の高さがありすぎると、蓋がうまく閉まらない。今回はぎりぎり、蓋がちょこっと浮いた。だから、蓋をして熱を通すのがどうしても不十分になる。いつもは火を切って蓋をして熱を通すのだが、今回は加熱したまま蓋をして、温度を保つのに苦労した。火が通り過ぎるとパサパサになるし、火が通らなくて赤身が多すぎると「けもの臭く」なる。様子を見ながら肉を突っついて、「経験」だけで仕上げた、という感じだ。
ソースは母も夫もあっさり好みのため、和風。柚胡椒やわさび、鰹だし、昆布醤油、柚の絞り汁を使っている。

デザートは・・・ない。
私が力尽きたからではない。
これだけ食べると、デザートを食べる余力がないのである。
クリスマスケーキは明日。夫が買ってきてくれる。
どんなケーキかなぁ。
楽しみだなぁ~

この記事へのコメント