義弟のボーリング大会

今日は知的障がいのある義弟が通う作業所ボーリング大会だった。
これは年1回開催される大会で、義弟だけでなく、作業所に通う利用者さん達みんなが楽しみにしている行事だ。
毎年、この大会に向けて、私と夫は義弟を連れてボーリング場に足繁く通っては練習している。

参加者は70人くらい。
作業所に通っている全員が参加するわけではない。中には、大勢の人々と行動を共にすることが苦手な利用者さんもいるし、行事に参加することが難しい利用者さんもいる。それでも毎年、盛況だ。
義弟は作業所にお世話になってからずっと毎年、この大会に参加している。
なぜなら・・・義弟はビックリするほど、ボーリングが上手いのだ。

前にもこのブログで紹介したことがあるが、義弟は驚くような投げ方をするのに、スコアがすこぶる良い。
まず、ボーリングの玉を両手でがっしりとつかむ。この時、ちゃんと右手の指は正しく玉の穴に入れている。身体が小さく非力なので、片手で持つのが重すぎるため、両手でつかんでいるのだ。
そして、だだだだ~っと玉を持ってライン近くまで走る。
で、なぜか、ラインでピタッと止まる。(なんのために走ってきたのか?と思わないでもないが)
そして、補助に添えていた左手をはずし、右手1本で玉を持ち、ブンっと腕を振る。
玉から指が抜け、玉はゴトンっという音を立てて、レーンに落ちる。
玉はおそろしく回転しながらレーン右端を走って行く。(案外、玉のスピードは速い)
ピンから1メートル手前で、玉は急にぐぐぐっと左に曲がり、ピンにつっこんでいく。
これで、8~9本は倒す。
連続でストライクを取るのも珍しくないし、スペアも1ゲームで3回くらいは取ってしまう。
・・・となると、気になるのはスコアだが、彼のアベレージは130近い。
今日も1ゲーム目で151点、2ゲーム目で107点を取っている。
ちなみに保護者として参加した夫は168点と128点で、兄としての面目を保った。

そして今日の大会の結果だが・・・
優勝しちゃったのだ!
いや、見事、見事! である。
今日の義弟は、夫の監督があるせいか、最後までちゃんと集中できていた。
ライン近くで立ち止まり、「う~ん、う~ん」と言って考えながら、一生懸命、投げた。
投げた後は、大股開きで立ったまま、玉の行き先を確認していた。ストライクやスペアを取ると、にこっと笑って振り返り、ハイタッチした。
「この点数なら、優勝しちゃうかもしれんよ」
と私が言うと、
「そうかな~ 上手い人が一杯いるから、わからないよ」
などと謙遜していたが、点数発表の時にはソワソワし、名前を呼ばれてもいないのに立ち上がったりしていた。
そして最後に、「優勝!」と名前を呼ばれた義弟は小躍りしながら商品のお菓子を受け取った。
文郎優勝.jpg

お菓子で顔を隠しているが、義弟は兄である夫とそっくりだ。

2位とは4ピン差だった。
義弟は、
「危なかったね。また練習しないとイカンね。」
と言っていた。
義弟はボーリングが大好きだ。ボーリングを始めてから、背中や腕にも筋肉がついてきて、少しがっしりしてきた。
義弟のような障がいがあると、中々スポーツは楽しめないのだが、ボーリングは楽しめる。
また義弟を連れてボーリングへ行こう。
今日は私は他の利用者さんのお世話があって投げていないが、また義弟と対決せねば。
しかしこれが、なかなか義弟に勝てないのである。
いつも、義弟とはいい勝負になる。
今日の優勝で気をよくして、義弟はもっと上手になっちゃうかもしれないなぁ。





すいかパン

昨日、夫が仕事帰りにおもしろいパンを買ってきた。
すいかパン
である。
これが、なかなかリアルなのだ。
こんな感じ。
すいかパン1.JPG

赤いところはイチゴの味がする。
種はチョコレートチップでできている。
パンの耳は鮮やかな緑色。切り方によっては、本当にすいかに見える。

ちなみに黄色もある。
黄色はこんな感じ。
すいかパン2.JPG

黄色いところはレモンの味。レモンピールも入っていて、爽やかな味。
私は赤いやつより、黄色の方が好み。

夫はこれを名古屋駅で買ってきた。
3月末で定年退職し、4月からは再就職に通っている。名古屋駅経由だ。
名古屋駅には、甘党の夫を誘惑する物がたくさん売られている。
昨日はすいかパンを2斤買ってきたが、今日はサクランボのフルーツまんじゅうを買ってきた。
・・・お小遣いの大半が、甘い物で消えているような・・・

「そんなにお小遣いを無駄につかっちゃあ、イカンよ」
と言うのだが、
「ええがや~ お父さんへのお供えだで~」
と言う。お供えをする必要があろうがなかろうが、実は夫には関係ない。父の存命中もお菓子を買ってきていたのだ。夫は単に、甘い物が買いたいのだ。「お供え」というのは、大義名分に過ぎない。
まぁ、大の甘党で、お酒を飲まないので、たまにはいいのだが、しょっちゅうお菓子を買って帰ってくる。
「今日は高島屋にええのがあった!」とか、「名鉄の駅に期間限定の店が出てた!」などと言い、あれこれ甘い物を買ってくる。
ちなみにすいかパンは、仙台からの出店だったらしい。
「仙台まで、わざわざ買いに行けんで! いい機会だった!」
とご満悦である。

名古屋駅経由というのは・・・便利なことも多いが、無駄遣いの最大の原因のような気がする。
とはいえ、私も夫が何を買ってくるか、楽しみなところもある。
次は何を見つけてくるのかなぁ。
posted by プアアカハイ at 20:32愛知 ☔Comment(0)日記

調子っぱずれなお経ですが

5月24日に父が亡くなって、早いもので、今日で三七日(みなぬか)になる。
いやはや、あっという間であった。
父のお葬式がすんでからというもの、実は毎日、母と夫と3人でお経をあげている。
一日も欠かしていない。

私がお経を覚えたのは7歳の時。
祖父が亡くなり、毎日仕事から帰った父が仏壇でお経をあげていた。その横に座り、私も一緒にお経の本を開いて詠み始めたのだ。子供というのは何でもすぐに覚えられる。50歳を過ぎた現在とはエライ違いだ。まだ漢字もちゃんと読めないくせに、平仮名のよみがなをたどりながら、耳で聞いて覚えた、という感じだった。
子供の頃は正信偈(浄土真宗のお経・しょうしんげ)をソラで詠めたが、それもいつしか忘れてしまった。今はお経の本を見ながらじゃないと、詠めない。半分くらいしか、覚えていない。
夫も同じようなものだ。昔はソラで詠めたが、今はお経の本が必要。
夫の場合は、子供の頃に参加する子供会で、お寺でお経を習ったそうだ。ちなみに夫の家と私の実家は同じ浄土真宗大谷派なので、お経が同じだ。宗旨宗派が同じ、というのはなかなか便利が良い。しきたりもわかっているし、お寺とのお付き合いも困ることがない。
そしてそして、母の実家も同じ浄土真宗大谷派。母も新たなお経を覚える必要もなく、便利だった、と言っていた。

お経を覚えた環境は様々だが、とりあえず3人はお経が詠めるので、毎日、夕食後に中陰台の前でお経をあげている。
ところが・・・
私はソラで詠めないし、父の節回しでお経を覚えたので、音程が微妙である。
夫もソラで詠めないし、違う地区のお寺でお経を覚えたので、音程が微妙である。
母も音程が微妙である。
・・・という、
音程が微妙
な3人がお経を読むとどうなるか。
ド下手くそなコーラス隊のようになるのだ。

1人だけが音程が外れることもあるし、3人揃って路頭に迷ったような音程になる時もある。実に調子っぱずれなお経なのだ。
これが、なかなかオカシイ。
お経の最中にイカンのだが、つい笑ってしまうこともしばしばだ。
しかも、音程が外れているにもかかわらず、3人とも声が大きいので、自信満々に聞こえる。あたかも、
私(ワシ)の音程こそが正しい!
のような感じだ。

「まぁ、好きなように詠めばいいや~」
と言いながら、ド下手なコーラスを毎晩やっている。
たぶん、近所にも漏れ聞こえているだろう。
「あの家、息がちっとも合っとらん」と思われているに違いない。
でも、いいではないか。
下手くそでも、「毎日お経を詠む」の方が大事なんじゃないか、と思っている。
父も毎晩、仏壇の前で亡くなった祖父に詠んでいた。父は世にも恐ろしいレベルの音痴だったので、あの時のお経も音程が外れていたかもしれない。(そして私はそれを聞いてお経を覚えた)
それでも父はお構いなしに毎晩、詠んでいた。
それと一緒だ。

中陰台は七七日(しじゅうくにち)まで置く。
中陰台があるうちは、毎晩、お経を詠むつもりだ。調子っぱずれなコーラスで。
「私のお経が調子っぱずれなのは、お父さんのせいなんだから、我慢してね」と思いながら。
posted by プアアカハイ at 16:58愛知 ☀Comment(0)日記