親知らず

年が明けてからというもの、殺人的な(!)忙しさだった。
夫の実家の森林伐採、父の通院、義弟の通院、切り絵の叔父の葬儀、確定申告の会計士とのやりとり・・・
3人分の確定申告の準備をし・・・ ←これが一番面倒な仕事
本業の方も、みよし市の市民講座が始まり、鳥羽フラのお手伝いがあり、当然、通常のレッスンがあり・・・
ついでに夫がひどい風邪を引いて寝込み(インフルエンザではなかった)、ついでに夫はぎっくり腰まで併発し、通院やその他の用事が加わり・・・
本当に身体がいくつあっても足りない状態だった。
・・・よく、身体を壊さずにやれてる、と思う。

その殺人的な忙しさに、3日前から身体が悲鳴を上げた。
歯のかみ合わせがおかしいのだ。
もともと私は、ひどく疲れたり、ひどくストレスが貯まると、右の奥歯がず~んと重くなる。
これは若い頃からだ。
時には金槌で歯を叩かれたような痛みの時もあるし、ただただ重だるい時もある。
しかし、今回のような「歯のかみ合わせ」に悩んだことはなかった。
そもそも、私の歯は、父に似て、ものすごく丈夫なのである。
津島市名産の「くつわ」なる、私の知る限りでは最固のお菓子も、歯でバリバリッと勢いよく噛み砕く。噛むたびに、脳みそが揺れるような感じがする。それくらい、固いのだ。だが、私の歯は、それを噛み砕くのもお茶の子さいさいなのである。

そんなに丈夫な歯なので、私は歯のトラブルを感じたことはない。
ところが、3日ほど前から、右下の奥歯の歯茎に、右上の歯が当たるのだ。
鏡を見ながら噛み合わせをチェックしてみたが、噛み合わせそのものはおかしくない。
どうやら・・・
下の歯茎が腫れてる???
こんなことは初めてなので、なんだか気持ち悪い。

昨夜はその症状が最高潮だった。
・・・これは、歯医者へ行かねば。
しかし私は忙しい。(人の用事ばっかだが)
いつ、歯医者へ行けると言うのか???
「そんなもん、歯医者へ行かな、イカン!」
という夫の言葉にはさすがにキレた。
「アンタ、私がいつ、歯医者へ行く時間があるの!!!」
「・・・」
そうなのだ。自分のことは一番後回しになる。たぶん、日本全国の要介護者を抱えている家族は同様だろう。

今日は午前中に父の用事と夫の用事を済ませ、そのまま夫の実家へ行って義弟の用事を済ませつつ1週間分のおかずを届け、すぐに名古屋へ戻った。帰宅すると既に午後1時。
歯医者さんの予約が1時30分に取れたので、お昼ご飯もソコソコに、医院へ駆け込んだ。
その歯医者さんは、私がなんと、幼稚園児(!)の頃から通っている歯医者さんだ。
先生は私の歯と歯茎を確かめ、レントゲンを撮った。
レントゲン写真をじっと見つめる先生。何も言わない。
・・・どうしよう。なんか、とんでもない症状なのか??? 膿がものすごく貯まってるとか、顎の病気とか?
私の心配をヨソに、先生は私のカルテを見ている。何しろ、幼稚園の頃から通っている歯医者さんなので、カルテもべらぼうに分厚い。

「これはねぇ、親知らずですねぇ。」
は??? 親知らず???
「小百合ちゃんは1本も生えてないよねぇ」
幼稚園児だった頃の名残で、先生はこんなトシになった私をいまだに「小百合ちゃん」と呼ぶ。
カルテを確認したのは、親知らずをチェックするためだったようだ。
そう。私は今まで、親知らずは1本も生えていない。私の父も、親知らずは1本も生えてこなかった。私の歯は、父とそっくりだ。前歯がやたらと大きい。視力関係もそっくりだ。顔が似てるんだから、骨格も似ている。だから歯も似ているのかもしれない。
歯は遺伝する、と聞いたことがあったので、私は昔から、
「お父さんも親知らずは1本もないしぃ~ 私も生えてこないはずぅ~」←バブル期の若者口調
などと、油断をしていた。
それが!!!
このトシにして、親知らずとは!

先生の説明によると、親知らずが、その隣(今、生えている一番奥の歯)の奥歯に向かって(手前に向かって)、歯茎の中で生えている、とのことだった。歯茎の中だから、外へは出ていない。
それによって歯茎が押し上げられている、とのことだった。こんな状態は20年くらい前からでしょう、と先生はおっしゃった。歯茎が押し上げられていても、今までは上の歯に当たらずに済んでいたようだ。
それがマッチなストレスで、歯茎が腫れ、上の歯に触るようになった、とのことだった。
マッチなストレス。そりゃそうだ。
歯茎の腫れがおさまれば、元通りになるらしい。
「先生、でも、私、もう今年で50歳ですよ! 親知らずなんてこと、あるんですか?」
「うん、たま~にね、あるよ。こういう人。」
そうなんですか・・・。
しかし・・・その親知らずが今後、生えてくるのか? これはかなり心配だ。
「先生、これからこの歯が生えてくるんですか?」
「いいえ、この歯は生えてきません。歯茎の中だけで、外へは出てきません。」
ちょっとほっとした。

医院で、腫れを抑える飲み薬とうがい薬、痛み止め薬をもらった。
「痛いでしょう?」と先生には聞かれたが、全然痛くない。
「痛くないです」と答えると、
「う~ん、普通はかなり痛いんだけどねぇ」
とおっしゃった。
「じゃあ、痛くなったら。痛み止めを飲んでね」
と言われた。
痛くはない。全く。
だけど、なんだかむずがゆい。

帰宅して、事の顛末を母に話した。
母は親知らずと聞いて爆笑した。
「50歳にもなって!(←まだなっとらん) 親知らず~! ははは~!」
痛くないの?と母が聞いた。
全然痛くない、むずがゆい感じがする、と母に言うと、
「ああ、それ、歯が生えてくる時の赤ちゃんもそうなんだよね~」
やっぱ、生えてくるのか???
ついでに、
「アンタは歯が生えてくる時、歯茎がむずがゆいのを誤魔化すように、唇をぷるぷるぷる~とやってたよ」
と言った。
試しに、やってみた。
ぷるぷるぷる~
確かに、むずがゆさが抑えられた。

6時間ごとに飲む抗生物質を、今のところ真面目に飲んでいるが、腫れはまだ治っていない。
なんだか気持ちが悪い。
私は歯をいらう(構う)のが好きで、歯磨きの後にフロスを使う。舌も磨くし、歯茎も軽くマッサージしている。何しろ、ダンサーは歯が命! なのだ。
そんなに気を遣っているのに、膿でも貯まったのか、とビビったが、なんのことはない、年代外れの親知らずだった。
こんなトシで親知らずなんて、勘弁してもらいたい・・・
いや、しかし、前職時代の友人が58歳にして親知らずの手術をした、と聞いた。やっぱり、あることなんだなぁ。
口の中というのは気になる。
早くよくならないかなぁ~






年末年始が過ぎて

怒濤の年末と三が日が過ぎた。
どこのご家庭でもそうだと思うが、年末年始はひっくり返したように忙しい。私の場合は、「我が家」と「夫の実家」の2軒分の年末年始行事があるので、猫の手も借りたい状態だった。
ドゥ・ハワイ・カルチャースクールの年内のレッスンが終わってからというもの・・・休んだ日が一日もなかったような気がする。

森林の伐採、思わぬナゾの倉庫の整理とゴミ出し、デパートとスーパーの買い出し、義弟にデパートで手配したおせち料理を届ける、夫の当直、お墓掃除、仏壇掃除、カニの解体・・・
毎年のこととはいえ、実に忙しい。のんびりと「今年の重大ニュース特集」のようなテレビを見ている暇もなかった。
年末は疲れが出たのか、頭痛と吐き気に襲われつつも、やることが多すぎて寝込むこともできなかったなぁ。

・・・という、本当に忙しい年末と三が日が過ぎ、ようやく日常が戻ってきた。
夫も昨日から仕事に出かけ、おせち料理もすっかりなくなり、ゴミの収集も始まった。(まだ、お餅が残ってる)
いよいよ、今年も始動だ。

皆さん、今年もよろしくお願いします!
posted by プアアカハイ at 10:02愛知 ☁Comment(0)日記

お釜、発見!

先日、夫の実家の森林を伐採中、私の知らないナゾの倉庫を発見した。倉庫の大きさは1畳くらいだ。
夫の実家は田園地区なので、どの家も大きな倉庫や蔵を持っている。夫の実家は非農家なので蔵や農機具倉庫は必要なく、現存している倉庫はあくまで「物置小屋」という位置づけだ。
夫の実家には倉庫が3個ある・・・と思っていた。
が!
竹林を伐採している時に、4個目の倉庫を見つけてしまったのだ!

倉庫、と言っても、結構な大きさのある倉庫もある。
倉庫その1・・・夫が実家を新築した時に仮住まいとして建てたプレハブを倉庫として使っている。約20畳ある。
倉庫その2・・・昔、知的障害のある義弟が暮らしていたこともあるプレハブ小屋で、現在は物置。約8畳ある。
倉庫その3・・・いわゆる、ヨ○コウの物置のような物。幅は1間あるが奥行きが狭い。普通の倉庫。
と、ここまでは知っていた。
義妹家族が出て行った時、これらの倉庫内にあった義父母の遺品はすべて処分してカラにした。
今は、義妹家族が退去した後に住んでいた義弟家族(知的障害のある義弟ではない)の荷物で一杯になっている。夫は5人兄弟の長男で、弟達の荷物が未だにこの倉庫にはたくさん眠っている。ちなみに私と夫の荷物はない。知的障害のある義弟の荷物も倉庫にはない。
倉庫は3個ともほぼ満タン状態ではあるが、人様の物を勝手に処分するわけにもいかず、ましてや処分費用も大変なので、今のところは静観している・・・という状況だ。

ただでさえ、その荷物に困っている状況なのに、そこへきて、4個目の倉庫が見つかったのだ!
かんべんしてほしい・・・
今までは、その倉庫は竹林の深く中にあり、見えなかった。
それが、竹をバシバシ切ったことで、発見してしまったのだ。(あえて、「しまった」と言いたい)
私がゴスペルのコンサートへ行っている最中に、夫が一人で森林の伐採に行ってくれることになっていたので、
ナゾの倉庫の中身を見てきて!」
と頼んだ。

帰宅した夫が言うには、
「ありゃ~、なんともならんな」
とのことだった。
どうやら、そのナゾの倉庫の屋根には大きな穴が開いており、中が水浸しになっていて、どうにもならない、とのことだった。
倉庫内にあったのは、夫曰く、「ガラクタ」とのことだった。
ガラクタって・・・どういうガラクタなんだろう・・・
ガラクタにも、いろいろあるが・・・

で、今日は森林の伐採をせずに、その倉庫の中身を確認した。
確かに、ガラクタだ。
もちろん、以前はその役目をしっかりと果たしていた道具類なのだが、全部が水浸しになって腐っている物もいくつかあった。
その他、捨てるのに困った物、古くなってなんとなくしまい込んだ物、いつか使うかも・・・と考えてとりあえず突っ込んだような物・・・
脱衣所で使うカゴ、バケツ30個あまり、巨大な寿司桶、巨大な大皿、壊れた石油ファンヒーター、壊れたクーラーボックス、巨大なイカキ(台所の洗い物をふせておく物)5個、切れた蛍光管10本あまり、ワインの瓶が5本あまり、山盛りのビールの空き缶、山盛りの缶詰のフタ(!)、重箱5組、段ボールをちぎった物、20年以上前の雑誌・・・
要するに、ゴミか、もしくはこれからの人生において使う予定が全くない物だらけだった。
特にコレ↓なんか、現代社会で使っている人がいるんだろうか・・・
お釜.jpg

私も、映画や時代劇ドラマでしか、見たことがない。
そう、お釜だ。
いつのヤツだ、いったい・・・
いつか、使うつもりで倉庫に入れたんだろうか・・・

ゴミ袋に入れられていた物もあったが、ほとんどはむき出しのまま、ガンガン突っ込んであるという状態だった。せっかくゴミ袋に入れてあっても、ゴミ袋が土砂で損傷している物も多かったし、分別がひどく間違っている袋も多かった。
まずはキチンと分別。
可燃物ゴミ袋、プラスチックゴミ袋、不燃物ゴミ袋の3種類を大量にナゾの倉庫の前に置き、次々と分別しながら袋に詰めていった。間違った分別をされているゴミも全部取り出し、正しい分別袋に詰め直した。
結果、可燃ゴミ4袋、不燃ゴミ8袋、プラスチックゴミ16袋に及んだ。敢闘賞モノである。
作業時間は約1時間。一人だったからできた量だ。もし夫と一緒にやっていたら、途中で休憩したり、しゃべったりするので作業効率は悪くなる。

そのガラクタさん達は、全部、水でべちょべちょだった。
バケツなんぞ、全部に水が満杯になってコケが生えていた。
ナゾの倉庫は床も抜けていて、竹林からの土砂が大量に流入し、水浸しどころか、泥だらけだった。
ゴミを分別しながら、ゴミ混じりの土砂も手ですくって袋に詰めた。
ああ・・・土砂って、なんて重たいんだろう・・・
バケツって、30個も必要なんだろうか・・・
イカン、イカン、雑念があっては作業が進まない・・・と思いつつ、作業した。

私は案外、へこたれない。
諦めが悪いのだ。自分がやる事に関しては、かなり執念深い。
前にもフラの記事で書いたが、
「やれるかやれんか、やってみな、わからん」
という主義だ。
このくらいのゴミ量ならば、私の中ではレベル2なのだ。

不燃物は無事、集積所へ運べた。
12月初めから庭のあちこちにあった不燃ゴミを袋に詰めて捨てる準備がしてあったのだが、ナゾの倉庫の中の不燃物と合わせると、なんと34袋に及んだ。
車に積んで(袋そのものもかなり汚れているので、車にビニールシートを敷き詰めた)、3往復。
・・・なんで、こんなにゴミがあるんだ・・・
と思わないでもないが、思っているだけでは片付かない。
出し終わった時、本当にほっとした。
ナゾの倉庫内の、プラスチックゴミと可燃ゴミの袋は次の収集日に出す予定だ。で、またナゾの倉庫にきちんと整理して収納した。

帰り道・・・
私の脳裏にオソロシイ映像が去来する。
ナゾの倉庫のゴミを片付けていた時、ビックリする物を発見してしまったのだ!
これは写真は、ない。
恐ろしすぎて、写真に撮れなかった。
おひな様の顔だけ
髪の毛は土砂で溶けて(?)、既にない。首から下も同様。
顔だけ、なのである。
白い顔で、にっこり笑っていた。←当たり前
最初に、土砂の中から、20センチくらいの槍が出てきた時、
「もしかして、これは、おひな様???」
と思った。
箱は土砂と雨水に溶けて、ドロドロだ。どれが土砂でどれが元・箱なのかが、わからん。
手で探っていくと、固い物が手に触れた。
で、土砂から引きずり出してみると・・・おひな様の顔だけ、だったのだ。
顔しかないから、今更、人形供養にも出せない。仕方ないので、塩をふって不燃ゴミの袋に入れた。

そのおひな様の笑顔が忘れられない。
目をつむると、あの笑顔が浮かぶ。
ああ・・・今夜は眠れないかも。








posted by プアアカハイ at 19:08愛知 ☀Comment(0)日記

ゴスペルのコンサート

昨日は生徒のMちゃんが出演するゴスペルのコンサートに出かけた。
去年もお誘いいただいたのだが、客席はすぐに埋まった。・・・ということを思いだし、早々とリハーサルの時間帯から着席。2度聞けてお得だった。

コンサートはフラリエという名古屋市が管理している無料の植物園(?)のような施設。昔は「ランの館」という施設だった場所だ。
無料の庭園なのに、ものすごく手入れが行き届いていて、私はここが好きだ。
賞を取った寄せ植えや新しい品種の花も見られる。
ガーデニングが趣味の人には最高の場所だと思っている。

さて、その肝心のゴスペルであるが・・・
去年よりもメンバーが増えているように思った。
人数が多く、男性のメンバーもいらっしゃるので、かなりの迫力。
指導していらっしゃる先生のピアノと優しい声のMCも素晴らしかった。
去年も「いいなぁ」と思ったが、今年の方がもっと良かったような気がする。
普通なら有料にできるレベルだ、と思う。(無料だった)
本当に素晴らしいコンサートだった。

また来年も見られるかなぁ。
Mちゃん、お疲れ様でした!

クリスマスの夕食

昨日は朝から夫の実家へ。
まだまだ森林の伐採は続くのだ・・・。
夫は仕事だったので、私一人の孤独な作業。それでもかなり、青竹も始末できたし、草も刈って、さっぱりしてきた。新しい郵便ポストもスタンドと共に組み立て、ペグで地面に突き刺し、玄関も様変わり。良い感じになってきた。私の目指す、「手入れの行き届いたちゃんとした家」に近づいてきた。
蛇が出るまでに少しずつ頑張ろう。

・・・と、ヘトヘトになって帰宅。
それからクリスマスディナーを作った。
今年もローストビーフ。馬鹿の一つ覚えみたいだけれど、夫も母も、私の作るローストビーフは喜んで食べてくれる。
ローストビーフは前日から仕込までばならない。金曜日のレッスンの後、お肉を買って仕込んだ。この段階で、かなりテンションが上がる。
今年のローストビーフの出来は、今までで一番だったかもしれない。(肉のおかげ)
こんな感じである。
クリスマス2017.jpg

左のスープはかぼちゃ。
夫は牛乳が嫌いなので、ジャガイモでとろみを付け、牛乳はほんのわずかしか使っていない。
パセリのみじん切りと、星形に切った人参で飾ってみた。

ローストビーフの左上の蛇腹状のものは、ジャガイモである。これは以前、テレビの旅番組で見た物を再現してみた。イギリスだったと思う。クリスマス料理の前菜として有名らしい。
これは結構、面倒くさい。
割り箸2本に挟むように、その上にジャガイモを置いて、3ミリ間隔で包丁を入れていく。割り箸で挟むことによって、底部は切れずにつながっていてくれる。テレビの旅番組では、1センチ以上の大まかな包丁入れだったが、そこは器用な日本人である。気がついたら、2~3ミリ間隔になっていた。
包丁を入れたジャガイモをラップで包んで2分ほど電子レンジで温め、包丁を入れた所全部に細く切ったベーコンを挟む。そうすると、写真のようなアコーディオン状態になる。電子レンジで温めないと、蛇腹が上手く開かない。しかしベーコンを挟む作業は、なかなか熱いのだ。
塩とコショウ、オリーブオイルをかけて、オーブンで皮がパリッとするまで焼く。本当はきっと、スライスにんにくなんかを一緒に挟むと美味しいんだろうが、夫も母もにんにくが嫌いなので、断念した。
これは好評だった。

そして、ローストビーフ。
前日から粒マスタード、塩、コショウで揉み込み、赤ワインと日本酒を入れたジップロックで寝かせた。
私はローストビーフを、ビタクラフトの無水フライパンで作る。
肉にまわりをしっかり焼いて、焼き目を付けた後、蓋をして火を止めて寝かす。どれくらい火を通すのかが腕の見せ所である。お箸で肉の表面をツンツンつついて、火の通り具合を予測する。
10分して様子を見たが、お肉が分厚かったので、もう15分置いた。鹿のローストも作ったことがあるが、鹿よりも牛の方が火の通りが早い。
肉をフライパンの中で寝かせている間にソースを作る。牛なので、慌てずにソースが作れる。
大根おろし、昆布醤油、鰹だし、みりん、ゆずの絞り汁、ゆずのみじん切り、青柚胡椒、わさび、隠し味で八丁味噌を加えて煮立たせれば、ソースは完成である。我が家は和味が好みなのだ。肉の脂気が強いので、少しだけ柚の酸味が加わるとサッパリする。
で、星形に切った人参と柚の皮をのせれば完成だ。

毎年、クリスマスに何を作ろうか考えるのだけれど、結局はローストビーフに落ち着いてしまう。
来年はもう少し違う物にしようかなぁ。
・・・と思いつつ、夫と母の好評で、ついついローストビーフになってしまう。
外食しても良さそうなものだが、私自身が料理が好きなので、私の料理に付き合わせている。
ヨソのご家庭のクリスマス料理を知らないのだが、みんなはどんなものを食べているんだろう。
ミートローフとかだろうか。北欧風にサーモンだろうか。アメリカ的にチキンだろうか。
いや、チキンはイカン。夫が食べられない。
チキン以外だと、どんなものがあるのかなぁ。

・・・という夕食の後は・・・
当然ながら、後片付けが待っている。
美味しい料理というのは、後片付けも大変なのである。
午後まで森林の伐採、その後はクリスマス料理作り、後片付け。
ああ、本当によく働いた休日だった。

今日は夫が、義弟にローストビーフと蛇腹ジャガイモとスープを義弟に届けに出かけた。
喜んでくれるといいなぁ。
私は・・・
今日は一人でお出かけ。
母が風邪で寝込んでいるので一緒に行けないが、ドゥ・ハワイ・カルチャースクールの生徒Mちゃんがゴスペルのステージに出演するのを見に行く。
私はゴスペルは大好きだ。
クリスマス、って感じだなぁ。




posted by プアアカハイ at 10:14愛知 ☁Comment(0)日記