自覚

我が家では「敬老の日」を特別に祝わなかった。
元々、そういう習慣が我が家にはないのだ。
同居していなければ、何か考えると思うのだが、一緒に暮らしていると、結局は「いつもどおり」になってしまう。
特別なお祝いをしないのには、実はもう一つの理由がある。

つい10日ほど前のことだ。
母が、
「ねぇ小百合ちゃん、私って、どういう年寄りになるんだろうねぇ」
とのたまった。
いやいや、ちょっと待て。
見た目はかなり若いが、あなたは立派な(!)73歳である。
一般的に言えば、じゅうぶんに高齢者である。(役所の言う「高齢者」は65歳以上)
要するに、母には「高齢者としての自覚」が全くないのだ。

母は、自分と同い年くらいの(70歳以上)女性を、「おばあちゃん」と称する。
→ だが、自分のことは「おばあちゃん」だとは思っていない。
母は、地下鉄の優先席にちゃんと座る。
→ だが、自分のことは「高齢者」だとは思っていない。
母は、「最近、あんまり食べられないんだよね~」と言う。
→ だが、スイカを一度に半玉、食べる。
・・・どうやら母の心の中では、「高齢者」と「まだまだ若い」の間を行ったり来たりしているようだ。

ドゥ・ハワイ・カルチャースクールの生徒さんはよくご存知だが、確かに、母の見た目は若い。
私と出かけていて、「ご姉妹ですか?」と言われると小躍りする。(娘としては、若干、複雑。第一、全然似ていない。)
地下鉄の自動改札を通った後、駅員さんに、「本当に敬老カードですか?」と言われると、これも小躍りする。
見た目が若いと、心も若いんだろうか。それはそうなんだろうが、心は若くても、肉体は確実に加齢してる。
心と身体が合っていないのだろうか。
喩えそうだとしても、とりあえず、「高齢者としての自覚」を持ち、日々、気をつけてもらいたい。
何かあった後では、遅すぎる。

帰宅した夫に、「私はどんな年寄りになるんかねぇ」のくだりを話した。
夫はしばらく笑った後、「まぁ、それだけ、元気ってことだな」と言った。
まぁ、そうなんだろう。
そう言えば昔、「老後のために」と言って脱税した女性の有名人がいたなぁ。その方は既に80歳近かった。彼女も、「今が老後」とは思っていなかったのだろう。

心が若いことは良いことだ。
だけど、その中に、ちょこっとだけでも、「高齢者としての自覚」を持っていただきたい、と娘としては思う。
無理をしてはイカンのだ。
自転車で道に迷ったら、2時間以上も走り回らずに、目的地へ行くのを諦めていただきたいのだ。
庭に落ちた隣家のトタン屋根を撤去するなどの重労働を控えていただきたいのだ。
父とは全然違う意味で、母は母で、心配な人である。


posted by プアアカハイ at 09:58愛知 ☁Comment(0)日記

台風の余波

台風が過ぎ去り、今日の名古屋はとても暑い。
朝っぱらから、シーツやら何やらたくさんの洗濯物を干した。
晴天とはありがたいものだ。

九州や北海道では大雨による被害が大きかったと報道されていた。
我が家は坂道の途中にあるので、大雨には強い。流れてきた雨水は全部、坂の下へ向かって流れていくので、水に浸かるということはない。
今回も水の被害は何もなかった。停電もなかった。
だが。
隣家の被害の片鱗が我が家にふりかかってきた。

隣家は鉄筋の4階建て。
台風なんぞにはビクともしない構造である。木造の我が家の方が、よっぽど危ないのだ。ヤバいのだ。
しかし、隣家と我が家の一番の違いは、「手入れの違い」である。
我が家では、金曜日から(!)臨戦態勢
レッスンを終えて帰宅すると、庭の南端にある石垣によじ登り、石垣の上に群生していたセイタカアワダチソウを全部引き抜いた。・・・ようやく、かねてからの懸案事項が解決された。

このセイタカアワダチソウの生えている土地は我が家の土地ではない。しかし、セイタカアワダチソウは1メートルを超える高さまで成長しており、我が家の庭に向かって垂れ下がってきていた。もうすぐ、花が咲きそうだった。我が家にはゼンソク持ちの母がいる。これは台風の前になんとかしておきたかった。
垂れ下がってきているのは、我が家の庭の空中だけではなかったのだ。
我が家の物置小屋の樋の上に4~5本倒れている。これでは樋がつまってしまう。
ちなみにその土地の持ち主は、マンションなのだが、管理会社に連絡しても梨の礫。やってくれるのを待っていては、台風が来てしまう。
本来ならこのセイタカアワダチソウは、そのマンションの土地の持ち主の「財物」になる。勝手に他人である私が処分してはいけない。・・・ことは、重々理解している。
しかし。
それによる被害が甚大なのだ。(ぜんそく・樋の詰まり)
後で連絡しとけばいいか・・・という判断で撤去した。
ついでに庭の敷地内の雑草をキレイに取り除き、レンガの上に置いてある鉢も全部降ろした。
玄関横のハンギングバスケット5個も降ろした。
ベランダの物干し竿も全部降ろした。
屋外にある箒などの「ぶらさげてある物」をキチンと始末した。
買い出しも完了した。2週間は籠城できる。
準備は万端だ。
さぁ、いつでも来い、台風よ。

・・・という臨戦態勢で迎えた台風。
名古屋市南部では倒木や停電などの被害があったようだが、我が家の辺りは何の問題もなかった。
・・・はずだった。
夜中、ちょうど台風が東海地方を通過している頃である。
バリバリバリ~!!! ベリベリ~! メキメキ~!

という、すごい音がした。
「すわ、我が家か?」と思ったが、まぁ、今更壊れてしまった物を確認したところで、仕方がない。もう壊れているのだから、どうしようもないのだ。朝に確認すればいいや~と思い、そのまま寝てしまった。

そして、明朝。
バリバリ~メキメキ~の正体を確かめようと、ベランダから庭を見た。
何もない。
多少のビニール片はあるものの、大きな物が飛んできた様子はなかった。
バリバリ~メキメキ~になりそうな、物置小屋の屋根や樋なども確認したが、何も壊れていなかった。
・・・我が家ではなさそうだ。
ついでにベランダから隣家を見た。
隣家はどんな大型の台風が来ようとも、竿を降ろすとか植木鉢を降ろすとかいう措置を講じているのを、私は見たことがない。隣家の4階のベランダを見ると、今回も竿は掛かったままだった。
そして、その物干し竿がベランダの側面に張ってあるポリカーボネート板(蛇腹状になったプラスチックの板)を貫通している・・・。
当然、バリバリに割れている。
割れているのは側面の板だけではなかった。
ベランダの屋根のポリカーボネート板もバリバリに割れて、かなりの面積の板がなくなっていた。
バリバリ~メキメキ~の正体は、この板だったようだ。

母に「隣のベランダの横板と屋根が壊れていたよ」と話すと、
「ああ、あれね。朝、庭の真ん中に大きな板が落ちてたよ」
と言った。
私が確認するよりも前に、母は発見していたようだ。
「で、その板はどうしたの?」
「隣の家の駐車場の入り口に入れておいた」
まぁ、それなら問題ない。

我が家では何も破壊されていなかったが、より「上空」になる隣家の4階のベランダは大きく壊れてしまった。
風のせいもあるだろうが、やはり、物干し竿を降ろしておかなかったのも関係しているように思う。
もし、あの物干し竿が、我が家の家に直撃していたら、と思うと、結構怖い。
くっつきあって建っている住宅地では、お互いに気をつけないとなぁ・・・と実感した。
今年は台風の当たり年だそうだが、こんなのが何回も来るのは勘弁してもらいたいなぁ。


posted by プアアカハイ at 12:29愛知 ☀Comment(0)日記

飲める水・飲めない水

東京都の一部で、下水処理水が配管接続の不備で水道水に混入したと報道されていた。
さぞかし、お困りになったろう、と思う。
日本の水道水は基本的に、普通に飲める。
美味しい地域もあれば、そうでない地域もあるだろうが、ちゃんとキレイな水が水道の蛇口からは出ている。
これは、本当にありがたいことだ。
世界には、水道水が飲めない地域がたくさんある。

ハワイではどうか、というと、基本的には水道水は飲める。
オアフ島の配管の古い都会のマンションは飲めない・或いは美味しくないかもしれないが、私が住んでいたハワイ島では水道水が飲めた。結構、美味しかった。何しろ、オゾン層の破壊されていない空から降った雨を、火山岩で自然濾過されて地下水になっていくのだ。美味しくないわけはない。ハワイ中で売られている「ハワイアン・ウォーター」とかいうミネラル・ウォーターは、ハワイ島産だ。
水道管の通っている地域では、水道水が普通に飲める。
そう、ハワイ島では水道管の通っていない場所もたくさんあるのだ。

日本に住んでいると、「水道管が通っていない」などと、信じられないかもしれない。
ハワイ島ヒロ側には、実は、そういう場所が少なくない。
理由は、キラウエア火山。
地面の下にマグマが流れている(!)ので、水道管を埋めることができない。
ちなみに、ガス管も通っていない。マグマから引火したら、エライことになるからだ。だから各家庭はオール電化か、プロパンガスである。

私が住んでいた家は父が建てたのだが、水道管が通った住宅街にあった。
しかし、そこから車で5分ほどの友人の家のある住宅街は水道管がなかった。
ほんのちょっとした違いである。
水道管の通っている場所は、当然だが、土地の値段が高い。そのかわり、1軒分の土地面積は小さいロットになっている。一方、水道管の通っていない地区は1軒分の土地面積は大きく、値段が安くなる。だいたい、値段も面積も、5倍くらい違う、と聞いたことがある。
そう言えば、私の住んでいた住宅街はロットがハーフ・エーカーだったが、その友人の家は5エーカーだった。見渡す限り原生林だったが、そこが全部、彼女の家の敷地なのだ。

水道管の通っていない家は、飲み水をどうしているのか?
基本的に飲み水は、買っている。
ペットボトルではない。
一斗缶くらいの容量のある、巨大なボトルが売られていて、それをひっくり返して設置する設備がある。コックをひねると水が出てくる。
一方、洗い水やお風呂は、キャッチメントの水を使っている。
キャッチメントとは・・・
本当の名前は何というのか知らないが、みんなその設備を「キャッチメント」と呼んでいた。
いろいろな大きさがあるらしいが、直径10メートルくらいの円形のプールのようなものが庭にある。それに雨水を貯める。そのプールの下は濾過施設になっていて、その水が家の中に入っている。だから、その家の水道の蛇口をひねると、そのキャッチメントの水が出てくる。なかなか、よく考えられた設備だ。
一度、新聞広告に、このキャッチメントの値段が載っていたのを見たが、結構なお値段だった。
高価な狭い土地で水道水を飲む生活をするのか、比較的安価な広大な土地で買った水を飲んで設備の高価なキャッチメントの水をシャワーに使うのか・・・ここが運命の分かれ道である。

キャッチメントの水は、飲めないわけではない。
歯を磨くのも、顔を洗うのも、レタスを洗うのも、キャッチメントの水でやっている。ごくごくとは飲めないかもしれないが、口に入っても大丈夫だ、と友人は言っていた。
確かに、彼女の家でサラダを何度か食べたが、その水が私の身体に入っても、何の変化もなかった。お腹も壊さなかったし、肌もぼろぼろにはならなかった。
香港なんかだと、歯を磨いただけで、口元の肌がぼろぼろになった。
ハワイの雨水はキレイなんだなぁ。

ハワイ島を車で走っていると、庭にキャッチメントのある家をたくさん見ることができる。
観光で訪れた人は、「アレは何?」と思うだろう。
キャッチメントのある場所は、水道管がない、と思っていただきたい。
そうやって見ると、かなりの地区に水道管がないことがわかる。
日本では水道管がくまなく通っている。
美味しいかどうかは別として、とりあえず、今回のような事故がない限り、水道水は飲める。
これって、本当にありがたいことだと思う。
日本に住んでいると、そのありがたさを忘れてしまう。当たり前、と思ってしまう。
でも、私たちが享受している「便利」は、当たり前ではない。
外国へ行くと、「日本の便利さ」を痛感する。
物価は高いし、土地は狭いけど、やはり便利なのだ。

私はハワイに住んでいた時は、「不便さ」を楽しんでいた。不満に思ったことはなかった。
「へぇ~ こんなに不便なんだ~」のような感じである。
そのかわり、その不便さを解消するための物を見ると、「なるほど~」と、その知恵に感心することも多い。
ハワイへご旅行に行かれたら、ぜひその「不便さ」を見つけていただきたい。
それもまた、ハワイの楽しさの一つだと思う。











posted by プアアカハイ at 07:23愛知 ☀Comment(0)日記