調子っぱずれなお経ですが

5月24日に父が亡くなって、早いもので、今日で三七日(みなぬか)になる。
いやはや、あっという間であった。
父のお葬式がすんでからというもの、実は毎日、母と夫と3人でお経をあげている。
一日も欠かしていない。

私がお経を覚えたのは7歳の時。
祖父が亡くなり、毎日仕事から帰った父が仏壇でお経をあげていた。その横に座り、私も一緒にお経の本を開いて詠み始めたのだ。子供というのは何でもすぐに覚えられる。50歳を過ぎた現在とはエライ違いだ。まだ漢字もちゃんと読めないくせに、平仮名のよみがなをたどりながら、耳で聞いて覚えた、という感じだった。
子供の頃は正信偈(浄土真宗のお経・しょうしんげ)をソラで詠めたが、それもいつしか忘れてしまった。今はお経の本を見ながらじゃないと、詠めない。半分くらいしか、覚えていない。
夫も同じようなものだ。昔はソラで詠めたが、今はお経の本が必要。
夫の場合は、子供の頃に参加する子供会で、お寺でお経を習ったそうだ。ちなみに夫の家と私の実家は同じ浄土真宗大谷派なので、お経が同じだ。宗旨宗派が同じ、というのはなかなか便利が良い。しきたりもわかっているし、お寺とのお付き合いも困ることがない。
そしてそして、母の実家も同じ浄土真宗大谷派。母も新たなお経を覚える必要もなく、便利だった、と言っていた。

お経を覚えた環境は様々だが、とりあえず3人はお経が詠めるので、毎日、夕食後に中陰台の前でお経をあげている。
ところが・・・
私はソラで詠めないし、父の節回しでお経を覚えたので、音程が微妙である。
夫もソラで詠めないし、違う地区のお寺でお経を覚えたので、音程が微妙である。
母も音程が微妙である。
・・・という、
音程が微妙
な3人がお経を読むとどうなるか。
ド下手くそなコーラス隊のようになるのだ。

1人だけが音程が外れることもあるし、3人揃って路頭に迷ったような音程になる時もある。実に調子っぱずれなお経なのだ。
これが、なかなかオカシイ。
お経の最中にイカンのだが、つい笑ってしまうこともしばしばだ。
しかも、音程が外れているにもかかわらず、3人とも声が大きいので、自信満々に聞こえる。あたかも、
私(ワシ)の音程こそが正しい!
のような感じだ。

「まぁ、好きなように詠めばいいや~」
と言いながら、ド下手なコーラスを毎晩やっている。
たぶん、近所にも漏れ聞こえているだろう。
「あの家、息がちっとも合っとらん」と思われているに違いない。
でも、いいではないか。
下手くそでも、「毎日お経を詠む」の方が大事なんじゃないか、と思っている。
父も毎晩、仏壇の前で亡くなった祖父に詠んでいた。父は世にも恐ろしいレベルの音痴だったので、あの時のお経も音程が外れていたかもしれない。(そして私はそれを聞いてお経を覚えた)
それでも父はお構いなしに毎晩、詠んでいた。
それと一緒だ。

中陰台は七七日(しじゅうくにち)まで置く。
中陰台があるうちは、毎晩、お経を詠むつもりだ。調子っぱずれなコーラスで。
「私のお経が調子っぱずれなのは、お父さんのせいなんだから、我慢してね」と思いながら。

10歳若返った夫

今日の午後、夫は手術後の診察を受けた。
例のたるみがひどいね~」の院長ではなく、ちょっと若めの医師だった。
先生は、
「おっ いいですね~ 順調です。10歳は若返りましたね!」
とおっしゃった。
もちろん、夫はご満悦である。
先生の手元にはBeforeの写真がある。それと見比べたのだろう。

この、「10歳」というのは、あながち言い過ぎではない。
昨日の午後、私がガーゼをはがし、処方されていた軟膏を塗ったのだが、ガーゼをはがした時は本当に驚いた。
「えっっっ 若っっ」
と思ったのだ。
22年前の結婚した頃くらいになってる。
今は、まだまぶたが腫れているし、赤くなっているし、糸の片鱗が見えるので、不自然なのだが、これが1ヶ月くらいして腫れがひいてくると、昔の夫のようになるような気がする。
もちろん、その頃よりは髪も白くなってるし、ウエストも10センチ以上成長したのだが。
目元というのは、こんなにも印象を変えるものなんだなぁ~と実感した。
帰り道、夫が、
「こんなことなら、もっと早くやればよかったなぁ」
と言った。
夫も仕上がりには満足しているようだ。

「10歳」が、あながち言い過ぎではない、と書いたが、私としては少々複雑である。
私と夫は10歳違う。
・・・ってことは、私と同級生(!)くらい、ってことか???
いや、それはないだろう。
でも、印象としては、やっぱり「10歳くらい若返った」感じだ。

夫は、
「前より視界が明るくなったし、見やすい」
と言っている。
眼瞼下垂というのは、見た目の問題よりも、視界が悪くなったり、眉をひそめることによる肩こりの方が深刻だ。
だから健康保険が使えるのだが。
夫は形成外科で手術を受けたのだが、気になる人は一度診てもらうのもいいのかもしれない。

次の土曜日に抜糸する。
もっと違和感も少なくなるだろう。
どんな感じになるのか、私も楽しみにしている。
posted by プアアカハイ at 19:39愛知 ☔Comment(0)日記

夫の手術

重篤な手術ではない。
夫は眼瞼下垂なのだ。
私が気がついたのは2年くらい前だった。
私と付き合いの長い生徒さんはご存知だが、元々、夫はびっくりするほど大きい目をしている。そして、これまたふか~い二重まぶたなのだ。
視力が悪いため、かなり分厚いレンズの眼鏡をかけていて、その眼鏡をかけると目が小さく見える。だから案外、夫の目がびっくりするほど大きな目だとは知らない人も多い。
それが、2年くらい前から、二重の幅が狭くなり、丸い「びっくり眼」がだんだん細くなってきていた。頭痛や肩こり、おでこのシワまで出現し、眼瞼下垂独特の様相になってきた。
眼瞼下垂の手術を勧めたものの、「絶対にやだ」と言って聞かなかったので、私も手術を受けさせることを諦めていた。

そんなある時、生徒さんのお一人が眼瞼下垂の手術をされた。
それが! 驚くほど美しいのだ!
今まで、眼瞼下垂の手術を受けられた人に会ったことがあったが、どこか不自然だったり、左右が不揃いだったりした。それが、その生徒さんは、ものすごく自然で、イイ感じだった。
早速、その生徒さんに病院を教えてもらい、予約を取った。
初診まで3ヶ月待ち。
手術までは更に2ヶ月半待ち。
満を持しての手術となった。
ここ2週間は、亡父と母の諸手続や何やらで忙しかったが、せっかく取れた手術の予約である。この機は逃せない。

初診の時、医師は夫のまぶたを親指で持ち上げながら、こう言った。
「う~ん、まぶたの筋肉はまだしっかりあるね~ でも、たるみがひどいね~」
夫は「たるみがひどい」には憤慨していた。しかし、残念ながらそれは事実なのだよ、夫よ。認めたまえ。
そして夫は「イタイこと」が大嫌いだ。血なんぞが出ようものなら、大騒ぎだ。
昨夜から、「いやだな~」「痛いんだろうな~」「血がどばっと出るんかな~」などと独りごちていた。
そして今日、手術室に入る前に、私にこう言った。
「ワシ(夫の一人称はワシ)は、借金はないからな。ワシにもし何かあったら、例の公正証書の遺言状に従ってやってくれ」
・・・死ぬ気、満々のようである。
何をトロいこと言ってんの、呼ばれてるんだから、早く行きなさい!と私に促され、夫はシブシブ、手術室に入っていった。

手術は2時間半くらいで終わった。
手術室から出てきた夫は、両目のまぶたにガーゼを貼り付けられていた。
ほそ~く目を開けることはできるらしく、一応、少しは見えるらしい。もちろん視力がひどく悪いので、眼鏡は必須だが。
車に乗せて帰宅すると、夫は大いびきで寝てしまった。
人生初の手術。
局部麻酔だからあまり身体に影響はないはずなのだが、心情的には「影響アリアリ」なのだろう。そしてずいぶん疲れているようだ。
あたかも、「かわいそうなワシ」を全身で表現しているような・・・。

何しろ、両目のまぶたにガーゼが貼り付けられて、ほとんど目を開けていられない状態なので、何もすることがない。
テレビもよく見えないし、本もパソコンもダメ。
仕方なく、テレビの音だけ聞いている。
確かに・・・ちょっとかわいそうだ。

今は痛みはあまりないらしいが、ガーゼがうっとおしいので、目を開けていられない、と言っている。
ガーゼは明日の午後にはがす。
それまでの辛抱なのだよ、夫よ。我慢したまえ。
今夜は早めにベッドに入っていただこう。
「痛くて、寝れんかもしれん」
と夫は言う。
何を言うか。帰宅後、ほぼほぼ寝続けていたではないか。
母はその言葉を聞いて、
「ど~の~く~ち~が 言~う~!」
と笑っていた。夫の大いびきは1階まで響く。寝ていたことは、1階にいる母にもバレバレなのだ。
目をつむって、最初のいびきが聞こえるまで、30秒もかからない。しゃべりながら突然いびきをかいて寝てしまうこともある。
寝付きの悪い私から見たら、実にうらやましい。
何はともあれ、早く良くなるといいなぁ~


posted by プアアカハイ at 22:04愛知 ☁Comment(0)日記

そして押し寄せる「日常」

父が亡くなって1週間が経つ。
そもそも、私は忙しい。これはほとんどの主婦がそうだと思うが・・・
フラの仕事、知的障害のある義弟の世話、「日常」の家事。
元々が、いわば、
いっぱい いっぱい(たぶん、標準語)
の感じだった。
そこへもってきて、父がこのタイミングで亡くなってしまった。
じゃあ、どんなタイミングなら良かったのか、と問われると、返す言葉がない。

世帯主が亡くなる、というのは案外、大変なのだ。
私は既に夫の父を亡くしていて、その諸手続については経験済みである。
しかし、その全部を自分1人でやる、というのは、これまた結構大変なのだ。
父が長患いだったためか、「アレとコレをやって・・・」という心づもりはそれなりにできていた。優先順位もイメージできていた。
だが、私は忘れていたのである!
手続きというものは、常に「相手」がいる、ということを。
「相手」がある、ということは、相手の都合に合わせることになる。だからして、無駄に時間がかかってしまう。

父は後期高齢者健康保険だけでなく、介護保険も使っていたし、特定疾患(難病)の認定も受けていた。ついでに高額医療の補助も受けていた。それを全部お返しし、解除してもらうのに、たっぷり3時間もかかってしまった。世帯主である父が支払っていた母の健康保険なんかも全部口座変更をしなければならない。
父が払っていた母の生命保険も口座変更した。
電気やガスなどライフラインの名義変更、火災保険の契約者変更、施設の撤収、挨拶状の送付なんてのもある。
・・・世帯主が亡くなるというのは、大変なんだなぁ。
葬儀屋さんとの面会、司法書士さんとの面会、保険屋さんとの面会、年金事務所などなど、来週もビッシリとその用事が詰まっている。
まったく、何をやっているのかもわからないくらい、多忙だ。

・・・の最中にも、「日常」がある。
朝は夫のお弁当を作る必要があるし、お葬式が終わって2日後には義弟の通院があった。木曜日からはレッスンも再開している。
ああ・・・こんなに忙しいのに・・・「日常」というヤツは待ってくれない・・・
生きてりゃ、洗濯も必要だし、ご飯も食べる。仕事もする。そういう「日常」は、どんなに忙しかろうと、やらねばならんのだ。
ああ・・・私に押し寄せてくる「日常」。

大概のことはやれる目処がついたが、まだまだ手をつけていないこともある。
「日常」をやりながら、アレもコレも、というのは、予想以上に大変だ。
ちゃんと優先順位をつけて、効率よく作業せねば。
経験者の生徒さん達は、「半年はかかりますよ~」と言っていた。確かに、夫の父の時も半年くらいかかった。
この「フラのシーズン」中に、半年というのはカンベンしてもらいたい。
なんとか、1日も早く作業を進めたいものだ。

なんだか・・・ちょっとお疲れモードではあるのだが、まだまだ頑張れる。
明日も、「土曜日曜でもできる仕事」というヤツが待っている。
今夜は久しぶりに早く寝よう!


posted by プアアカハイ at 22:58愛知 ☁Comment(0)日記

無事、見送りました

皆さん、たくさんのコメントをありがとうございました。
昨日、父を無事、見送ることができました。
最後に、お棺を閉じる時、父の弾いていたウクレレを私が弾き、「Hawai`i Aloha」を歌って送りました。
あんなに泣きながらウクレレ弾いたのも、歌ったのも初めてでした。

父は兄弟の一番下で、既に兄弟は鬼籍に入っていて、元気な時から、
「こじんま~りとやってくれ。オマエ達だけでいいぞ。」
と言っていたので、私と夫、母、弟だけで静かに見送りました。
生徒さん達からは「お花を」とお気遣いいただきましたが、固辞させていただきました。
どうかお気を悪くなされませんように・・・

今朝は早くから、ためまくった洗濯物を洗い(洗濯機3回分)、山盛りのゴミを出し(今日が収集日)、母は歯医者へ行き、夫は仕事へ行き・・・である。お休みを頂いたのは私だけである。夫よ、弟よ、申し訳ない!
休みを頂いたはものの・・・父が亡くなったのが金曜日の午後で、名古屋へ連れ帰ったのが夕方、役所への届出が翌土曜日になったので、実は役所での諸手続がまだできない。
「いろいろな手続きは木曜日以降にしてください」
と、夫が死亡届を出しに行った時に役所から言われた。どうやら入力が間に合わないらしい。
う~ん・・・
せっかちな私が、今日一日を無駄にはできん。
役所以外の仕事を済ませることにしよう。・・・って、結構たくさんある。
亡くなった人の諸手続は、夫の両親で経験済みなので、「どうしよう!」「何をしたらいいの?」というのは、ない。
淡々と、粛々と進めるだけである。

夫の親のお葬式の後もそうだったが、あまり疲れてはいない。
疲れてはいるんだろうが、もっと疲れる行事やら何やらを散々やってきた身としては、これくらいは大したことはない。
早朝から洗濯物を干す私に夫が、
「アンタ・・・元気だなぁ。これがトシの差かぁ。ワシは疲れた。」
と言った。そりゃそうだろう、夫は葬儀には本当に役立つ男なのだ。かなり私にコキ使われた。

嵐のような週末だった。
それでも、過ぎてしまえば、「ああ、そうだったなぁ」となる。
しばらくは忙しいが、ボチボチやっていこうと思う。
皆さんにはご心配いただき、また心温まるお言葉もいただき、本当にありがとうございました!



posted by プアアカハイ at 09:28愛知 🌁Comment(0)日記