メリーモナーク2018 グループ・アウアナ前半

メリーモナーク2018 グループ・アウアナ前半の解説です。
なお、この解説は私の個人的見解・意見であり、クムの意図とは違うこともあると思います。あくまで私の「ご勝手解説」ですので、どうかご了承ください。皆さんのメリーモナーク観戦の参考になれば、と思っています。
なお、このサイトではカハコー(母音の上の横棒)が表示できません。どうかご了承ください。

では早速、グループ・アウアナ前半の模様です!

1 Ke`ala `o Kamailelauli`ili`i - Kumu Kamaile Hamada
「He Inoa No Kalakaua (No`eno`e Maika`i Ke Aloha)」
カラカウア王に捧げる歌ですが、カウアイ島の自然の美しさを描いた歌のようです。No`eno`e~の歌はグループ・カヒコでクム、レイナーアラ・パヴァオのハラウが演じていた曲です。
赤のワンショルダーワンピース。スカート部分はローズ色と黒の模様が入っています。レイはプルメリア。ドレスの切り替えがローウエストなのにワンピース丈なので、足が短く見えてしまうかも。衣装にカウアイ島感が薄いですね。「王族」の方に重きを置いたのかな。ただ、クムがインタビューの中で、「ハウプの霧」について話しておられたので、もっとカウアイ島感があるかと思いました。
昨日のカヒコでは気づきませんでしたが、年齢差のあるメンバーですね。凝ったフォーメーションもスムーズに転換しています。ただ細かい手のモーションに乱れがあります。特に見ていない方の腕の角度にバラつきがあります。後半、身体の角度の合わないオラパが数人出てきました。フォーメーションが凝っているので、身体の角度を合わせるのが大変ですね。

2 Halau Hula Keali`i O Nalani - Kumu Keali`i Ceballos
「Hanohano Kekaha」
クアナ・トーレスの名曲です。私もワークでこの曲を習いました。カウアイ島ケカハの息を飲むような美しさを歌っています。
紫のオフショルダーのクラシックホロクードレス。レイはモキハナ、髪飾りはグリーン系の蘭です。このハラウのホロクーは珍しいです。ホロクーの裾は通常のホロクーより長めです。軽い化繊の生地ですが、裾を重くしてターンを美しく見せています。
ただ、衣装の関係もあると思いますが、姿勢が前屈みになっているオラパが数人います。しかしこれだけの長さのホロクーで、これだけのフォーメーションと移動距離は評価されますね。偶数人数ですが、凝ったフォーメーションになっています。このハラウは以前も顔の角度が合わないオラパがいましたが、今年も顎の角度にバラつきがあります。不自然なほど顎を突き出しているのはもったいないです。小柄な人が多いのかな。

3 Halau Hi`iakainamakalehua (Kane) - Kumu Robert Ke`ano K`upu Ⅳ & Lono Padilla
「Kaua I Ka Nani A`o Hilo」
カラカウア王に捧げたラブソングです。ハワイ島ヒロの高地のイイヴィ鳥がレフアの蜜を吸っている、というのを「隠れた愛」になぞらえています。
赤の長袖スタンドカラーブラウスにティリーフのパウ。ズボンは黒。ブラウスのカフスとヨークは黒。まさしく、イイヴィ鳥をイメージしていますね。レイは黄色のオーハイアリイでしょうか。マイレのレイもしています。
正確なステップですね。アミもきれいに揃っています。身長差がかなりあるメンバーなので、もう少しダウンの高さが揃うと、もっと技術点が出そう。後半、下手の方のオラパの腕の角度に乱れが目立ちます。最後まできっちりした正確なステップに好感が持てます。

4 Hula Halau O Kou Lima Nani E - Kumu Iwalani Kalima
「Ka Wailele `O `Akaka」
「アカカ・フォールズ」として有名な歌です。ハワイ島ヒロのハラウらしいですね。
私は何度も訪れましたが、落差が大きく、とても雄大な滝です。雨上がりは水量がとても多く、迫力ある滝です。
紺色のドレスに白のオーガンジーのケープ。レイは開いたアヴァプヒ。普通はつぼみの状態でレイを作るのですが、このハラウのレイは花が開いています。確かにアカカ・フォールズのあるホノムーにはアヴァプヒが群生しています。白のケープは滝の水の粒を表していますね。ちょっとケープが長めなので、身長差があるのがわかりますね。
ミュージシャンはダリーン・アフナですね。中盤、身体と顔の角度が1人だけ合っていません。人数が少ないので目立ってしまうかも。後半、踊り急ぐ人が出てきてしまいました。この曲はアカカ・フォールズの6番バージョンです。で、4拍子にアレンジしています。普通は3番までで、3拍子です。偶数人数で少人数ですが、フォーメーションや演出で少人数であることがうまくカバーされています。

5 Halau Na Mamo O Pu`uanahulu - Kumu William Kahakuleilehua Haunu`u "Sonny" Ching & Lopaka Igarta- De Vera
「He Hali`a No Pu`uanahulu」
このハラウとクムに捧げられた歌です。ハワイ島プウアナフルの風、雨、自然の美しさが描かれています。
赤のワンショルダー長袖ドレス。レイは黄色のジンジャーのように見えます。ハワイ島をよくイメージしています。ドレスの裾の揺れまでぴったり揃っているのがさすがです。ウエヘの時の裾が非常に美しい。また、上にまっすぐ上げた腕と手のひらが美しいです。
リズムを取るのが難しいステップを使っています。また、腕も難しい角度ですが、よく合わせています。大人数で体格差がかなりあります。経験差も結構あるように見えますが、フォーメーションが凝っていて体格差と経験差が目立ちません。ホイの最後は秀逸ですね。本当に美しい。
細かいところまで神経の行き届いたフラでした。良かったです。こういう丁寧なフラを生徒さん達には指導したいものです。

6 Halau Hula `O Napunaheleonapua (Kane) - Kumu Rich Pedrina
「Lumaha`i」
コンペではおなじみのナンバー。カウアイ島ルマハイの自然を歌った曲。ハナレイ、ハーエナ、ルマハイの3カ所に捧げています。
黄緑・オレンジ・紫の柄入り長袖スタンドカラーシャルに白のズボン、黄緑のカマーベルト。レイはマイレ。オレンジのレイはハラかな。よく見えませんが・・・。
スピーディなバージョン。ホオケナの声のように聞こえます。中盤、踊り急ぐオラパが出てきました。手のひらの向きが揃いません。フォーメーションは少人数ながらとても凝っていました。さわやかなフラでした。

7 Halau o Ka Ua Kani Lehua - Kumu Jonny Lum Ho
「Ka Hula `Uli`uli」
フラで使う楽器ウリウリを作る様子を描いた歌のようです。このハラウはオリジナル・ソングを使うことが多いですね。私もウリウリを作ったことがありますが、中に入れるアリイポエの実を集めるのが大変だった思い出があります。
白のアメリカンブラウスに小豆色のパウ。ハラの葉のスカートです。レイとハクとクペエの素材はわかりません。ウリウリには鮮やかなピンクの羽根が付いています。
大変な大人数ですがよく揃っています。特にハラのスカートは葉が堅く「しなり」が悪いので踊りにくいし、開きを揃えるのが難しいですが、よく合っていますね。また、ウリウリの羽根が小さめで下向きに付いているので、フェイスがたとえ揃っていなくても目立ちません。メレの最初で少しウリウリの動きが合わないオラパが何人かいました。中盤で3拍子に変わったところが面白い演出ですね。アンクル・ジョニーらしい楽しいフラでした。

8 Halau I Ka Wekiu- Kumu Karl Veto Baker & Michael Lanakila Casupang
「Ka Wai Nahenahe」
KUMZのCDに入っている曲ですね。この曲については、以前このハラウのディナーショーを私のクラスをやっているドゥ・ハワイが主催し、そのMCを担当したことで、クム・マイケルからお話を聞きました。日本のピアノ・メーカーにカワイ(Kawai)というのがあることをクムが知り、それを弾いた時、その名のとおりの音がして感動した、とおっしゃっていました。「Kawai」という日本語は、ハワイ語では「The water」という意味になります。まるで、やさしく穏やかに流れる水のような音だった、とおっしゃっていました。
白のホルターネックドレス。レイはイリマかな。う~ん、もっと寄って見せてほしい。ココは白を基調にしています。シンプルですがスタイリッシュですね。ドレスの白はピアノの鍵盤でしょう。
腕の角度がとにかく難しい振り付けになっていますが非常によく揃っています。身体の角度も、大人数でも乱れがない。ドレスの裾の揺れもよく合っています。クム・マイケルの静かで落ち着いた歌に、本当によく合っています。ホイ最後でスロープも使って1列になり、ウェーブ方式で手のモーションを入れていましたが、あれは「ピアノの鍵盤」を表現していますね。素直に踊っている、という印象。良かったです。

9 Ka Leo O Laka I Ka Hikina O Ka La (Kane) - Kumu Kaleo Trinidad
「Kaulana Ka Inoa E Hokule`a E」
以前もこのハラウはホクレア号をテーマにした曲をメリーモナークで踊っていましたね。今回はカヒコも船ものでしたが。
ホクレア号とは、古代ハワイアンがタヒチからハワイへやって来た時の船の名前。現在は再建され、日本にも上陸をしたことがあります。
ブルーのスタンド襟長袖ブラウスにティリーフ・パウ。ティの茎を外に出して作っていますね。黒のズボン。レイはマイレ、ハクは何だろう。ピンクのような花。今年はオラパがアップにならないので、装飾品がよく見えません。
序盤、最後列のオラパが少しだけ踊り遅れましたが、その後は問題ありませんでした。カイではカヒコに使うステップやモーションを入れ、メレではアウアナならではの楽しさを演出していました。大人数ですが、腕の角度がよく合っています。このメンバーは体格差・身長差が少なく、とても一体感がありました。ホイは演出も面白く、よく揃っていました。これは・・・減点がほとんどないでしょう。演出の加点も結構ありそう。非常に良かったです。

10 Kawaili`ula - Kumu Chinky Mahoe
「Kimo Hula」
人気のナンバーですね。私も大好きな曲です。ハワイ島ヒロの高台にあるピイホヌアという場所にあったキモ・ヘンダーソン氏の家や家族について歌った曲です。イイヴィ鳥が飛ぶモアニケアラと名付けられたガーデンは有名です。
最初、インターネットが切れてしまいましたのでインタビュー聞けず。モスグリーンのスパゲティドレス。レイはオレンジ。オハイアリイかな。マイレってことはないと思うけど・・・。よく見えません。キモ・ヘンダーソン邸のあった場所はヒロの高台で、こういう色鮮やかな花はほとんど見られないのですが・・・。あの辺りに咲いているのは一般的には白のキエレです。オレンジの花を使ったのはどういう意図なのかな。何年か前、ミス・アロハ・フラがこの曲を使った時は白のキエレでした。
オラパのアイハアが素晴らしいですね。ホロクーじゃないのに、ホロクーに見えるくらい、ずっとダウンをキープしています。どこまでダウンさせるんだ、くらいです。基礎力の高さと十分なトレーニングがうかがえます。
中盤、顔の角度が合いません。もったいない。しかしステップの基礎力が素晴らしいので、技術点はかなり上がりそうです。

11 Halau Ka Liko Pua O Kalaniakea - Kumu Kapua Dalire-Moe
「Nani Hanalei」
このハラウはカヒコもカウアイ島ものでしたね。これも人気の曲です。
カウアイ島のハナレイは月の名所です。そこではアーパアパアという風が優しく吹きます。
紫のスパゲティドレス。マイレ・ラウ・リイのレイと黄緑のアアリイのレイ。このハラウのスパゲティドレスはあまり見たことがありません。髪はサイド・パートを膨らませたクラシック・スタイル。
メレはカジメロのバージョン(歌っているのはカジメロではない)で、最初はカヒコを思わせるステップ。曲のアレンジとよく合っています。中盤、最前列のオラパが顔と腕の角度が合わなくなってしまいました。そのオラパはメレの最後まで顔の角度が他の人と合いません。上半身の角度が終盤に乱れました。ホイの最後のポーズに至る五月雨方式は美しかったですね。

12 Halau Na Mamo O Pu`uanahulu (Kane) - Kumu William Kahakuleilehua Haunu`u "Sonny" Ching & Lopaka Igarta- De Vera
「Ali`i `Iolani」
カメハメハ4世に捧げられた曲です。エマ女王との結婚後に贈られました。スピーディで楽しい歌です。イオラニは、カメハメハ4世の別名です。
赤の長袖シャツに黒の蝶ネクタイ。ティリーフのパウと黒のズボン。レイは斜めがけにした黄色のレイ。蘭などのいろいろな花が使われています。
ティリーフのパウは葉をかなり細く裂いているのでよくしなります。アミの時の葉の揺れがよく揃っています。ティリーフの下にハウのスカートもはいているようですね。
中盤、オニウでスカートの乱れがありましたが、難しい上半身の角度もよく合っています。終盤、踊り遅れるオラパと踊り急ぐオラパが出てきました。最後までよく移動しながら踊っていました。移動距離が長いと技術点が上がります。

13 Halau o Ka Hanu Lehua - Kumu Kamaka Kukona
「Polehoonalani」
クアナ・トーレスの歌ですね。ポーレホとは、ニイハウ・シェルの1種です。作者はこの曲を自分のハナイ・マザー(養母)に捧げています。このシェルは焦げ茶色で、ものすごく高価なのです。(ニイハウ・シェルの中で一番高価)
白のケープ付きドレス。ケープはオーガンジーですね。レイはポーレホ・シェル、同じシェルのブローチもしています。ココも同じシェルのコーンをしています。
カイで2列目のオラパが顔の向きを間違えてしまいました。ミュージシャンの声が割れてるのが残念です。中盤、最後列のオラパと最前列のオラパの腕の角度がズレてしまいました。腕の角度に少々の乱れはあるものの、身体の角度はよく合っています。メレの最後のポーズの頭の角度がかなり乱れました。もったいないですね。ホイでも手のひらの向きが乱れています。フォーメーションが凝っていたので、揃えるのが難しい演出でした。

14 Halau Kekuaokala`au`ala`iliahi -Kumu Haunani & `Iliahi Paredes
「Old Plantation」
私の大好きな曲です。嬉しいなぁ。ヴィクトリア・ワード女史に捧げられた曲です。
海運業・運輸業で財を成したワード氏の妻ヴィクトリアは1882年にワード地区にオールド・プランテーションと呼ばれる屋敷と庭園を建てました。ハワイ固有種の植物、ヤシの木、水車など、ハワイの原風景をホノルルの中心地に作りました。その場所は現在では、ワード・センターになっています。ワード・センターの旧名はヴィクトリア・ワード・センターでしたね。ヴィクトリア・ワード女史は、リリウオカラニ女王の熱心な支援者で、女王が退位後もずっと支えました。
白の七分袖ブラウスにプリント地のサーキュラー・スカート。スカート地の色は水色、ピンク、紫の人がいて、ランダムに配置しています。ブラウスはベル・スリーブ。この時代を思わせるクラシックなスタイル。レイはマイレ。黄色いレイもしていますね。このレイは人によって花材が違うのか、色味が違いますね。う~ん、靴を履かせると、もっと時代感が出るけれど・・・。
メレのサビで踊りに入りそびれたオラパがいました。同じサビで、踊り急ぐオラパが数人います。この曲は「一時停止」のところがあるので、そこを合わせるのが非常に難しいです。2列目のオラパが一人、ずっと顔の角度が合いません。顔の向きの先行が少し早すぎるようですね。スカートの生地が人によって違うので、一体感を出すのが難しいですね。わずかな乱れも目立ってしまいます。

15 Kawai`ulaokala (Kane) - Kumu Keli`iho`omalu Puchalski
「Maui Medley : Lei Ana `O Maui / Moku O Ka Rose」
2曲とも、クアナ・トーレスの曲ですね。去年もそうでしたが、クアナの曲はよく使われますねぇ。マウイ島のピンクのバラをテーマにしています。
薄いピンクとグレーの細かい柄の長袖シャツにピンクに染色したハウのスカート、パンツはカーキ色。レイはもちろんロケですが、その色合いが非常に美しい。ピンクのロケと赤のロケを使っています。ハウのスカートの丈が長めなので乱れが非常に目立つ衣装ですが、よく揃えています。腕の角度、顔の角度もスピーィディな曲であるのに非常によく揃えています。ずいぶん訓練してきていますね。ターンの身体の角度もよく合っています。このメンバーは体格差・身長差が少なく、とても一体感のあるフラが踊れています。ミスらしいミスが見当たらない。これは減点が非常に少ないでしょう。一体感での加点もかなり付きますね。非常に良かったと思います。

ただ今、途中休憩です!

生中継に出演しているクム、マヌ・ボイドの黒っぽいレイを見てください。
ニイハウ・シェルの1種、ポーレホ・シェルです。ニイハウ・シェルの中で一番高価な貝です。
照りも良く、これはかなりの逸品でしょう。

この記事へのコメント

  • 伊藤 真由美

    毎年素晴らしい解説でみさせていただいてます。
    8番目のイカヴェキウのワヒネ
    カワイのピアノは黒ではなくて白のピアノなんですよ。
    つけているレイはクムラナキラのフェイバリットフラワーのコウのお花だとおもわれます。
    2018年04月08日 16:40