一体感を出すには

ホヌスキーさん、いつもコメントをありがとうございます!
グループ・フラで、どのように一体感のあるフラにするか・・・
私はいつも、どうやってそれを生徒さん達に教えているか・・・
整理して考えてみました。

まず、一番にお伝えしなければならないのは、一体感のあるフラが踊れるようにするには、
先生主導の方法
が最も多い、ということです。
「先生」が主導するのが、一番効果があり、その方法もたくさんあります。
一方、生徒主導で一体感のあるフラを踊ろうとするのは、不可能ではありませんが、その方法も少なく、難しいです。

「先生」が主導して、一体感のあるフラを踊るには・・・

・「角度」と「タイミング」を合わせるよう指導する。
1曲を通して全部が一糸乱れぬ揃ったフラをするのは非常に難しいです。もちろん、そういう技術を持った教室やクラスもあるでしょうが、それにはメンバー全員の技術レベルがほぼ同じでないと難しいです。各自の練習時間や環境、体格差や身長差があると、一糸乱れぬフラというのはなかなか踊ることができません。
技術レベルがまちまち、体格差もある、練習時間もあまり確保できない・・・となると、「多少乱れてはいるが、それなりに一体感を感じさせるフラ」を目指すのが得策です。
「多少乱れてはいるが、それなりに一体感を感じさせるフラ」にするには、なんと言っても、「角度」と「タイミング」です。
このタイミングで手を上げる、このタイミングで身体の向きを変える、このタイミングで踏み出す、など、まずはタイミングを合わせます。
それができるようになったら、「角度」を合わせます。
手のひらの角度、二の腕の角度、顔の角度、身体の角度、などを合わせます。
それにタイミングを合わせ、このタイミングでこの角度に顔を合わせる、このタイミングでこの角度に身体の向きを変える、と、「タイミング」と「角度」を合わせます。

・「ここ」を合わせてほしい、と合わせる所を明確に指導する。
前述の「タイミング」と「角度」を合わせるのに、1曲をとおして全部を合わせるのは難しいです。もちろん、合えば最高なのですが・・・そんなのはメリーモナークのレベルです。
・・・であるならば・・・
「ここ」と「ここ」と「ここ」は合わせましょう! のように、「絶対に合わせてほしい所」を明確に先生が決め、生徒に指導するのが得策です。
私はいつも、「ここだけは合わせて~!」と指導しています。その、「ここだけ」を合わせるだけでも、相当、一体感が出せます。

・「枠」を崩さないように指導する。
踊っているグループの、「枠」が崩れると、一体感は出せません。
四つ角を踊るメンバーの腕にかかっています。この四つ角のメンバー(4人)が、きちんと「自分の位置」をしっかり守って踊れば、「枠」は崩れません。
よく、最前列に上手なダンサーをまとめて配置するグループを見かけますが、重要なのは最前列が上手いかどうかではなく、四つ角がどれだけ位置を守れるダンサーであるか、の方がずっと重要です。
要するに、「上手いけど位置がずれる」というダンサーは四つ角には適しません。逆に、「たまに踊りを間違えたりはするけど、絶対に自分の位置を守れる」というダンサーの方が、四つ角には適しています。
また、3列以上の大人数で踊る場合は、2列目が最も重要になります。
1列目が上手(かみて)の方にずれていってしまった、とします。その場合、2列目はどうするか? 正解は、「それでも2列目は、ずれてはいけない」です。もし2列目も1列目に合わせて上手(かみて)方向にずれていってしまうと・・・当然3列目や4列目もずらさねばなりません。そうすると、「枠」が守られなくなります。枠全体が上手(かみて)に寄って踊る・・・という、人口密度バラバラの恐ろしいフラになってしまいます。そのようなことから、大人数のグループの場合は、四つ角だけでなく、2列目も「自分の位置を守れる人」にする必要があります。
ダンサーの並び順は先生が決めるのが普通なので、先生はそこらへんを調整しながら「枠」を作ります。そして、四つ角を踊る人や2列目のメンバーには、「いかに自分の位置を守るかが重要」ということを繰り返し指導します。その「枠」がしっかりすれば、一体感のあるフラが踊れるようになります。

・メンバーを鼓舞させる
「?」と思われるかもしれませんが、これ以外の言い方が見つかりません。
イベント当日に向かって、ダンサーの気持ちをどんどん盛り上げていきます。
グループで踊る楽しさを感じていただき、グループのフラとしての美しさをきちんと伝えます。
「ここをこうすると、お客様からきれいに見える」「ここを一番繊細に踊る」など、具体的に、「お客様から見た美しさ」を説明し、その部分を繰り返し練習します。
「お客様から見た美しいところ」と「踊る人が感じる美しいところ」は案外、違うものです。メンバーを半分に分け、片方に踊ってもらい、片方がお客さんの役をしてもらうと、お客様がどこを見ているか、どこで美しさを感じるかがわかります。
「お客様目線」を意識しながら指導していくと、「お客様にフラの美しさを見てもらいたい!」という気持ちが高まります。

・・・と、ここまでは、先生が指導することによって、一体感のあるフラを作っていく方法。
ここに書き切れませんが、たくさんの方法があります。
一方、生徒さん達が主導して、一体感のあるフラを作るのは非常に難しいです。
難しいは難しいのですが、不可能ではありません。
私の生徒さん達は、次のようなことをしています。

・「基準」を決める。
普通、ハワイのハラウでは、「基準」になるダンサーがいます。
私のクラスでも、「基準」を決めています。「基準」は、1列目の上手(かみて)の角の人です。
振り付けによっては1列目の真ん中の人になることもありますが、9割以上は「最前列・上手(かみて)・角」の人です。
列のラインやステップ、腕を含む上半身の動きはすべて、この「基準の人」に合わせます。
2列目の上手(かみて)の角の人は、その「基準の人」に合わせます。3列目の上手(かみて)の角の人は、その2列目の人に合わせる・・・というように、各列すべてが一番上手(かみて)の人を基準にします。
踊りも位置も、全部、その列の一番上手(かみて)の人に合わせて踊ると、かなり一体感が出せます。その各列の一番上手(かみて)の人は、最前列の上手(かみて)の角の人を基準にしているわけですから、この「基準の人」というのが最重要人物(!)になります。
その「基準」に合わせることに努力するのは、生徒さんみんなで取り組めます。
とにかく、自分の左にいる人に合わせていく、という練習をしていくと、自然に一番上手(かみて)の人に合っていきます。
まずは、自分の左の人に合わせていきましょう。
私のクラスでは、ベーシック・ステップの練習の時から、左の人に合わせるようにしています。

・前後左右を「察する」。
隣との間隔だけでなく、ステップの歩幅や手のモーション、腕の高さなど、隣の人を察しながら踊る努力をします。
フラは、見るべき場所を見て踊るわけですが、そんな時にも視界の端を気にしながら踊ります。そして何気に隣の人を察するわけです。
これは、長く一緒に練習しているメンバーには難しいことではありません。メンバーが入れ替わり立ち替わり、というクラスだと、難しいかもしれません。
しかし、たとえメンバーの入れ替わりが激しいクラスでも、元からいるメンバーの方が多いでしょうから、その元からいるメンバーの中に包括する、という考え方で、「みんなと馴染んで踊っていく」という練習をすると良いと思います。
「馴染む」というのは、プライベートに踏み込んだり、仲良くなったり、ということではなく(もちろん、仲良くなれれば最高です)、一緒に踊るということに慣れてもらう、ということです。レッスン中は、お互いに「仲間」という意識が持てれば、馴染んだ踊りができるようになります。「仲間」の意識が生まれれば、前後左右を察することができます。

・注意事項を共有する。
先生にフラのことで質問する時、みんなのいる場所、みんなが聞ける環境で尋ねましょう。
レッスンの休憩時間やレッスン後に、先生に個人的に質問するのは悪いことではありませんが、その教えてもらったことをメンバー全員で共有するのが難しいです。もう帰ってしまっている生徒さんもあるでしょうし、トイレに立っている生徒さんもいるかもしれません。ぜひ、船員のいる場で、みんなでその情報が共有できる環境で質問してください。
だいたい、1人が疑問に思うことは、他の人も疑問に思っています。みんなで、「なるほど~!」となると、それだけでも一体感が出ます。そして、「よしっ! 頑張ろう!」と、みんなで感じることができます。

・・・生徒さん主導だと、できることはこの3点かと思われます。
特別に自主練習しなくても、普段のステップの練習から左の人に合わせる努力をし、隣の人を察しながら踊っていけば、それだけでも一体感は出せます。
練習時間が長いから一体感が出せるのか、と言えば、決してそうではありません。
私のクラスもカルチャー教室ですから、練習時間は限られています。しかし、限られていると、逆に集中力が出ます。
一緒に練習できる時間が少なくても、一体感を出すことはできます。(と思っている)
ちょっとした意識でずいぶん変われるものですよ。

長文になってしまいましたが、少しでも参考になれば嬉しいです!








この記事へのコメント

  • ホヌスキー

    大変的確なご指示をありがとうございました。目からウロコです。一体化を出すには、ただ漫然と回数を練習すればいいわけではないのですね。仲間で練習してるうちに自然と一体感が出てくるのかと思い、自主練のことをお聞きしましたが、全く別の肝があったとは。そういえば私の先生もタイミングと角度を良く指摘します。できてるつもりでスルーしがちでしたが、これからは十分注意して踊ります。あとは枠を守る、前後左右を察することですね。ともするとセンターになれなかったら、あとはそこそこ周りに合わせて踊る感じでしたが、大きな勘違いでした。それぞれに持ち場がある、それを守ることをさっそく実践してみます。ありがとうございました。
    2018年10月19日 09:33