母の冒険

月曜日のことである。
私はレッスンで家を留守にしていた。その間、母は出かけたのだった。
母は自宅から自転車で約20分の道のりにある、「浅間町」という所へ行くつもりだった。
我が家は名古屋城の東にある。そこから、西に向かい、名古屋城のお堀に沿って走り、名古屋能楽堂を過ぎれば、ほどなく「浅間町」の大きな交差点が見えてくる。
実に簡単な行程なのだ。

・・・しかし。
ご存知の方も多いと思うのだが、母は壊滅的な方向音痴である。
本当に、びっくりするほど、方向がわからない。
今まで、母の方向音痴を実感させられる事件は何度かあった。
デパートの中、ショッピングセンターの駐車場の中、旅行で泊まったホテル、京都駅。
以前、ハラウのメンバーと一緒にスパリゾートハワイアンズに出かけたが(私は仕事で不在)、そのホテルの中でも迷子になり、一緒に行ったメンバーに発見される・・・という事件が起きている。
ホテルでは、毎年、必ず迷子になる。特に、「本館」と「別館」が存在するホテルは要注意なのである。
初めて訪れた場所で迷子になるのは理解できるが、何度か行った場所でも、よく迷子になる。
栄地下街だけは迷子にならないのが不思議でしかたない。

方向音痴の人はたいてい、地図が読めない。どうやら、イメージというものができないようなのだ。地図を持って、北の方に地図を上に向けるなどの、「地図ひっくりかえし」をやる人はほとんどが方向音痴だ。これは前職時代に発見した法則だ。
ちなみに母も「地図ひっくりかえし」をやる。自分のいる位置で、見ている方向に合わせて地図をひっくりかえす。「いつも北を上に」という地図の置き方ができない。
まぁ、方向音痴は圧倒的に女性の方が多い。ドゥ・ハワイ・カルチャースクールにも数人、方向音痴の生徒さんは、いる。しかし母ほどの方向音痴は珍しい。

母は自転車に乗って、午前11時に出発した。
暑いさなかだ。
そして、走った。
しかし、目指す浅間町はどこまで走っても、見つからない。
あきらめるか・・・と思いきや、母はなかなか根性があるのだ。そんなことくらいではへこたれない。熱中症の危険のある時間帯なので、娘の私としては、へこたれていただきたいのだが。
そして走ること、なんと2時間!
浅間町にはとうとう行きつけなかったが、他の支店が北区黒川にあることを思いだし、またあちこち迷いながら何とかその黒川店に到着したのだった。

「今日さぁ・・・言うと叱られそうだけど・・・」
と、レッスンから帰宅した私に、母は告白した。
「私はね、浅間町に行きたかったんだけど、ないのよ、浅間町が」
・・・そんな訳、ない。町はなくならん。
よくよく聞いてみると、それはすごい冒険だったのだ。

ここからは、名古屋市北西部の地理に詳しい方でないと、わからないかもしれない。
母は、イチイチ、交差点名や建物などを覚えているわけではないので(覚えていられる人なら、道に迷わん)、半分は私の推理なのだが、母が所々覚えている主要交差点や看板、お店などの情報を集約すると・・・
母の冒険(私の推理)は次のとおりだ。
自宅 → 南に向かって、大津橋(既にこの段階で間違っている) → 西に向かって、明道町(ここで北に折れれば目的地に行けるのに・・・) → そのまま西に向かって、則武新町(看板から推測) → 新幹線の高架線路に沿って北へ向かい、栄生 → 更に新幹線の高架線路に沿って北へ向かい、名鉄病院を通り過ぎ、枇杷島橋(ここで庄内川の堤防を見て、ようやく道に迷っていることを自覚したらしい。ここで東に折れれば、いつかは浅間町へ行けるのに・・・) → 堤防から北東へ向かい、枇杷島二丁目から五丁目までの細い道をくねくねと迷いながら走り、康生通 → 国道22号線に沿って更に北進し、鳥見の高速出口 → ここで東に折れ、名塚中学校の通り過ぎ、庄内通3丁目(ここで南に折れれば、浅間町に行けるのに・・・) → 更に東に向かい、イオンタウン名西を通り過ぎ、香呑町 → 更に東に向かい、どこかで北に折れて、またもや庄内川の堤防に突き当たる → また東に向かい、川沿いに走り、ザ・シーン城北(有名な超高層マンション)を発見(ここで北区黒川にも支店があることを思い出す) → 更に東に向かい、国道41号線に出る → 南に折れて、20分走って黒川に到着
・・・という道のりだ。
所要2時間、というのも、うなずける。

「もう、さぁ、行けども行けども、浅間町に着かないのよ~」
と母。
そう、何度かチャンスはあった。浅間町に行けそうで行けてない。浅間町を見事に避けて通った感じだ。
帰宅した夫に話すと、
「う~ん、見事に浅間町を避けとるなぁ」
と言った。私もそう思う。
最後にはサドルに載せているお尻が痛くなってきたらしい。
飲み物を持っていたからいいようなものの、熱中症の一歩前の状態だった。
交番の前も通ったらしい(道のりから推測するに、西区の庄内交番)が、なんとな~く通り過ぎてしまったらしい。迷子としての自覚ができていないようだ。

目的地には行けなかったが、他の支店で用事は済ませることができたようだ。
しかし、迷子になっている。確実に。
母の場合は認知症でも何でもなく、ただの方向音痴なのだが、家族に徘徊する人を持っている人は大変だろうなぁ。
母の場合は、「ただ、道に迷っているだけ」なので、見覚えのある場所からならば、自宅へ帰ることができる。帰巣本能はちゃんとしている。

「見知らぬ場所へ行くなら、前日に言うように。わかりやす~い地図を書くからさ」
と私は言った。前職時代の経験で、私は地図を書くのが得意なのだ。
しかし、ふと思った。
私が書いた地図をちゃんと読めるだろうか・・・?
また、地図をひっくりかえしているうちに、わからなくなっちゃうんじゃないか・・・?
「・・・車に乗せていくから」
と付け加えた。
その方が安心だ。
母が一人で出かけると、心配だ。また道に迷ってはいないか、ちゃんと帰ってこられるか。
いやはや・・・父とは全く違う意味で、心配な人なのである。


   

この記事へのコメント