ビッグダディ???

土曜日にはドゥ・ハワイ・カルチャースクールの発表会ドレスアップしていた私も・・・
昨日(日曜日)はジャージを着て大掃除
そう、私とのお付き合いの長い方々はご存知だが、我が家の大掃除は11月に行っている。
理由は単純。12月に入ると寒いからだ。
寒いと作業効率が悪くなる。そして屋外の掃除は寒風吹きすさぶ中でやらねばならん。
それはイヤだ。
・・・という具合で、我が家では10月の最終週末に網戸洗い照明器具のカサ洗いをすることになっている。

朝っぱらからジャージを着て、照明器具のカサと網戸を外して、外でじゃぶじゃぶ洗った。
砂埃やら埃やらで、網戸は結構汚れている。丁寧に洗剤で洗って干す。
照明器具のカサは大して汚れていない。・・・が、油断してはいかんのだ。
たとえ汚れていなくても、毎年キチンと洗わないと、こういうものはいつの間にか汚くなる。
夫はよく、「いいじゃん、汚れてないよ。キレイだから、わざわざ外して洗わなくてもいいんじゃない?」と言うが、そういう問題ではないのだ。
こういうこまめなお手入れが、何でも長持ちさせるもんだ。
そして、年の瀬に、「そういやぁ、アレがまだ洗ってなかったな・・・」と考えねばならんのはイヤなのだ。
水を屋外で使っても平気な気候のうちに、こういうことは済ませたい。←基本、せっかち

カーテンを外して洗い、窓枠の桟をキレイに拭く。窓ガラスを持ち上げて滑車を綿棒でこちょこちょ拭く。そして、窓を磨き上げる。
結構な重労働だ。これを家中の窓で実施する。
拭き終わった窓から、洗い終わったカーテンを掛けて干す。
暖かかったので、窓を開けっ放しにしても平気だし、カーテンもすぐに乾いてくれた。
う~ん、誰が何と言おうと、こういう「半屋外」の大掃除は今の時期に限る。

ふと、磨き上げた窓ガラスを見ると、自分の姿が鏡のように写っていた。
「?」
誰かに似ている。
誰だっけ。
そう! 子だくさんで有名になったビッグダディにそっくりなのだ~!
その時の私のイデタチは、パーカー、ジャージのズボン、眼鏡、マスク、姉さんかぶりにした手ぬぐい。手にはゴム手袋。
まったく誰だかわからん姿だ。このまま銀行強盗に行っても、私が誰だか、わからんだろう。
前日にドレスアップして踊っていたとは思えんイデタチだ。

今日はレッスンを終えてから、またもやビッグダディになって、エアコンの内部洗浄と掃除、外せない照明器具のカサを拭いた。
まだまだ作業は続く。夫の背広の衣替え。←ちなみに私の分はまだ。自分の事は最後になっちゃう。

作業は順調だったのだが、ここへ来て、思わぬ誤算が生じた。
夫の夏背広を大きな袋に入れて、歩いて行けるご近所のクリーニング屋さんへ持ち込んだのだが、
「長らくご利用いただきありがとうございました。当店は閉店いたしました。」
の貼り紙が。
ええ~っ カンベンしてちょうよ! という感じだ。
何しろ、夫の夏背広は7組もある。替えのズボンもある。いったい、私は何キロの洗濯物を歩いて運んでいるのか!

どうしよう・・・
どうしようもない脱力感が私を襲う。
我が家の近所にはお店は一切、ない。一番近いコンビニでも500メートル以上ある。スーパーなんぞ、そこそこの品揃えの店は車で(!)15分は走らねばならん。
私は山の中に住んでいるわけではない。名古屋城のすぐ近くなんである。
そう、所謂、都会の過疎化だ。
我が家の近辺で、クリーニング屋さんなど、その閉店した店以外、見たことがない。
う~ん・・・
すると、いつも出かけるスーパーのテナントに、クリーニング屋さんが入っていることを思い出した。
ナイス! 私よ!
・・・ここまで来ると、「一人百面相」状態である。
青くなったり、湧き上がったり、途方に暮れたり。

巨大な袋を車に積み込み、スーパーへ。15分の道のりだ。
本当にここは名古屋の中心地か・・・とブツブツ言いながら。
でも、無事にクリーニングを頼むことができた。

なんだか・・・怒濤の一日だった。
昨日の大掃除作業を入れれば、二日間頑張ったことになる。
・・・が、二日間では済まないのだ。
明日は義弟の通院で夫の実家へ行く。
ついでに、フローリング床の木目の目地が割けている所をパテで補修する。
それだけではない。
洗濯機の排水ホースと排水溝の間の空間を排水溝用パテで埋める。
以前飼われていた犬が噛んで穴を開けた壁の補修もある。
やること満載だ。

今週末には我が家のフローリング床のワックスがけが待っている。
さっさと暖かいウチにやってしまって、楽しい12月を過ごすぞ~!
頑張れ、私!
posted by プアアカハイ at 19:05愛知 ☁Comment(0)日記

ドゥ・ハワイ・カルチャースクール発表会

今日はドゥ・ハワイ・カルチャースクール発表会に出演しました!
会場はいつものドゥ・ハワイ・カルチャースクールのスタジオでした。
見てくださる方々もお身内やご友人が中心で、アットホームな楽しいステージになりました。
いつも練習しているスタジオだと緊張が少ないのか、各クラス、とても良くできていました。

では、早速、発表会の模様を写真でご紹介します。
まずは中級クラスから。
今回の発表会では、「いつもこんな風に練習しているんですよ~」というのをご覧いただくため、CDを使わず、私がレッスンと同じようにウクレレを弾いて生徒さん達に踊っていただきました。
DSC_0001.jpg

さすが手慣れたクラスらしく、落ち着いて踊れています。
DSC_0007.jpg

わかってはいても、至近距離にお客様がいらっしゃる時、なかなか顔が上げられないものですが、このクラスは目線も上手に使えています。
DSC_0011.jpg

こんな風に私がウクレレを弾いて歌っています。
DSC_0015.jpg

お客様もたくさん来てくださいました。
DSC_0017.jpg


キッズ・ウクレレクラス。
パイナップル・プリンセスの歌声が可愛らしかったです。
DSC_0019.jpg


ウクレレ体験レッスンの様子です。
初めてウクレレを弾いた時は、私も「難しいなぁ~」と思ったのですが、やっているとだんだん楽しくなる楽器です。
DSC_0021.jpg

ウクレレ講座の山口零司先生のご指導。
楽しく、優しく教えてくれますよ~
DSC_0023.jpg


ウクレレ初級クラス60歳から始めるフラクラスのコラボ。
生の演奏に合わせるのは難しいですが、最後までよく頑張りました。
DSC_0049.jpg

「踊りは間違えてもいい。楽しく踊って!」と言い続けてきたカイがあり、皆さん楽しそうに踊ってくださいました。
DSC_0050.jpg

お客様は更に増えて、会場は満員です。
DSC_0057.jpg


引き続き、コラボのプログラム。
ウクレレ初級クラスフラ上級クラスの皆さんです。
DSC_0063.jpg

さすがは上級クラス。細かい所までよく揃っています。
DSC_0066.jpg

このクラスの演目は、実は先週できあがったばかりのナンバーだったのですが、生演奏によく合わせてくれました。
DSC_0068.jpg

まだまだこのナンバーは良くなるはず。しばらくはこの曲を練習していきましょう~
DSC_0075.jpg

バンドさんをバックに踊るのは、全フラダンサーの夢。嬉しかったですね。山口先生、ご協力いただき、ありがとうございました!
DSC_0059.jpg


フラ体験レッスンの様子です。
たくさんの方々が参加してくださいました。
DSC_0081.jpg

両手両足がばらばらの動きをするのは難しいですね。
DSC_0084.jpg

そして最後には、私のウクレレと歌に合わせて踊っていただきました。
DSC_0086.jpg

意外だったのは(失礼!)、ウクレレの山口先生がお上手だったこと。ウクレレの先生なのでリズム感が良いのか、とてもナイスなフラでした。

ウクレレ初心者クラスの演奏に合わせて私が踊りました。
歌声もしっかり出ていて、踊りやすかったです。
DSC_0093.jpg


最後のプログラム、フラ初級クラスです。
踊り慣れた曲ですが、前のステージよりもかなり上達しています。
DSC_0103.jpg

落ち着いて踊れています。
また、「アロ~ハ~」のかけ声を中級・上級クラスの皆さんが叫んで(!)くださったので、楽しい演目になりました。皆さん、ありがとう!
DSC_0104.jpg

こんな感じに、私がウクレレを弾いて歌っています。
DSC_0106.jpg


そして発表会の最後には、ドゥ・ハワイアンズの演奏でした。
ドゥ・ハワイアンンズは、ドゥ・ハワイの社長を始め、その社屋で働く人々、その関係者で構成されたバンドです。
今回が初めての人前での演奏でした。
・・・というか、ドゥ・ハワイアンズが結成されたのはまだ1ヶ月ほど前。
初めてウクレレを手にし、初めてハワイアンを歌う・・・というグループですが、この日のために一生懸命練習してきました。(実は密かに、毎週木曜日に練習をしてました)
・・・に合わせて踊る私。「ウルパラクア」です。
DSC_0113.jpg

リズムがきちんと刻めているので、踊りやすかったです。
DSC_0114.jpg

この曲は難しい。ウクレレは4拍子なんだけれど、歌は4拍子じゃない。シンコーペーションになってます。
・・・に合わせて踊る直美先生。「ハワイアン・ララバイ」です。
DSC_0138.jpg

演奏しているジャイアン、緊張してる? B先生も緊張してるっぽい。
DSC_0140.jpg

私もさりげな~く演奏に参加。背後霊みたく。
DSC_0143.jpg

最後は直美先生と私。「カイマナ・ヒラ」です。
DSC_0147.jpg

途中から上級クラスと初級クラスの有志が応援に踊ってくれました。
DSC_0154.jpg

何気に揃ってる。
DSC_0160.jpg


ここでハナ・ホウ。
ハナ・ホウというのは、ハワイ語で「アンコール」の意。
でもまだ1ヶ月そこそこの練習なので、レパートリーが少ないのです。
もう一度、カイマナ・ヒラを踊りました。
この踊りを知っている人も知らない人も、見よう見まねで全員参加の「総踊り」状態です。
DSC_0180.jpg

間違えてもいい、とにかく、楽しく!
DSC_0184.jpg

総踊りは楽しいなぁ。
DSC_0188.jpg

ちなみに、キーボードは「す~さん」。そう、ドゥ・ハワイ・カルチャースクールの受付嬢ですよ~
私も長いことピアノを習ってましたが、コード弾きのできるピアノ奏者って、なかなかいません。コードから拾って、メロディーを作り、そして楽譜もちゃんと作られていました。いや~、良い人材に恵まれました。
DSC_0171.jpg

ドゥ・ハワイアンズはクラブ活動のようなもの。
だから毎週練習できるわけではないし、練習する時間も限られています。
でも、楽しく、これからも続けていけたらいいなぁ~と思っています。

お片付けの最中、初級クラスの皆さんと写真を撮りました。
このクラスのMちゃんが関東へお引っ越しされることとなり、今日が最後です。Mちゃんとの最後に、良い思い出になりました。短い間でしたが、レッスンに通ってくださり、ありがとうございました!
DSC_0208.jpg


今回の発表会では、別に誰かから頼まれたワケでもないのに(と言うか、誰も頼んでない)、私が勝手に司会進行をしました。
先ほど夫が撮影してくれたビデオを見たのですが、ほとんど「しゃべりっぱなし状態」でした。
でも、いつもより声にパワーがない。・・・と言うのは、一昨日の夜から風邪を引いてしまい、昨日の早朝は全く声が出ない状態だったのです。かすれる、くらいの状態ではなく、ぜ~ぜ~ひゅ~ひゅ~でした。
昨日の朝一番ですぐに医者へ行き、
「先生っっ! 今日の午後のレッスンと明日の発表会では歌って踊らねばなりません。何とか、声の出るようにしてくださいっっ」
と訴えてみました。
鼻もつまっているので、後半は、「だんどが、ごえのでどぅどうでぃじでぐだざいっっ」という総濁音だったが。
いつも冷静なお医者様は私の必死の形相に引きながらも、
「え~? 今日の午後から歌う~? 明日も歌う~? 無理でしょう、絶対に。ちょっとやそっとで声が出る状態にはなりませんよ~ かなり喉をやられてますからねぇ」
とおっしゃった。
でも、できた。
いつもより声が伸びなかったし、いつもより息継ぎが多かったけど。
それというのも、私の歌い方はあまり喉を使っていないおかげだ。実は、話す時も歌う時も、私は腹を使っている。お腹でビブラートをかけ、お腹で呼吸をする。
こういう時、腹式呼吸人は得だなぁ。
そして、大きい身体万歳! と叫びたいところだ。

次回の発表会はまた半年くらい先のことになると思うのだけれど、その時は万全の体調で臨みたいところです。
いつも生徒さんには「体調に気をつけて!」と言ってるクセに、自分が、ではお話にならない。
掃除の洗剤で喉が荒れていたとはいえ、何とも情けない話だ。
一応はできたが、満足のいく伴奏と歌はできなかった。
次回はもっと頑張ろう~
posted by プアアカハイ at 18:28愛知 ☁Comment(0)日記

れんこん団子

なかなかブログが更新できません。
毎週末と火曜日は夫の実家へ通って掃除しているのだが、それも3週間目に入ると疲労困憊である。
それでも少しずつキレイになっていくのを見るのは嬉しい。
先週末はリビングルームの壁の大掃除をした。
何年磨いていないのかわからないが、とにかくホコリと汚れ、ポスター焼け、カビの繁殖に侵された壁を磨く、磨く、磨く。
住居用洗剤ではとうていタチウチできないほどの状態で、主婦の心強い味方「キッチン泡ハイ○ー」の力を借り、こすっては拭き、こすっては拭きを繰り返した。こういう作業は毎年、夫と一緒に我が家の掃除をしているので、夫も参戦。画鋲の刺し跡もそのままになっていたので、それも埋めた。
磨くこと3時間。
ようやく、壁紙の柄(!)が出てきた。
一安心である・・・。

ぐったり疲れた帰り道。
喉の具合がおかしい。
至近距離でキッチン泡ハイ○ーの臭いを嗅ぎ続けたせいか、おかしな痰がからむ。
私は元々、ハウスダストのアレルギーもある。ホコリにまみれた家にいれば、咳がでたり痰がからむ。まさしく、そんな感じだった。

そこで・・・
今夜はれんこん団子の甘酢あんかけを作った。
咳や痰、アレルギー性鼻炎などには、れんこんが効く。特に、節と節の間の細い所が効くのだ。
れんこん農家には、花粉症を発症する人がものすごく少ない、と聞く。
夫の実家の近くにある「道の駅」でれんこんを大量に入手したので、それを使って作った。
こんな感じである。
蓮根団子甘酢あんかけ.jpg


作り方はこんな感じ。案外、面倒くさい。
<材料>
細めの小さなれんこん 6節
豚の挽肉 300グラムぐらい
人参 4分の1本
極太ごぼう 10センチ
玉子 1個
片栗粉
塩・こしょう 少々

1 れんこんの皮を剥いて水に浸してアク抜きする。5節はすりおろし、1節は荒みじん切りにする。

2 人参はみじん切り、極太ごぼうはアクを抜いてから5ミリ幅に千切りして、更に長さ1センチに切る。

3 ボウルにれんこん、ごぼう、人参、豚挽肉、つなぎの玉子1個、塩こしょうを入れ、ひたすら手でこねる。

4 手の平に軽くサラダ油を塗って、お団子にまとめ、片栗粉をまぶす。私は手が大きいので、お団子の大きさは直径5センチくらい。この材料で25個できた。

5 甘酢あんを準備。
  今日の分量は・・・砂糖大さじ6 酢大さじ6 ケチャップ大さじ6 ソース大さじ2 しょうゆ大さじ1 塩小さじ1 みりん大さじ1
これは、何の甘酢あんか、によって分量がイチイチ変わる。ショウガの絞り汁を入れても美味しい。
これを鍋にかけて温め、片栗粉でとろみをつける。

6 れんこん団子を揚げる。180度の油で揚げて、ぷか~っと浮いてきたら揚げ上がった印。

7 揚げたれんこん団子に甘酢あんをかけてできあがり。

私は酢豚を作るのも大好きなのだが、酢豚の甘酢あんよりも甘めにしてみた。
団子は、キノコ類を入れても美味しいが、キノコ類を入れると少し油っぽくなる。今回はごぼうを使いたかったので、キノコは入れなかった。

母とつく食卓。(夫は当直のため、不在)
「おいし~い!」
母も大喜びである。
夫にも食べさせたいところであるが、夫は肉団子的なものは大嫌いなのだ。残念! ←これだから、好き嫌いの多い男は困るのだ~
新鮮なれんこんと、丁寧な下準備、そして手間と愛情。これが美味しさの秘密である。
そう、料理は手間と愛情なんである!!! ←力説

母はぜんそくがある。季節の変わり目やホコリを吸うと、途端に咳が止まらなくなる。母も、私と夫の「実家掃除計画」が始まって以来、私達が運んでくるホコリで咳が止まらない状態だ。申し訳ない!
れんこん団子は毎日、というワケにはいかないが、れんこんは山ほど仕入れてある。しばらくは、「れんこんづくし」で行こう。
れんこん料理はいろいろある。さっとできる簡単な料理から、手間と時間をかけて作る料理もある。生に近い状態で食べるものもあれば、揚げたり、煮たり、炒めたりできる。
なかなか便利な食材なのだ。

冬の間は、我が家ではれんこんのきんぴらが常備菜である。
まぁ、そのくらい、れんこんをほぼ毎日、食べ続けているのである。
自然、れんこんの消費量も多くなるのだが、夫の実家付近はれんこんの一大産地である。名古屋で買うよりは少しは安い。道の駅まで行けば、びっくりするほど安く手に入る。
さぁ、今年もれんこんを食べて、喉を枯らさないようにしなくては。
たくさんれんこんが手に入った時、ぜひれんこん団子をお試しください!
posted by プアアカハイ at 20:59愛知 ☁Comment(0)日記