執念とド根性

昨日の夜、テレビを見ていたら女子レスリングの登坂選手が出演していた。番組は真面目なトークショーだった。
その中で登坂選手は、「負けて『楽しい』なんて、ありえないです。勝つから楽しくて嬉しいのです」と言っていた。負けず嫌いの登坂選手には、レスリングという競技はぴったりなのだろうなぁ、と思った。
小学生の頃、一度も勝てなかった選手を追いかけて、数々の試合に出場したそうだ。なかなかのド根性である。
そして私は、こういう「ド根性」が大好きである。
よく生徒さんから、「先生、頑張るの、好きなんですねぇ」と言われるが、そのとおりだ。
到底達成できそうもない事柄には頑張らないが、頑張ればできそうな事には必死に頑張る。

ここ最近頑張っているのは、ボウリングだ。
このボウリングのネタについては、ここんとこブログでも紹介している。
元々は、知的障害のある義弟が、作業訓練所の親子ボウリング大会に出場したい、と言い出したところから始まる。夫がボウリングはかなり上手いので、夫に行ってもらうことになっていたが、仕事の都合で参加できなくなり、私に「お鉢」が回ってきた。
ボウリングは、私にとって、人生最大の恥部である。
私はとにかく、ボウリングがものすごく下手くそなのだ。
100点を超えたことなど、私の人生に2~3回しかない。普通は40点くらい(!)しか取れないのだ。ちょっとびっくりするくらい、下手なのである。
せっかく親子ボウリング大会に出るのだから、義弟が恥ずかしい思いをしなくてもいいように、猛特訓することとなった。

昨日は義弟の元へおかずを届けに行ったので、2人でボウリングの練習に出かけた。
彼の住む夫の実家から車で20分くらいのところに、古いボウリング場がある。
義弟にもボウリング・シューズを買ってあげたので、2人で真新しいシューズに履き替え、いざ、レーンに向かった。
肝心のボールだが・・・
義弟は「ボールはなんでもいい」という投球方法なので、何のこだわりもない。
私はいつも、11ポンドの、指穴の小さいボールを使う。
ところが、である。
昨日はそのボウリング場で「健康ボウリング教室」なるものが開催されており、私が使える11ポンドのボールが全部出払っていた。3個しか、なかった。その3個は全部、指穴が巨大。指に合わないどころか、運ぶのさえもできない。穴に指を入れても、スッカスカのガスガスなのだ。これはいかん、と思い、12ポンドのボールに挑戦してみた。

結果・・・
撃沈である。
指穴は11ポンドのボールよりも少しは合ったのだが、基本的に、スッカスカのガスガス
どうにも、投げられない。
そういう私を横目に、義弟は例の安定した投球フォームでフックボールをばんばん投げていく。
両手でボールをがっしりとつかみ(一応、穴に指は入れている)、どたどたどた~っとラインまで走り、ライン直前でピタッと止まる。(なんのための助走なんだ・・・)
そして、ゴトンとボールをひねって落とす。ボールはレーン右端に沿ってものすごい回転をしながら進み、ピンの直前で左へ大きく曲がって、ピンを跳ね飛ばしながらボールは進み続ける。
昨日の義弟のハイスコアはなんと、146点だ。
優勝しちゃうんじゃないか??? と思わずにいられない。
一方私は、先日の夫とのボウリングでは100点超えを3回出したにも関わらず、ハイスコアで84点。
・・・なにやってんだ、私。

アレはやっぱり、マグレだったのか?
やっぱり、全然ダメなんじゃん!!
と、がっかりしながら名古屋へ戻った。
いや、アレはボールの穴が全然合っていなかったからなんじゃないだろうか?
もう少し合うボールだと、また100点を超えるんでは?
私の疑問は膨らむ。
そこで、一旦帰宅してから、我が家の近所のボウリング場へ行った。
ここまでくると、執念とド根性である。

スポーツをやる人、スポーツに打ち込んだ経験のある人はわかると思うが、そういう人たちは、
悪いイメージで一日を終わりたくない
という思いが強い。きっと、いや、確実にその夜は眠れない。悔しいし、意気消沈するし、自分のやり方のまずさに混乱する。
「ハイスコア84点」では、平和な夜は迎えられない。
鼻息荒く、ボウリング・シューズを持って、リベンジに出かけたのである。

ひとりぼっちのボウリング。
寂しいかな~と思ったが、夕方のボウリング場は、私のような「おひとり様」だらけだった。
上手な人ばかりではなく、私のような初心者も多く、皆さん一心不乱にボールを投げていた。見方によっては、かなり異様な光景だ。
「3ゲームお願いしますっっ」 ←受付の段階で、すでに鼻息が荒い
よくよく考えたら、義弟と4ゲーム投げている。そして更に3ゲーム投げようというのだから、ちょっと無謀だったかもしれないが、せっかく来たのだから、ゆっくり練習しようと思った。体力の余力もじゅうぶんにあった。

そこそこ合いそうなボールを見つけ、いざ、レーンに向かう。いつも投げている11ポンドの、指穴の小さいボールだ。先日はこれで、アベレージが95点まで来たのだ。
「あの感動を再び!」という感じだった。
他のレーンでは、ほとんどが私のような「おひとり様」で、皆さん、とても集中して練習していた。誰も騒がず、誰も拍手もせず、黙々と投げている。・・・やはり、異様な光景だ。
静かなボウリング場は、ピンの弾け飛ぶ音しかしていなかった。
・・・これは、集中できる。

そして、私も黙々と投げた。
しっかり集中して、雑念を振り払い、慎重に投げた。
「ああ~」と落胆する夫の声もなく、どたどた~っと走る義弟の足音もない。静かな、まことに良い環境だ。昔、弓道をやっていた頃を思い出した。
・・・すると。
なんと、1ゲーム目で、139点を出したのだ!
もちろん、私の人生で初の130点台だ。
先日の114点が、これまでの最高点だった。それが一気に139点まで来た。
このゲームではストライクが4回、スペアが2回あった。それくらいできると、130点台に乗るんだなぁ。

心を落ち着かせて、2ゲーム目。
ちょっと疲れも出ている。この日の6ゲーム目なのだから、疲れても当たり前かもしれんが。
失投もあったが、ストライクもあり、スペアは取れずで、88点。
ボウリングを始めた頃(17日前)のアベレージが60点台だったことからすれば、じゅうぶんだ。

ついでに投げた3ゲーム目。この日の7ゲーム目に当たる。
ストライクが1回、スペアが3回で、112点。
上出来だ。
というか、私にとっては、上出来すぎる。
結局、このリベンジ3ゲームは、アベレージが113点になった。

夜遅く帰宅した夫に、スコア表を見せびらかした。
「や~い! 139点取ったよ~!」
と言うと、ギャフンとは言ってくれなかったが、かなり喜んでくれた。
そして、リベンジ3ゲームに至った状況を説明すると、
「アンタ・・・ものすごい執念とド根性だなぁ」
と、半ば呆れていた。
「見たか! これがスポーツマンのド根性だ!」
と言うと、
「う~ん・・・女性で7ゲーム投げるって・・・ものすごい根性だなぁ。よっぽど、悔しかったんだろうなぁ。」
と夫は唸った。

そう、「頑張り」を支えるのは、執念とド根性なのである。
そして強迫観念
なんとかせねばならん、どうにかしなくちゃ、の思いが私をリベンジ3ゲームに駆り立てたのだ。
言い換えれば、私は追い詰められないと、ダメなんである。

7ゲームも投げたから、筋肉痛になるかな~と思っていたら、それが何ともなかった。
段々、慣れてきたようだ。
今日もみよし市の市民講座へ行ったが、筋肉痛は全くない。身体は絶好調である。
このまま猛特訓をしていると、またお尻が更に固く、大きくなるかもしれん。
更なる体力作りにつながるような気がする。
来週にはマイボールができあがる。
アベレージが100点超えれば、マイボールを持っていても、恥ずかしくない。と、思う。たぶん。
できあがるのが楽しみだなぁ。
これはいよいよ、親子ボウリング大会優勝を目指せそうになってきたぞ~!








月曜日は大忙し!

毎週月曜日は大忙しなのだ。
午前中に中級レッスン、午後にハワイ語と初級のレッスンがある。それだけならば、仕事なので、どうということもないのだが、月曜日の次は火曜日なのである。←当たり前
火曜日は、夫の実家へ行く日。
実家には、知的障害のある義弟が一人暮らししている。大抵の家事は一人でもできるのだが、そこは男の一人暮らしなので、どうしてもツメが甘い。
火曜日には実家へ行き、普段はあまり掃除しないような所を掃除したり、草むしりしたり、樹木剪定したり、台所を大掃除したり、衣替えを手伝ったり、と結構ハードなのである。通院や知的障害者向け作業訓練所の連絡事項などもある。
そして、「買い物僻地」なので、彼を連れて買い物に行く。近くのショッピングセンターまで、車で20分ほど。日用品や食料品の買い出しをする。
・・・が、そこは男の一人暮らし。何を食べているのかが、とても心配だ。
ということで、私は毎週火曜日に、彼の1週間分のおかずを作って持って行く。
・・・つまり、月曜日に作るわけだ。

たぶん、世の「単身赴任中のご主人をもっている奥さん」はこういう感じなんだと思う。
我が家は、夫が単身赴任したことがないので、1週間分のおかずを持たせる、運ぶ、という経験がなかった。ここにきて、初めて、おかずの大量作りをするようになったのである。
最初は何を持って行ったら良いのかわからなかったが、こういう生活も半年以上経つので、私も慣れてきた。とにかく、日持ちしやすい、火がしっかり通ったものを中心に、時間差で食べられるよう冷凍にもする。
同じおかずが続かないように、同じ食材が続かないように、同じ味付けが続かないように、季節感のあるように、そして飽きないように。
知的障害があるので、気に入ったモノばかり、ずっと食べ続けてしまうので、とにかく同じような内容が続かないように気をつけている。
作るのは簡単だが、メニューを考えるのが結構大変だったりする。

これが明日、私が義弟に持っていくおかずである。
持って行くおかず.jpg

絵面はよくないのだが・・・
左上から、かぼちゃの煮物、その右が豚肉を赤味噌で漬け込んだものを焼いたもの。
その下の段の左から、タマネギと豚肉の生姜焼き、真ん中が油揚げの中に人参と椎茸と玉子を入れた巾着煮、右がレンコンと人参のきんぴら。
一番下の段の左から、大盛りのチキンライス(生バジル入り)、真ん中がはんぺんの煮物、右がナスの揚げ浸し。
その他、豆板醤で韓国風に味付けた牛肉とゴボウは焼くだけにして冷凍、豆腐のハンバーグも冷凍。これらは冷凍のまま持って行く。
・・・結構な量である。

これをレッスンから帰ってすぐに作る。
下ごしらえの必要な物やアク抜きの必要な物は朝から仕込む。
これで調理時間はだいたい2時間~3時間。
イチイチ、違う味付けの、違う材料を使うので、時間のロスが多くなってしまう。
だから私は、月曜日はレッスンから帰るとずっと台所にいるのだ。
ついでに我が家の夕食を作り、明日の夫のお弁当のおかずを作る。
・・・お弁当屋さんやお惣菜屋さん並である。

これも、月曜日だけだからできる。
これが毎日だったら、気が変になるだろう。
いや、気が変にはならないかも。なにしろ私は食いしん坊なのだ。
食いしん坊な人は大抵、料理が好きだ。
私の場合は、一日中、台所で料理していても、全然気にならない。
・・・というか、かなり楽しい。

義弟はいつも、私のおかずを喜んでくれる。
自分で作らなくていいのだから、喜ぶのは当たり前かもしれない。
それでも、いつも全部食べて、きれいに容器が洗ってある。
「こないだの煮物、美味しかった。あれはどうやって作るの?」とたま~に聞いてくる。義弟は私が持って行くおかずがなくなると、自分で作って食べているのだ。だから、自分が気に入った味付けがあると、どうやって作るのかを尋ねてくる。
「ああ、あれはね・・・」と、紙に書いてわかるように説明する。
が、私は本来、何が何グラムとか、何が大さじ何杯なのか、ほとんど測らずに作っている。私の「舌」だけが頼りの料理なのだ。だから説明するのが難しい。
経験と勘だけが頼りの料理だから、最近では一緒に実家の台所で作ったりもする。

娘なんかがいたら、きっとそんな風に一緒に料理したりするんだろうなぁ。
私には子供がいないので、私の味を受け継ぐ人がいない。
なんだかちょっと寂しいような気もする。
でも、義弟が少しでも私の味を受け継いでくれたら、嬉しい。
そのうち、私がおかずを運ばなくても、自分で作れるようになるかもしれない。
できるようになったら、ぜひ彼の料理を食べてみたいものである。

食べる人の嬉しそうな顔を想像しながら料理するのは、本当に楽しい。
さて、来週は何を持って行こうか。
それを考えるのも、案外楽しみなのだ。
posted by プアアカハイ at 20:41愛知 Comment(0)日記

ようやく・・・!

昨日、名古屋ハワイアンフェスティバルにご参加くださった皆さん、応援に来てくださった皆さん、ありがとうございました!
ドゥ・ハワイのフェイスブックで、中級クラスの映像が少しだけ見られるようです。
お時間のある方はぜひご覧ください。 こちら→ Do Hawaii Fecebook
今日は昨日と打って変わって良いお天気ですが、風がすごいですね。カツラを付けている方は大変かもしれません。

さて・・・
まだまだ続く、ボウリング修行の道
今日は朝から夫と2人で近くにあるボウリング場へ。
私は未だにお尻が筋肉痛なのだが、そんなことは言っておれん。義弟の知的障がい者作業訓練所の親子ボウリング大会は6月16日だ。あと20日くらいしかない。それまでに、「恥ずかしくないレベル」にならねば。

夫は後ろからじ~っと私の投球を見る。
そして、アドバイス&叱咤。人にモノを教えるのが大嫌い(教わるのも大嫌い)な夫だが、彼も必死である。
時には、
「アンタの投げ方はこうなっとる! ええか、ワシが今からアンタの真似したるで! よく見とけよ、こうなっとるぞ!」
と言い、私の投げ方を真似て投球する。
ああ~ なんてイヤなヤツだ・・・
と思いつつも、夫はそういう私の失投を真似ながらも150点くらいは取る。
くそぉ・・・ いつか、ギャフンと言わせてやる。←と、心で握りこぶしを固めている

そのような夫のスパルタ(?)に耐えつつ練習を重ねてきたのだが、今日、とうとう100点を超えた!
夢の100点超えである。感涙ひとしおだ。
いつも私と夫は3ゲームを投げる。
今日もそのつもりで出かけたのだが、3ゲーム目にとうとう私が100点を超えたので、2ゲームずつ追加し、結局は5ゲームを投げた。
77 → 79 → 104 → 114 → 101
そう、3ゲームが100点超えになった。

私はボウリングが壊滅的に下手くそで、私の人生における最大の恥部なのだ。
100点を超えたのは今まで生きてきて、2回か3回しかない。
それが1日で3回も100点を超えた。
ああ~ うれしい~
アベレージは95点になった。

ようやく、やっとこさ、100点を超えることができた。
最初はアベレージが66点くらいだった。目標は80点にして始めた。80点なんて、いったいいつのことになるのやら・・・と思っていたのだが、ちょうど2週間で29点上がったことになる。
う~ん、やればできる。
やはり、練習あるのみ、なのか。
それとも、夫の的確な(?)アドバイス&叱咤のおかげか。

しかし、これで安心はしておれん。
今日がマグレなのかもしれん。
これが毎回できるようになれば、胸を張って「恥ずかしくないレベルです!」と言えるんだろうなぁ。
まだまだ失投がたくさんある。ガターは飛躍的に減ったが、ちゃんと真ん中にボールが行かないことが多い。これがコンスタントに真ん中へ行ってくれれば、もう少しスコアが上がるような気がする。
引き続き、練習せねば。

今日の夫は、私にイジワルを言わなかった。(元々、夫はいじめっ子であった)
手放しに喜んでくれたし、褒めてくれた。夫が私を褒めるのは何年ぶりだろうか・・・ っていうか、以前、なんで私を褒めたのかも思い出せん。
この調子で、いつか、ギャフンと言わせられるように、頑張ろう。←もはや、目的が違ってきている

注文したマイボールは6月5日に受け取りに行く。
マイボールになると、またちょっと感じが違うのだろうが、とにかく、
恥ずかしくないレベル
になれるよう、練習しよう。
今の目標はアベレージ100。
それはいつのことになるのやら・・・
ブログで公言(?)した以上、なんとかせねば。

一つのことに注意すると、また他のことを忘れる。できなくなる。
これの繰り返しなのだが、こういうのは、どんなカテゴリーの運動でも同じだろう。
フラでも、「一つのことに集中してると、他のことを忘れちゃう!」と言う生徒さんがいるが、アレは本当だ。私も今回のボウリング修行で、よ~くわかった。
まぁ、とにかく、焦らずに、何度も繰り返し、だ。
思わぬボウリング修行で、生徒さん達の心理を垣間見たような気がする。
おかげで、今後はもっと「気の長~いレッスン」ができそうである。
ボウリングも役立つなぁ。


posted by プアアカハイ at 18:09愛知 ☀Comment(0)日記