肉味噌うどん

今日はものすごく蒸し暑かった。
じっとしていれば涼しいが、ちょこっとでも動くと汗が出る。
こういう日は食欲が湧かない。
そこで今夜は・・・
肉味噌うどん
にした。

ジャージャー麺を参考にしているのだが、これを作り始めたのはかれこれ25年くらい前。
神戸へ遊びに行った時、南京町で初めて、ジャージャー麺なるものを食べた。
でも・・・ヤケに辛い。そういうものなんだろうが、私の好みと違う。塩辛く、ついでに唐辛子の辛さが半端ではなかった。その後、ずいぶん喉が渇いた。
「味噌をからめて食べる麺なら、もうちょこっと甘めでもいいんじゃない?」
と思い、試行錯誤して作ったのが、この肉味噌うどんなのだ。
だいたい、赤味噌の使い方で名古屋人の右に出る者はいないのだ!

こういう感じ。
肉味噌うどん.jpg


案外、簡単に作ることができる。

<材料>
豚のひき肉 150グラム
ごま油 少々
赤味噌(名古屋人には当然!) 大さじ4
砂糖 大さじ3
みりん 大さじ3
酒 大さじ2
めんつゆ 小さじ2
すりゴマ 大さじ2

きゅうり 1本
トマト 1個
小松菜 1袋
玉子 2個
うどん

これで2~3人分ができる。

<作り方>
1 フライパンに油を引かずに豚ひき肉を炒める。焦げないように一生懸命(!)炒める。
2 しばらくすると肉から油が出てくる。めんつゆと砂糖とお酒とみりんを投入する。
3 味がなじんできたら、味噌を少しずつ入れて炒める。
4 味噌がひき肉全体になじんだら、すりゴマとごま油を入れて香り付けする。
5 ボウルに移す。
6 小松菜はゆでて3~4センチに切る。キュウリは千切り。トマトは1センチ角に切る。玉子は錦糸玉子にする。
7 他にも、さっとゆでたシメジや、アク抜きした塩もみナス、ミョウガ、青じそなどを入れても美味しい。
8 うどんを茹でて、ざるに上げ、よく水でもみ洗いする。
9 どんぶりにうどんを入れ、野菜類と錦糸玉子を載せる。
10 ボウルに取っておいた肉味噌の油を切ってから野菜の上に載せる。

これはいわゆる、「汁なしうどん」なので、食べる時には、具と肉味噌をぐわ~っと混ぜる。肉味噌が多すぎるとくどく感じるので、「ちょっと足らんかな~」ぐらいがちょうど良い。
ところが・・・これが、色がなかなかキタナイ。
が、美味しい。
肉味噌は甘めの方が、絶対に美味しい。その方が赤味噌には合うのだ。
赤味噌は色から見て、辛いと思われる方が多いのだが、実は豆の味がして、塩気は白味噌よりずっと少ない。
私は用途に合わせて、赤味噌も種類を変えている。これは地元愛知県の豆味噌を使っている。八丁味噌だと、ちょっと堅めなので肉になじませるのが大変なのである。ちょっと「しっとり系」の赤味噌だと作りやすい。

名古屋以外にお住まいの方でも、冷蔵庫の片隅に赤味噌があったら・・・ぜひお試しください。
ついでに冷蔵庫の中の「余り物野菜」も一気に片付けられます!

この記事へのコメント