白T

一昨日、久しぶりにTシャツを買った。
フラっぽい物やハワイ柄ではない、普通のTシャツだ。
こういう仕事をしていると、ついついハワイTシャツを買ってしまうのだが、大掃除や庭仕事にも耐えられる(?)ごく普通のTシャツが欲しかった。

で、買ったのは白地にダースベイダーの柄のTシャツと、同じくスターウォーズのC3POの絵のTシャツ。
そう、私はスターウォーズが大好きなのだ。何しろ、生まれて初めて見た字幕洋画だ。
大きくて、ざぶっと着られて、生地も柔らかめ。生地も分厚くない。
いずれはパジャマにもなりそうなTシャツ。
そうそう、こういうのが欲しかったのだ!

先日、ひどく寝汗をかいて、夜中にTシャツに替えようとしたのだが、持っているTシャツが生地の厚いメリーモナークTシャツとかハワイ柄の物ばかりで、パジャマに出来そうな物がなくて、困った。
いざという時のために、こういう「普通のTシャツ」も必要だ。

昨日、早速、C3POのTシャツを着てみた。
柔らかくて薄め、なかなか良い。
そして・・・鏡を見た。
「?」
なんだか、変なのだ。
夫は「そんなことないよ」と言うが、なんだか、あまり似合っていない。

どこが変なんだろう・・・
よくよく鏡を見た。
どうやら、Tシャツの白無地面積が大きすぎるのだ。
ハワイ柄のTシャツやフラ用Tシャツは、柄が大きい。そして、白Tシャツはあまりない。
白無地面積の大きいTシャツって、こういうふうだったっけ???
白無地面積の大きいTシャツを着るのは、学生以来かもしれない。
妙な違和感があった。

そして、更に気がついた。
なんだか、下着っぽく見えるのだ。
若い頃、白無地面積の大きいTシャツを着ていても、そんな風に感じたことはなかった。
なのに、昨日着たときには、ヤケに下着っぽく見える。
そう言えば・・・
昔、かなり年上の同僚が、作業でTシャツを着ていた時に言っていた。
「なんかさぁ、白地に柄の入ったTシャツって、下着みたいに見えるんだよな~」
それを聞いた時は、「?」と思った。私は全然、白地に柄入りのTシャツを自分が着ていて、そんな風に見えなかった。が、その同僚が確かに白地に柄入りのTシャツを着ていると、下着に見えた。
不思議なことがあるもんだな~と思ったのだが、今は、なんとなくわかる。

白無地面積の大きいTシャツというのは、年齢によって、見え方が違うのだ。
トシを取って、顔色がくすんだり、シワやたるみやクマが出ていると、白無地面積の大きいTシャツのまぶしさとのバランスが悪くなるのだ。
・・・そういうことか。

ドゥ・ハワイ・カルチャースクール社長のアキヒロ様は、よく白無地Tシャツを着ている。
しかし、それが下着っぽく見えたことはない。
う~ん、やはり、若いからだろうか。
今更、若返ることは不可能だが、顔色良く、白無地面積の大きいTシャツが似合うようにしたいなぁ。

posted by プアアカハイ at 09:06愛知 ☁Comment(0)日記

残される者の気持ち、往く者の気持ち

今日、レッスンの帰り道にテレビ放送をカーナビで聞いていた。(走行中は音声のみ)
「今日も海老蔵さんは気丈に舞台に立っていらっしゃいます」
というアナウンサーの声が聞こえた。
ああ、奥様が亡くなられたのだな、とすぐにわかった。

帰宅すると、ライブ放送で海老蔵さんの会見が始まるところだったので、慌ててテレビを見た。
私は海老蔵さんの作品はいくつか見ているが、ファンというわけではない。奥様についても、しかり。
でも・・・会見で心を込めて話している海老蔵さんには、見ていて本当に胸につまるようだった。

さぞかし、心残りだったろうな・・・
子供のこととか、ご主人の仕事のこととか。
やりたいこともたくさんあったろうな。もっと、海老蔵さんの活躍を見たかったろうな。
そして、残された海老蔵さんの気持ちを考えると、本当にたまらない気持ちになる。
奥様への溢れる愛情を感じた。
変な言い方かもしれないが、今までの海老蔵さんの姿で、今日が一番格好良かったように思った。
私は全然ファンじゃないけれど、会見を見ていて泣けてしまった。

残される者の気持ちと往く者の気持ち。
どちらも、本当に切ない。

出会えば、必ず別れがある。生まれれば、必ず死は訪れる。
だからこそ、今を精一杯、生きなきゃなぁ・・・と思う。
さて・・・精一杯、今夜も夕飯を作ろう!
posted by プアアカハイ at 17:57愛知 ☀Comment(0)日記

名古屋は暑い

今日の名古屋はとても暑かった。
まだ梅雨らしき長雨もないのに、既に真夏の気温である。
レッスンから帰り、車を駐車場に入れた時に気づいた。車の車外温度計を見ると・・・
35℃!!
気温2017.6.19.jpg


まだ梅雨も明けていない。・・・というか、まだ梅雨らしくもない。
なのに、既にこんな気温だ。
そう。名古屋はものすごく暑い。
そして、冬は風が強くて寒い。
昔、高校の地理の先生が、
「名古屋の夏の体感気温は那覇と同じ。名古屋の冬は旭川の体感気温に該当します。」
などと言っていたが、アレは本当かもしれない。

これから、午後のレッスンにいらっしゃる皆さんは、どうか飲み物をお忘れのないよう、お願いします。
また、団扇・扇子も必要です。
名古屋の暑い夏に負けないよう、頑張っていきましょう~
posted by プアアカハイ at 21:51愛知 Comment(0)日記