抜糸

昨日、無事に抜糸した。
私は傷口を見ていないのだけれど(後ろの首なので、見えない)、医師や看護師の談によると、「ものすごくキレイだよ!」だそうだ。
今朝、貼ってある絆創膏のあまりのかゆさに、ちょびっと、めくってみた。
母曰く、「赤くもなってないし、もう肌色だよ。ケロイドにもなってないし、伸びたら、髪の毛に隠れるよ。」らしい。
そう、私がケロイド体質でないのは、26年前の手術で実証済みだ。
医師は抜糸する時、
「痛いからねぇ~ 我慢してね~ はい、リラックスして~」
と言ったが、私にとってはサージカル・テープのかゆみの方がひどかったので、ちっとも痛くはなかった。
「あと、1針分ね~」
と、イチイチ実況中継してくれるが、こちとら、痛みも恐怖もない。ただただ、かゆいのだ。

「かゆい」というのは、「痛い」よりも耐えがたい。
昔、中世ヨーロッパで行われていた拷問にも、「くすぐりの刑」というのがあったらしいが、それは大いに理解できる。
実に、かゆみと戦った12日間だった。

青々と剃り上がっていた頭部面積の4分の1は、既に「つまめる」くらいの髪が生えてきている。
なんとなく、カワイイ手ぬぐいで覆ってはいるが、見て気がつかない人もいるだろう・・・ぐらいの感じになっている。
傷がキレイにひっついたのも、髪が順調に伸びてきているのも、すべては母の作る「タンパク質豊富な食事」のおかげだ。太るかもしれんが、フラ・ダンサーにとっては、太ることよりも髪の毛の方が大事なのである。フラは、「太ってもいい唯一の芸術的舞踊」だ、と私は思っている。
とにかく、傷の治りも髪も順調だ。

さて、今週末は新潟へ出張だ。
ANAホテル新潟で行われる「ホテルで楽しむハワイアン」のMCをする。
毎年、この行事を楽しみにご来場くださるお客様方に会える。それは私にとっても、大きな楽しみの一つだ。(新潟のお米も楽しみだ)

髪の毛はこんなんだけど、幸運なことに、残り4分の3の頭部面積にはたっぷりと1メートル近い髪が生えている。髪を下ろしてしまえば、誰もこの傷や髪には気づかないだろう。
・・・ああ、良かった。
とりあえず、そうは言っても、「剃り跡隠し用」の帽子を用意した。
あの、チェーンの、「ア○ホテル」の社長がかぶっているような帽子だ。(実は私はかなりの数の帽子を持ってる)
気に入って買った帽子なのだが、あまりの派手さに、「フツーにかぶれん帽子」と位置づけられている、なかなか登場の機会のない帽子だ。
新潟会場・名古屋会場でお会いできる皆さん、私の「ア○ホテル社長帽子」を楽しみにしていてください!

この記事へのコメント