チョコレート焼きそば!!!

今日の午前レッスンの後のお昼休みのこと。
いつもドゥ・ハワイの事務所で直美先生やドゥ・ハワイのスタッフと一緒にお昼ご飯を食べる。
お昼のメニューはいつも一緒だ。・・・というか、セブンイレ○ンの日替わり弁当。野菜中心のおかずが毎日替わる。ご飯も美味しい。1個から配達してくれて、税込み510円!
・・・というお弁当を食べているのは、スタッフのあかね嬢と直美先生と私。
生徒さんにはお馴染みの、受付のす~さんはお家から持ってきたお弁当や麺類やサンドウィッチなどなど。
いつも昼食難民になっているのが、社長とアキヒロ様だ。
今日は、社長はお昼ご飯を持参されていたが、アキヒロ様は持ってきていなくて、丁度外出していたジャイアン後藤君にお昼ご飯を買ってきてくれるよう電話していた。
ジャイアン後藤君とは、以前、ドゥ・ハワイ・カルチャースクールの発表会で初演奏を果たしたドゥ・ハワイアンズのメンバーだ。覚えていらっしゃる生徒さんも多いだろう。

さて・・・
そのジャイアン後藤君の買ってくるお昼ご飯のセンスは、なかなかぶっ飛んでいる。
去年の年末、同じようにアキヒロ様に依頼されて買ってきたのは・・・
イチゴショートケーキ味の一平ちゃん焼きそば
だった。
さすがにアキヒロ様は食べなかった。
未だにそのイチゴショート焼きそばはアキヒロ様の机の上に鎮座している。
そしてジャイアン後藤君の今回のチョイスは・・・
ペヤング・ソース焼きそばのチョコレート味
である・・・。

こんな外見だ。
チョコレート焼きそば.jpg

「ギリ」チョコレート、などと書いてある。
一番下には、とろ~りスウィートと書いてある・・・。

「ええぇぇぇ~ こんなの、よう食べん!(食べられない、の名古屋弁)」
とアキヒロ様は言ったが、一同の、
「食べてみや~」
「どんなのか、見てみたいが!」
「作ってみようよ~」
という言葉に押され、直美先生が作ってみた。湯を注ぎ、麺がゆだったら湯をすて、付属のソースをかける。いたって、普通のカップ焼きそばと同じ製法だ。
焼きそばにはかやくが入っている。
このかやくは何だろう、と外装フィルムを読むと、
クルトン ドライイチゴ
と書いてあった。かやくまで、「甘系」のようである。

出来上がったものは・・・
見た目は普通の焼きそばと同じだ。
確かに、チョコレートなのだから、茶色だ。
ソースの袋の切れ端についたソースの片鱗をみんなで指に取ってなめてみた。
チョコレートそのものだ。
ちょこっと塩気のあるチョコレートソースだった。
そして、その焼きそばであるが・・・
みんなでひと箸ずつ、食べてみた。
チョコレートの甘い味と香りが麺にからんでいる。
食べられないこともないが、美味しいとは思えなかった。
アリと言えば、アリだが、好みかと言えば、好みじゃない。(私的には)

「あ、おいしいじゃん!」とあかね嬢。
「ペヤングっぽいぞ!」とアキヒロ様。
「う~ん・・・チョコレートだねぇ」と直美先生。
「これはイカンな!」と社長。
「全然、アリですねぇ」とジャイアン後藤君。
賛否両論であった。
どうやら、40歳以上と40歳以下で大きく意見が異なるようだ。

結局、完食はできなかった。
それは何となく、理解できる。
たとえ「美味しい」と感じても、あのカップ焼きそばの量のチョコレート味となると、くどくなってくるし、その味に飽きる。どこまで食べても、ず~っとチョコレート味なのだ。飽きて当たり前である。

ジャイアン後藤君のお昼ご飯のチョイスはなかなか、である。
次はどんなものを買ってくるのかなぁ。
怖い物見たさで(自分は食べたくない)、楽しみである。
posted by プアアカハイ at 20:35愛知 ☀Comment(0)日記

チョコレート

この時期、デパートやショッピングセンターではチョコレート・フェアなるものが開催されている。
バレンタイン商戦まっただ中、という感じだ。新聞の折り込み広告やテレビのCMでもいろいろなチョコレートが宣伝されている。ニュースでも、チョコレート・フェアに並ぶ若い女性の姿が写っている。

我が家では・・・
夫と言えば甘い物、甘い物と言えば夫
なのだ。
夫はお酒を飲まない替わりに、甘い物には目がない。
和菓子・洋菓子・普段のお菓子・チョコレートなどなど、お菓子を買うのは夫の趣味である。仕事帰りに限定品の高級羊羹を買ってくることもあるし、ケーキを買ってくることも頻繁にある。休日にはワザワザ車で30分の距離にある和菓子店へ行き、フルーツ大福を大人買いしてくる。
とにかく、甘い物が大好きなのだ。
そして彼の買ってくる甘い物は、イチイチ、ものすごくセンスが良い。これには毎回脱帽する。
どこでどう、その情報を得てくるのか知らないが、いつも美味しい物を買ってくる。

この時期、夫の興味の9割はチョコレートに注がれる。
新聞の折り込み広告に入るチョコレート・フェアの紹介を熟読(!)し、HPで確認し、どのデパートのフェアにはどこのメーカーが出店しているのかをチェックし、その研究には余念がない。
この情熱をもっと他の場所に活かせれば良いのだが・・・チョコレートだからこその情熱か。

そんな夫が昨日、おかしなメールを送ってきた。
夕方6時頃、「帰宅は7時半くらいだよ」と知らせてきたのだ。
夫は毎日、「帰るよメール」を送ってくる。ちなみにそれは、夕飯の準備のための連絡だ。残念ながら、溢れる愛情からのものではない。「熱々を食べたい!」というだけのことなのだ。
いつもは、「帰るよメール」から約1時間で自宅に到着する。だから、午後6時に職場を出たならば、普通は、「7時頃に到着するよ」と知らせてくるはずなのだ。
なのに、「7時半」って?
その「30分」は何???
ピーンときた。
チョコレートだ。

そして、夫が帰宅。
玄関の扉を開ける時に、
ガサガサッッ
と音がした。
間違いない。チョコレートだ。チョコレートを買った紙袋の音に違いない。
「ただいま~」の声も、いつもより半音高いような気がする。

食後、やおら松坂屋の紙袋からチョコレートを取り出す夫。
そうか、松坂屋へ寄っていたのだな・・・。
夫が買ってきたのは、宇治園というメーカーの、お茶3種の生チョコレートだった。
母と私と夫は目をつぶり、そのチョコレートを味わった。
ああ・・・なんたる幸せ。

3種類とも一通り食べた後、夫はまた紙袋をガサガサした。
「いつも世話になっとるで、これは小百合ちゃんとお母さんの分ね」
と言い、母と私に可愛い箱をくれた。(ちなみに夫は私のことを「小百合ちゃん」と呼ぶ。)
これが、その可愛い箱と中身。
チョコ1.jpg

なかなか、センスが良い。

中身は、ミニチュアのケーキのようだった。
チョコ2.jpg


大きさはこのくらい。
これはマカロンかな。
チョコ4.jpg


これは苺チョコレートのケーキかな。
ものすごく精巧にできてる。
チョコ5.jpg


これはレモンのレア・チーズっぽい。
レモンはちゃんと、「レモンの切り口」になってる。
チョコ3.jpg


どれもこれも、とても精巧に作られてる。
食べるのがもったいない感じ。
・・・と言いつつ、最後の「レモンのレア・チーズ」は食べてしまった。(母はまだ、大事にとっている)

普通、バレンタインと言えば、「女性から男性へ」なのだが、我が家では夫が買ってくる。
不思議な感じがするかもしれないが、これはここ数年の我が家の恒例になっている。
以前は私が夫にチョコレートを買っていたのだが、どうやら「私のチョコレートのセンス」と「夫のチョコレートのセンス」が違うらしい。
ある年から、突然夫が自分で買ってくるようになったのだ。そして毎年、私と母の分も買ってくる。
かと言って、夫は、「チョコレート買ったから、お金ちょうだい」とは言わない。自分のお小遣いで買ってくるのだ。
突然買ってくる羊羹や大福、ケーキの代金もすべて自分のお小遣いなのだ。
なんとも、有り難いというか・・・

食べながら、ふと思った。
デパートのチョコレート・フェアって、若い女性ばっかじゃないのか?
男性って、店員さん以外にいないんじゃないのか?
そこで夫に聞いてみた。
すると、
「そうだよ~ 女の人ばっかだよ。若い男性もいたけど、みんなアベック(死語)で来てた。」
と言った。
「じゃあ、オジサンって、みっちゃん(夫の呼び名)だけ???」
「そうだよ」
「ねぇ、それって、恥ずかしくなかった?」
目つき鋭く、悪徳不動産屋のようなコートに背広、ビジネス・バッグの夫が、女性だらけの列に並んでチョコレートを買う・・・不思議な光景だ。
すると、
「なにが恥ずかしいことがあるものか!! ちゃんと、お金払って買ってるんだから。『くれ』って言ったワケじゃないぞ!」
そりゃあ、そうだけど・・・
「恥ずかしい」の意味が違う・・・
「店員さん、怪しんでなかった?」
と尋ねると、
「娘さんに買っていくのかな?とでも、思ったんじゃない?」
と答えた。
いやいや・・・夫の年齢なら、「お孫さん」だろう・・・。
私達には子供がいないので、どこか世間とは年齢感がズレているのだ。

チョコレートは美味しい。
確かにこの時期には、この時期にしか買えないチョコレートがある。
私も時間があったら、チョコレート・フェアに行ってこようかなぁ。
でも、お菓子のセンスは、絶対に夫には勝てないのだ・・・。

posted by プアアカハイ at 20:35愛知 ☀Comment(0)日記

吹雪

毎週火曜日は夫の実家へ行っている。
その実家では、知的障がいのある義弟が一人暮らししている。
役所からの通知の処理や通院、買い出し、掃除などなど、やることはたくさんある。
しかし一番重要なのは、
1週間分のおかずの運搬
である。

去年の今頃、義弟の主治医から「随分痩せていますねぇ。」と言われ、検査したところ、 
栄養失調の一歩手前
であることが判明した。
いったい、何を食べさせてもらっているのかをよくよく尋ねたところ、かなり驚くような食事内容だった。その頃の義弟は、私の夫のすぐ下の弟家族と一緒に実家に住んでいたので、私は彼の食事内容をよく知らなかったのだ。
「それではイカン」と思ったのだが、夫の弟家族と暮らしている手前、あまりなことは言えない。
その弟家族は去年10月に出て行き、今は知的障がいのある義弟が一人で暮らしている。こうなれば、私の出番である。

月曜はレッスンが終わるとスーパーであれこれ買い、夜までずっと料理している。
次の日(火曜)に義弟に持って行くためのおかず作りに専念しているのだ。(ついでに我が家の夕食も作る)
毎日同じ物を食べさせたくないので、一度にどど~んと作って持って行く、ということはできない。
ちょこっとずつ、いろいろな物を作る。
一度にどど~んと作った物は、1回分ずつに分けて冷凍したり、冷凍できない物はタッパで2回分くらいに分けるが、基本的には、違う物ばかりを1週間分作る。
毎週、そんな風に、主菜タッパ6個と小さいおかずタッパ3個を持って行く。
それに加えて、冷凍しておいた煮物や佃煮を持って行く。
それに加えて、スーパーで買った野菜・肉・豆腐・玉子などなどを持って行く。カップラーメンやいざという時のためのレトルト食品も持って行く。
私自身はレトルト食品の薬っぽいところが大嫌いなので買うことはないのだが、今は種類も豊富で、男の一人暮らしにはなかなか便利だ。

・・・という大荷物を持って、今日も実家へ行った。
途中、ナビが「三重県で大雪警報です」と親切なお姉さんの声で言った。
う~ん、困るなぁ。
夫の実家は岐阜県境で三重県の多度山もよく見える田園地区。名古屋よりもだいぶ寒い。風を遮る建物も何もないので、めちゃめちゃ風が強く、伊吹颪をまともに食らう地区だ。
帰り道、猛吹雪に見舞われた。

途中、風雪で前が見えないくらいになった。
私はハワイ島のヒロに住んでいたから、大雨の中の運転は平気だ。
しかし、猛吹雪の中の運転はほとんど経験がない。名古屋ではそういう天候はほとんどないのだ。
昼間の雪だから積もるような雪ではなく、かなり水っぽい大粒の雪だったが、それでも車のフロントガラスにたたきつけてくる雪は恐ろしい。スタッドレスタイヤなので足元は問題ないが、視界が悪すぎる。
「ひえええぇぇぇ~」と思いながら、コンビニに一時避難した。
温かいコーヒーを飲みながら、留守番してくれてる母に電話した。
母は、
「雪? こっちも降ってるよ。ちらちら~って感じかな。」
と言った。
う~ん、名古屋と夫の実家付近では、同じ愛知県でも随分違うようだ。

名古屋へ近づくにつれ、だんだん雪が止んできた。
自宅に帰り着く頃には、雪なんぞ、どこにも降っていない。地面も全然濡れていなかった。
あの猛吹雪はなんだったんだろうか・・・。 
その吹雪の片鱗は、私の車の窓ガラスの汚れとなっていた。
ああ・・・ハラ立つ。昨日の朝、拭いたばっかだったのに。

この寒気は明日まで続くらしい。
名古屋は風は強いけど、本来はそんなに雪の降る場所ではない。
雪の日の運転は実にイヤだ。
レッスンのある日は雪が降らないでほしいなぁ。
はてさて・・・来週の火曜の天気はどうなんだろう。雪だと困るんだが、それでも義弟へのおかず運びは必須だ。飢えさせてはいけない。ちゃんと、タンパク質とビタミンとカルシウムが豊富で彩りも美しく、いろいろな味付けで、手の入った美味しいものを届けたい。
母は料理に勤しむ私に、
「アンタ・・・マメだねぇ」
とため息まじりに言うが、そういう母も私が大人になるまでは、そうやって毎日美味しい物を作ってくれた。そして母も、義弟に持って行く食料やお菓子をさりげなく買ってきてくれる。私がマメで世話好きなのは、母にそっくりなのだ。

そう、これは、「順番」なのである。
やってもらったから、どこかでお返しをする。
そういう考え方だ。
「お返し」ができるというのは、実に幸せなことだ。やってあげたくてもできない、というのが一番苦しく辛い。
私ができるうちは、精一杯やっていこう。
ただ、雪の中の運転は・・・カンベンして欲しいものである。
こればっかりは、マメで世話好きでも克服できないのだ・・・。
posted by プアアカハイ at 17:01愛知 ☁Comment(0)日記