夏場のお弁当

今日は朝から雨。(昨日の夜から)
ようやく、梅雨らしくなってきた。
雨だと洗濯物が乾かないし、生徒さんもレッスンに来るのが大変だ。
・・・だが、あまり雨が降らないと水不足になる。庭も水まきしないといけないし、コンテナのバジルにも虫が付く。
雨は必要なのだけれど、続くと結構面倒だ。

夫は毎朝、お弁当を持って行く。(朝ご飯用のおにぎりも)
職場の周辺に、「食べに行く所」がないのだ。
いわば、昼食難民なのである。
夫はお弁当に、「昨日の夕飯の残り」が一部に入っていても全く気にしない人なので、そういうところは助かるのだが、お弁当というのはこの梅雨の時期は心配だ。
食中毒になっても困る。
だから、今は、お弁当のご飯に梅干しを細かくして混ぜたり、おかずもショウガやわさび、青しそを使って味付けした物を入れるようにしている。そして汁気のある物は入れないようにしている。元々、生野菜は一切入れていない。
夫は出勤するとすぐにお弁当を冷蔵庫に入れるらしいので、そんなに気にすることはないのかもしれないが、それでも気になる。

私が学生だった頃と比べて、ここ十数年の名古屋の気温はずいぶん高い。昔はお弁当を冷蔵庫に入れるとか、チンするなんてことはなかったが、それでも腐ることはなかったなぁ。今より気温が低かったからだろうか。
これは昔からずっとだが・・・名古屋の夏はひどく蒸し暑い。
皆さんは、お弁当をどのようにしていらっしゃるんだろうか・・・。

「腐らないように」を重点にすると、お弁当がなんだか毎日同じようになってしまう。
皆さんはどんな風に工夫していらっしゃるんだろう。
お知恵をお持ちの方、ぜひ教えてください!

この記事へのコメント