丸栄ハワイアンフェスタ

今日はあいにくのお天気でしたが、丸栄百貨店ハワイアンフェスタに出演しました。
たくさんの方々が見てくださいました。
直接お礼の言えた方もありましたが、お話できなかった方々もいらっしゃいます。この場を借りてお礼申し上げます。
足下の悪い中、応援いただき、ありがとうございました!


丸栄のステージは大きく、楽屋も広めで使いやすい。
百貨店催事では一番、出演しやすいイベント。
大人数でもステージに上がれるし、言うことなしです。

では、今日のステージの模様をお伝えします。

1 Hanohano Kekaha
上級クラスの皆さんです。
DSC_0001.jpg

この曲は、斜め前に出たり下がったりの移動が多く、なかなか難しいです。角度もタイミングもとても難しい。ついでに目線の付け方もイレギュラーなところがあり、習得に時間のかかるナンバーでした。
DSC_0003.jpg

それでも目立つ所はきちんと揃えられています。
途中、列が激しく乱れたのですが、ヴァンプのたびに元の位置にきちんと戻り、うまくまとめました。
この写真はなかなか迫力がありますね。
DSC_0006.jpg

伸びやかに使う腕が美しいです。

2 Kaimana Hila
初級クラスのお二人を、直美先生と私ではさんでいます。
まだ、隣との間隔を均等に保つのが難しいのですが、本番ではうまく位置取りができていました。
DSC_0015.jpg

伸び伸びと踊れていますね。
DSC_0021.jpg

これは角度が難しいです。目線も下にある手につけるので、初級クラスには難しい振り付けですね。
DSC_0024.jpg

こうして少しずつ、経験を積んでいくと、舞台に慣れていきます。
前回の、ドゥ・ハワイ・カルチャースクール発表会よりも、ずっとずっとよくできていました!

3 Hanalei Moon
直美先生のソロ。長い曲ですが、よく頑張ってくださいました。(2曲続けて踊ってる)
DSC_0042.jpg

「自分の楽しみで踊ってる」のと、「ステージでお客様を前に踊る」のとは、ずいぶん違います。お客様を前に踊る時は、特に目線の付け方に気をつけねばなりません。
この写真のように、手よりも目線が先行すると良いですね。
DSC_0034.jpg

手よりも明らかに目線が先行すると、空間を大きく・広く見せることができます。特に上に目線をつける時は、天井を高く見せることができるので、空・山・星・月などの「上の方にある物」を表現するには必要な小技になります。
優しい表情で踊っています。
DSC_0044-1.jpg


4 Papalina Lahilahi
中級クラスの皆さん。かなりの大人数で、迫力があります。
DSC_0056.jpg

角度がばっちり揃っています。
DSC_0057.jpg

パパリナ・ラヒラヒは、普通は初級者向けの曲になっていますが、私が教えているパパリナ・ラヒラヒはかなり難しいです。ステップもいろいろ入っているし、アミの逆回転(!)もあります。
「誰でも踊れるパパリナ・ラヒラヒ」ではないのです。
DSC_0058.jpg

よく揃っていて、とても美しいフラでした!

5 Nani Wale `Oahu
最後に私のソロ。
この曲は私も大好き。でもなかなか踊る機会がなく、これが2回目。
DSC_0065-1.jpg

これもたまたま、目線が先行していることがわかりやすい写真です。
DSC_0067.jpg

このように目線が横方向に先行すると、その場所がワイドな感じになります。広い場所を表現する時に使う小技です。
そして回転した後は伸びやかに。こんな感じです。頭の角度をうまく使うと、より伸び伸びした感じになります。
DSC_0092.jpg

回転(スピンではなく、ターン)は、その回転を終えた時の姿勢が勝負です。スカートがふわりと後からついてくる・・・のようなターンだと、とても美しいですね。
今、上級クラスではこのターンを練習中ですが、「間に合うか間に合わんか、ギリギリのタイミング」というのがとても難しいです。また上級クラスでは引き続き、これを練習していきましょう!

雨が降っていましたが、多くの方々がご来場くださり、応援してくださいました。
皆さん、ありがとうございました!
そして、ご出演くださった生徒の皆さん、お疲れ様でした!



posted by プアアカハイ at 16:19愛知 🌁Comment(0)日記